« 竜ヶ岳に行く | トップページ | 由比港へ釣り »

2006年2月12日 (日)

西里から竜爪山へ

予定では、清水西里方面から竜爪山に登り、下りてからやすらぎの森 黒川せせらぎ広場
に車をデポして、チャリンコで杉尾山を通って河内の大石を見て196号で戻って来る計画
でした。ところが上手くいきませんでした。
6時半に起きる。山歩きとチャリンコの支度をして朝御飯。
チャリンコを車に積み、出発8時12分(もう少し早くしなければ・・・)
24時間営業の青島のテンジンヤに寄り、昼飯310円で仕入れ。
清水西里へ直行。黒川キャンプ場から林道へ、ここで想定外!(-_-;)
すぐに橋の前で通行止め!「あちゃー。」
路肩に多摩NOの車1台、年配の登山者2名に声をかける。登山口まで歩くみたい。
しょうがなく、路肩に駐車して支度をする。この時、車止めを退かして入って行く車が1台あり

通行止めの理由を聞くと、この上で、じいさんの軽自動車が谷底に落ちて
それを引き上げる作業をするとの事でした。仕方なく歩く事ににします。
後で後悔!車止めを退けて行けるとこまで行けば良かった。(-_-メ)

(荒神橋標高190mここから登山口400m 210mも歩く)
この時は初めての山の為、どのくらい歩くか不明のまま行く。

通行止め箇所 9時25分到着 出発9時50分、少し歩き地図を車に忘れた事に気づき
戻る。(実はこの地図、間違っているのでした。と言うか登る場所を間違えたかな・・・
最初が悪かった西里から穂積神社に東側から登るイメージでいたので、平山登山道の
地図を西里登山道と勘違いしていました。また、偶然にも登山道があったのでした。
後で地図を見ると西里からは北側登りで平山と同じような登山道がありました。
まったく、最初の思い込みが最後まで続いてしまいました。)  
        地図を取りに行って少し時間ロス

2006_02120002 2006_02120004 10時40分登山口に着く
2006_02120008 やっと
スタート地点!
車どこに止めるか
不明



よく整備してある登山道(東海自然歩道)
です。
2006_02120012 2006_02120017 この辺の沢沿いの木道と
2006_02120025 作られた道は
沢を覗くと
結構、高さが
あります。







途中から杉山、檜山の尾根道は結構キツイです。転倒に注意!両側かなり深い。
山は杉・檜林にしては明るいです。手入れをしてあるからか?
2006_02120036 2006_02120039 赤松の尾根道ここで少し平坦になる。
2006_02120043舗装路に出る。11時30分
穂積神社まで
20分の矢印
下りに向いている?
少し下るが何か
おかしいので
また戻り、登り方向に行く。



北側、真富士山方面を撮る。少し登るが、何か登山道がありそうな所から
離れていく感じの為、また元に戻り、矢印どうり下る。ここでまた時間のロス。
2006_02120047 2006_02120050←ありました。ここが登山道入り口11時50分
2006_0212005311時55分
穂積神社到着
駐車場は満杯
登山者が結構います。
日曜日、天気も
いいので
静岡側の登山者は
多いですね。



こ こで、お昼にするか迷う。展望もなし・・・下りて来た人に上までの時間を
聞くと1時間くらいとの事でした。
文珠岳まで行く事にします。神社の裏から大杉の道を登ります。
2006_02120060 2006_02120062
2006_02120064











登山道は途中まで階段道と狭い自然道に別れています。階段の方に行きます。
鉄の階段と偽木の階段が長ーく続きます。キツイです。足の筋力が段々無くなって
きます。今日は余分に歩いているので余計に辛い~。(T_T) 453段

上の方の斜面には、まだ雪が残っています。上10段くらい、カチコチに凍結して
転倒しそうで危険です。ゆっくり登ります。

2006_02120067 2006_02120070 12時40分薬師岳到着、展望無1051m
2006_02120073

お昼が終わった
グループが
どんどん帰ってきます。
さすが、日曜日、人多し。



文珠岳到着1041m 12時55分、テーブルは全席使ってます。ちょうど4人席で
男性2名で座っていた人に「隣いいですか?」と聞いたら、OKとの事
荷物を置いて写真を撮りました。
2006_02120077

南、静岡の町   西、三保2006_02120078  2006_02120097








北東に雲が掛かった富士山
2006_02120103 2006_02120104 安倍川沿いの町
この日の文珠岳は南アルプス側から
吹いてくる冷たい風で、寒いです。
気温1~2℃だと思います。
指先が冷たくなります。


昼飯を食べている間、相席のお方と話をする。このお方
観光ボランティアガイド 駿府 ウェイブ 石原さんと言うお人で、静岡市に来たら
案内します。との事でした。お二人共陽気で楽しいお人でした。

昼飯後、コーヒーの準備をしている内に寒くなったのと、昼食が終わったのとで
クモの子を散らした様に、皆さんお帰りになり、あっと言う間に一人になってしまいました。

すごく寒いし、帰りの道中も長いので、13時50分帰ります。

俵峰分岐、温度計0度でした。
2006_02120111 2006_02120116 長ーい階段
2006_02120120 大杉通り
日が傾いてきた。










14時45分穂積神社で休憩し、下ります。穂積神社トイレの裏から下り、舗装路
に出ます。登って来た登山道に行くには、右に少し登ります。

ここで、また勘違い!左に行けば新道が有ると思い込み、左に舗装路を
下ってしまいました。道路は部分的に凍結しています。ピカピカで歩きでも、怖い
くらいです。車で通って間違えれば、谷底へ落ちてもおかしくないか~。

14時56分 下れど、下れど、登山道無、間違えていることに気づく (-_-メ)
道間違えのパターンにハマる。戻るには登る必要があるので時間が掛かっても
このまま下る事にします。山の舗装路は歩くと結構時間が掛かります。たぶん
倍の時間掛かるかな・・・。兎に角、明るい内には着きます。

トコトコ歩いていると、車が下ってきました。避けると車は止まり、年配の男性が
「乗っていくー。」と言ってくれました。私は素直に「乗せてくださいー。」
お願いしました。やったー!・・・拾う神!舗装路を2時間くらい歩く事を考えると、本当に
ラッキーです。年配の男性2人は、俵峰方面に行ってきたそうです。
獣道が多くて迷いそうになったそうです。笹も多いし熊の足跡らしきものも
あったそうで、大変だったようです。
車の所で降ろしてもらって「有難うございました。」とお礼を言ってお別れしました。


出発地点15時20分に戻る。 通行止めで予定以上に時間が掛かるかと思いきや
想定外に助けてもらってツイてない様な、ツイている様な、変な山歩きでした。
2006_02120131 ←穂積神社休憩↓ツルツル凍結道路
2006_02120136 2006_02120144 ちょこっと時間があるので
自転車で行こうと思った
河内の大石巡りに
車で行きます。
貝伏・寺社畑経由で


途中の道は、勾配もキツイし(ヘタレには大変)景色もこれと言った所もありません。
15時50分 清水指定文化財 天然記念物 河内の大石です。
一つの岩としては大きい~でーす。側には、駐車場・公衆のトイレもあります。
2006_02120145
2006_02120157 2006_02120159

大石の裏











↓04年2月16日にチャリンコで興津川起点に行った時、大石に寄ってパチリ。

DSCF0032 竜爪山から帰宅後、17時30分 
富士山と愛鷹山が綺麗に見えていたので2006_02120183 2006_02120184
チャリンコで
一走りしてみました。

終わり

|

« 竜ヶ岳に行く | トップページ | 由比港へ釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西里から竜爪山へ:

« 竜ヶ岳に行く | トップページ | 由比港へ釣り »