« 県道223号フェリーで土肥へ 1 | トップページ | 県道223号フェリーで土肥へ 3 »

2014年5月21日 (水)

県道223号フェリーで土肥へ 2

5月19日(月)

・昼飯を食べてから松原公園を散策、思っていたより小さな公園だった。

・13時15分、土肥金山へ、土産物だけ見る、金のうんこの根付が270円と
安いので買う、家に帰ってよく見たら金属製じゃ無かった、瀬戸物だった。

2014_05190076 2014_05190078

13時28分、ネットで見つけた日帰り温泉へ行く、楠の湯、地元の人達が利用する温泉、
源泉かけ流し、露天風呂がある、入浴料400円

自分はそんなに温泉好きではありません。ではなぜ行くのって言うと
地元の人が利用する源泉かけ流しのお風呂がどんなものか興味があるし

ネットで検索した場所へ実際行ってみて、感じてみること自体が面白いのです。

入口の古い自販機でチケットを買う、横の小屋から出て来た受付の人に渡し入る。
兎に角値段なりです。キー付のロッカーは3っつしかないので貴重品は持たない方が
いい。

内湯は2畳半くらい、たしかに源泉かけ流し、じゃんじゃんお湯が入ってます。
しかし、、、加水無しの為、凄く熱いお湯になっている。

体がしびれるくらい熱い!熱い湯が好きな方だが、これだけ熱いと数分しか
浸かっていられない。

どこかで声がすると思っていたら、地元のじいさん二人が畳1畳程くらいの
露天風呂に入っていた。

丁度、出てきたので入り替わりに入る。こちらは丁度よく、ゆっくり入っていられる。
狭いが一人で入っている分には十分である。

せっかく来たのだからと思い、内湯と露天風呂を何回か行ったり来たりした。
15分くらい入ったかな、とうとう熱くなって出る事にした。

良い体験でした。風呂の後は冷たい物がほしくなり、土肥金山まで戻り
ファミマでガリガリ君を食べた。

次に土肥港に行き、土肥探索を終了し、いよいよR136を走り出した。

                              つづく
2014_05190079

|

« 県道223号フェリーで土肥へ 1 | トップページ | 県道223号フェリーで土肥へ 3 »

コメント

土肥温泉は車載のチャリ後に弁天の湯へ入りました。
やっぱり内湯は熱過ぎで入れず。
露天へ水を沢山入れて入りました。

ちなみに入浴料は500円。

投稿: 焼津市 M | 2014年5月21日 (水) 20時34分

Mさん こんばんは

源泉に一番近い「元湯温泉」が一番安く300円でしたが、
14時からなので「楠の湯」にしました。

どうも、経費が掛からない様に加水をしないようですね。

自分でかってに水を入れればいいみたいです。

次は「弁天の湯」へ寄ってみようと思いました。

投稿: Fjirou | 2014年5月21日 (水) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県道223号フェリーで土肥へ 1 | トップページ | 県道223号フェリーで土肥へ 3 »