« 秋の日光へ | トップページ | 秋の日光へ2 戦場ヶ原 »

2010年11月13日 (土)

秋の日光へ1 吹割の滝

11月10日(水)
日光へ観光に出かける、往路は関越道、復路は東北道を使う。
関越道からはR120を使い日光へ下りる。

このコースなら、R120(ロマンチック街道)沿いの「吹割の滝」を見る事が出来る。

ただ心配なのは、この日、寒気が入り日光で相当冷え込むので最悪の場合
チェーンが必要だが買ってない、まだ11月だから大丈夫だろうと思い出かけた。

・高速道路でエクストレイルのオートスピードコントロールを使い一定速度で走る。
便利です、思い通りに使いこなすにはもう少し実践が必要です。

・4時間半で群馬県沼田市利根町、吹割渓谷に着く、事前に調べておいた
市営無料駐車場に車を置き滝入口まで歩く。
R120から小道にはいると地産の物を並べた店が数軒並んでいる、その前を
歩きながら渓谷へ下りて行く。

・渓谷へ下りると先ず「鱒飛の滝」がある、転落防止用に白線が引いてあるが
自己責任で滝縁まで行き中を覗いた、迫力あり。
Dscf3309 Dscf3332 Dscf3338

・渓谷に造られた遊歩道を上流に上って行く、対岸の奇岩は「はんにゃ岩」

・丘の様な巨大な岩が見えてくる。

・ここが「吹割の滝」、巨大な一枚岩を流れて来た水が大きな割れ目に一気に
落ち込む壮絶な景色だ。

相方、白線から出ているぞ。
Dscf3350 Dscf3352_2 Dscf3357_2

・滝を少し上から見た所、膨大な水が滑るように割れ目に落ちて行く。
まさに東洋のナイヤガラだ。

・紅葉した渓谷と吹割の滝、素晴らしい~、ここまで来た甲斐がありました。

・浮島に架かる橋を渡る、浮島観音堂を参拝し、2番目の橋を渡り対岸へ移る。
Dscf3372 Dscf3377 Dscf3393


・対岸には遊歩道があり駐車場へ戻る事が出来る。
山を登る遊歩道からは滝は見えない、その代り紅葉した木々を見る事が出来る。
そして、野猿も見る事が出来る。

・「吹割の滝」の近くに来ると第一、第二、第三と三箇所 観瀑台がある。

・第二観瀑台でお昼タイムにする、沼田IC付近のローソンで仕入れたおむすびを
食べる、何時もの様にストーブで湯を沸かしお茶も飲む。

日光市の日中の予想最高気温が5度と出ていたので沼田市も寒いかと
思ったら意外と寒くないし風も無く穏やかでした。
                             
でも山の天気は変わり易い、駐車場に戻ると雲が大分多くなり、
ぽつんと雨粒が落ちてきた、これから峠越えの天気は大丈夫か心配になってきた。
                                  つづく
Dscf3400 Dscf3404 Dscf3409

|

« 秋の日光へ | トップページ | 秋の日光へ2 戦場ヶ原 »

コメント

「吹割の滝」、見応えありますよね。

10年位前、数年連続で秋の日光へ運転手で行きました。
農産品の売店が並ぶ片品村~丸沼・菅沼~金精峠を越えて湯ノ湖~戦場ヶ原~竜頭の滝。
懐かしいです。

なかでも、小田代ヶ原がお勧めです。
当時は自動車の通行が可能でした。
今は、ハイブリットバスでないと行けないようですが…

投稿: 焼津市 M | 2010年11月14日 (日) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の日光へ | トップページ | 秋の日光へ2 戦場ヶ原 »