« 相方との初歩きは竜ヶ岳 | トップページ | 勢子辻から越前岳へ3 »

2009年1月 6日 (火)

勢子辻から越前岳へ2

12月27日(土)
高場所から何時もの呼子岳への尾根道に出た。

・11時42分、高場所への分岐に立つ、ここまで2時間掛かった、どうしようかと迷う。
歩き始めが、後1時間程早ければ余裕で歩けたのだが、今の時間を考えると
ここでお昼にしてのんびり来た道を戻るか、呼子岳でお昼にして来た道を戻るか、
ちょっと無理して越前岳まで登り、帰りを十里木方面へ下り、勢子辻分岐から下山するか?
迷う、迷う~(ーー;)、迷いながらも,、
後220mも登る越前岳の方へ
歩きながら考える。
越前岳に登れば、来た道は時間が掛かかり過ぎるので、勢子辻分岐から
下りるしかないなぁ~なんて考える。今日はお天気も良いし、あの道を歩く絶好のチャンス!
何時もここを下りたらどうなんだろうと思っていた道を歩けるんだ!
よし、行くぞ~(・o・)/ 決めたら急斜面をどんどこ登って行きます、と言っても脚パンパン。

・12時16分、越前岳山頂に着く、今日は人が多いです7~8人はいる、賑やかだ。
・急いでラーメンを作って昼飯にする、今日もテンジンヤのおむすびとゆで卵で190円の昼飯です。
何時ものんびり食べますが、今日は急ぎます。
すぐそばにいたじいさんが南アルプスの方を見て、あの山がどうのこうのと長々と話始めた。
こう言う人の話は実がないです( 一一) 今の私には勢子辻へ下りる道がどうなって
いるか教えて欲しいのです。

Dscf7801 Dscf7804 Dscf7805








・食後、急いで片付け直ぐに歩き出す。12時57分、勢子辻分岐から下り口を覗き込む、
十里木から越前岳へ登り下りした時、何度この道を覗き込んだ事でしょう~、
今日やっと下りれるのだ。

・えぐれて溝になった様な登山道の端を慎重に下りて行く、次に細いロープが何本もある
急斜面になる。ちょっと下り難いが5分程で下に着いた。

・痩せ尾根を歩いて行くと、右側(北西)に
ロープが張ってある所にくる、富士山が見えるし
景色がよさそうなので、ロープを乗り越えて下を見たら(◎o◎)/
尾根の内側から崩壊して切り立った崖状態になっていました。
縁はいつ
崩れてもおかしくない場所でした。
なので、あまり近づかないで腕を伸ばして恐る恐る富士山を撮りました。

Dscf7808 Dscf7810 Dscf7815








・アセビが多い尾根まで来た、右側の太い木、アセビです!両腕で抱えるくらい
太いです、こんなアセビの大木見たことない~(・o・)
・低木の間の平坦な道になる、この木、もし三つ葉つつじだったら花咲く頃は
楽園みたいな道でしょう。道は落ち葉で埋もれているので注意しながら進む。

・暫く平坦な道を歩き、少し左に下りて行くと海が見える場所に出る。
ここを更に下る、ここにも変わった木があった。左側の木ですが、山ツゲだと思うが
庭師が刈り込んだような形になっている?不思議です(・・?

Dscf7816_2 Dscf7819_2Dscf7822_4   








・12時33分、自然林が終わり、モミの林に近づく、モミ林の縁を歩く様に少し下ると
岩ゴロゴロの広場に出る。
・ここだけなぜ岩場になっているのか不思議です、海も見えるし前も開けていて
景色が良いので休憩する。
正面の尾根は今朝、ひのきの森から登り高場所へ歩いた尾根です。

・岩の上に座り、景色を見ながら羊羹を食べる。     つづく
Dscf7825 Dscf7826 Dscf7829

|

« 相方との初歩きは竜ヶ岳 | トップページ | 勢子辻から越前岳へ3 »

コメント

分かりますよ。
行こうか帰ろうか悩むところ…
私も同じようなことが何度もありました。
けど、天気もよく結果良かったのではないでしょうか?
結論は後日の更新で分かりますかね?^^

投稿: hide | 2009年1月 6日 (火) 23時56分

hideさん、こんばんは
山歩きは天気がいい日が一番!
安心感もあるし、気持ち的にもゆとりが出来るし、
テンションも上がります。
今回は初めて歩いた道もいい感じで歩けました。
愛鷹の山には、まだ歩いたことがないコースが
ありますので体調とお天気を見ながら歩きたいです。

投稿: Fjirou | 2009年1月 7日 (水) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相方との初歩きは竜ヶ岳 | トップページ | 勢子辻から越前岳へ3 »