2010年3月 3日 (水)

2010年、河津桜まつりへ2

2月23日(火)

・桜並木から少し外れ「くるまの桜」を見に行く。

・丁度、「車の桜」のお宅のご主人がいて「庭から見てい
きなさい。」と言われ
遠慮なく拝見させてもらった。
住居と桜は川を挟んでいる、庭から橋を渡って桜の所まで行く。

この位置で河津桜を接木して50年経ったそうです。

・橋に立つと桜に囲まれた写真が撮れる。
Dscf6633_4  Dscf6639_2 Dscf6644

・「くるまの桜」とそのお宅、ご主人は次の観光客の相手をしている。

・涅槃堂近くの無料駐車場で休憩、ぜんざいを温め二人で半分づつにする。

・峰小橋で右岸に渡り引き返す。川原にはカメラマンが陣取っていた。
Dscf6649_2 Dscf6650 Dscf6665

・駐車場近くに来ると出店が並ぶ、無料なんて看板を見るとすぐ立ち寄る相方。

・焼きポン、こいつをお土産に買っていきます。お土産にするなら焼きたてより
冷めている方がいいそうです。

・どこの出店も美味しそうな物を売ってます。
Dscf6671 Dscf6672 Dscf6674

・平日でも見頃となると人出がある。

・駐車場近くの会場は更に多い。

・金目の干物をお土産に買う、それなりの味だった。
(スーパーで3枚で398円で売っていた(-_-;))
お土産で良かったのは、サツマイモのステックかな・・・(~_~;)
Dscf6677 Dscf6678 Dscf6679

| | コメント (0)

2009年2月26日 (木)

河津桜まつり3

2月17日(火)

お花見ウォーキングコースを上流側に歩き、峰小橋でユーターン
途中から何と!雪が降ってきた。

でも、お祭り会場付近に来たら止んできたので
奥様達のお楽しみ、お土産祭りで~す、わっしょい!

・去年も買った、やき栗 ポン菓子と同じ作り方でポン栗です、くりゲット。

・切り干しイモ、量が多く安かったので買う、いもゲット。

・これは私が見ていた物、ウツボの開き(・o・) どんな味がすんのかな~
なぜか「SASUKE」チャンピョンの写真とサインがある。 ただみるだけ~

Dscf8831 Dscf8833 Dscf8836








・さくら饅頭、かう?かわない? どっちにしようか・・・

・わたしゃ、甘酒のんでのんびり待つ(-.-)

・15時10分頃、寒くなったし、天城峠の雪も心配だし帰ることにする。
国414号を上って行くと、おう~雪が結構降っている。
でも道路はまだビチャビチャ状態です、道路沿いの桜は雪が積ってます。

Dscf8837 Dscf8838 Dscf8842








・ループ橋の手前、雪景色を見ながらゆっくり走っていきます。
運転しながら写真撮ってみました。

・峠の前に雪の峠は過ぎたようです、少し青空も見えます。
綺麗だな~、凄いな~なんて、言いながら走る。

・鍋失のバス停の路肩が広かったので車を停め雪景色を楽しむ。

Dscf8846 Dscf8848 Dscf8853








・皆さん車を止めます。テレビ局も? そうです、中央にいる人達はSBS(静岡テレビ)
のクルーです。

・奥さん達はそんなことお構いなしで雪景色を撮ってます。
綺麗でした。でもこの後、天城トンネルを通過したら
 ガビーン(・ω・ノ)ノ!
雪が急に少なくなって略普通の景色に戻っちゃった。

川端康成の「雪国」の反対、トンネルを抜けると普通の景色であった。
  
さっきまでの景色はなんだったんでしょう?夢から覚めたようでした。 ( ゚д゚)ポカーン

Dscf8861 Dscf8862









18時前に帰宅、もしかしたらテレビのニュースに出るかもしれないので
テレビをつけてSBS11にチャンネルを合わせる。

18時15分頃、河津桜会場が5秒くらい出て雪が降ったなんて少し映った。
な~んだ、あんだけカメラを回してこんだけなの~なんて言いながら
夕食を食べてテレビを見る。
18時40分頃、山間部で雪が降ったなんてニュースになった。
見てたら天城峠が出てきた! おっ、まだあったの!

天城峠の雪景色、峠を通過する車、峠の雪景色を携帯で撮る人

人 (@_@;) あっあっあっ 映った!映った! あんただよ!!!
相方が映ったよ! アップで!   びっくり仰天の河津桜まつり  でした。

| | コメント (2)

2009年2月24日 (火)

河津桜まつり2

2月17日(火)

・12時30分の墳湯少し前に公園に着く、テーブル状のベンチで持ってきたおにぎりと
ストーブで沸かしたお湯でインスタント豚汁をいれ、大墳湯を見ながらお昼にした。

・食後の甘酒を用意したら雪交じりの雨が降ってきた。
丁度足湯が空いていたので、相方と奥さんは甘酒を飲みながら足湯を楽しむ
私はその辺をウロウロ。

・足湯を墳湯側から見る。
奥さん達が足湯に浸かっている間に雨も上がり歩き出す。

Dscf8774 Dscf8786 Dscf8788








・大墳湯櫓から出るお湯で温泉タマゴを作れます。売店で2個100円で生たまごを
買ってきてカゴに入れておけば10分~15分で出来上がり。(お湯は100℃)

・ここが墳湯させる仕掛けの機械でしょう、自動で動くのかな?

・のんびりしてたら1時間近くなり、次の13時半の大墳湯時間になったので
また見る事にした、今度は別な角度からね。


Dscf8790 Dscf8793 Dscf8796








ここで大墳湯について
この櫓の地下に源泉があって、そこからお湯が長さ38.4m直径16cmのパイプを
通って櫓下のプールに溜まる、そして配管でタンクへタンクから温泉を配給しているそうです。


温泉と言えば湯の花、その湯の花(析出物)がパイプに付着し湯孔を塞いでしまうので
週2回除去作業をします。
上の写真のゲートを開け、櫓にワイヤーで吊るされているノミを隣の小屋から
ウインチで上下させ湯孔の付着物を取るそうです。

観光用にはこのゲートを開け見せているのが大墳湯なんでしょう。


・坂道の途中で撮る、空が青いと湯墳が綺麗に見えるでしょう。

・こっちは玉峰館の自家源泉用の温泉櫓です。

・また右岸を上流部へ歩き出す。途中、振り返ったら二人が居ないので探したら
川へ下り菜の花と桜を撮っていた。

Dscf8801 Dscf8806 Dscf8815








・桜トンネルを通って峰子橋へ、橋を渡り今度は左岸を下流へ歩く
・涅槃堂を過ぎた辺で民家の庭に咲く河津桜の名木「くるまの桜」を見学

・14時19分、山から雪雲が下りて来た!!!雪だよ……雪~
予報、大外れだよ~、帰りの天城峠大丈夫かな? 一応チェーン持ってるけど
でも、慌ててもしょうがない、桜と雪もおつなもんです。
桜を傘にして歩きやしょう。                     つづく

Dscf8818_2 Dscf8821_2 Dscf8825





| | コメント (1)

2009年2月22日 (日)

河津桜まつり1

2月17日(火)
今年も河津桜まつりへ行きました。
メンバーは相方とご近所の奥様

花見で大事なことは、咲き具合と天気、昨年は2月27日に行って
見頃でした。


・天城峠前、朝方降った雪が路肩に積っている。

・お花見ウォーキングコース右岸、来宮橋から峰小橋の間、右岸側の桜が
綺麗なんですよ!
出店の多い場所は人込みで歩くのにも大変、こちらは
空いているし
桜も多く、桜トンネル状態の場所もある。

・途中、峰温泉大墳湯公園に行く為に脇道に入る。

Dscf8747_2 Dscf8755_2 Dscf8764_2








・庭先の河津桜が満開に咲いてるを横目で見ながら狭い路地を歩いて行く。

・ここがそう? と思ったら、ここは旅館、玉峰館の源泉櫓で24時間、絶えること無く
湧き出ているそうです。

・玉峰館の前を通り右側へ曲がると「峰温泉大噴湯公園」でした。  つづく

Dscf8765_2 Dscf8767 Dscf8768

| | コメント (2)

2008年3月15日 (土)

河津桜まつり3

2月27日(水)
10時39分、メイン会場から川上に向かって歩き、峰小橋から左岸を歩き川下へ戻る。
小峰橋からメイン会場まで2kmくらい、河津駅まで3kmくらいは歩きます。
買ったお土産を一旦車へ置き、また歩き出す、行き先は城山山頂です。

・14時29分、川沿いから河津駅へ行く道に入る、駅までは歩行者天国になっていた。
・河津駅東側へ出ると、ガラリと変り人一人居ない道になる。JR185系特急伊豆の踊り子号
が走るガードをくぐると
、すぐ右に城山ハイキングコース入口がある。
・14時46分、歩き易い石畳の山道を暫く歩くと分岐点に出る、今井浜へも行ける。
Dscf1041_2 Dscf1047_2 Dscf1054









・伊豆地方によくある緑多い山道から竹林に変る。
・竹林を抜けると海が見える道になる。今、私は東屋に居る、円錐型の片瀬山や
河津、今井浜の海、伊豆七島が見える。相方も汗を掻きながらやっと登ってきた。
・東屋から165段の階段を登ると山頂だ。
Dscf1057 Dscf1063 Dscf1067








・14時59分、河津城の説明板のある山頂に着く、足利氏の血をひく蔭山勘解由により
築かれた城は北条早雲に麓から火攻めにあい落城した。
・山頂は広場になっていてなぜか土俵がある。その広場には大日如来が祀られている。
・ここからの展望は予想していた通り、河津川沿いの桜並木を上流から河口まで一望できた。
Dscf1068 Dscf1069 Dscf1095_2








・河津浜海岸     
・車を駐車して来た所を見る、大型バスの数を数えると80台くらい停まっているよ!(@_@;)
・この景色!!!この景色を見たかったんですよ\(~o~)/桜並木が一望です~!
Dscf1072_3 Dscf1076_2 Dscf1075_2








・15時42分、山から下りて休憩~(*^_^*)桜とバニラのミックスソフトを食べる。
・またお土産を買ってしまう、河津桜まんじゅう5個300円、家で食べるに手頃な数です。
・ここにもB級グルメ、富士宮焼きそばが進出してました。

Dscf1104_2 Dscf1114 Dscf1111_2








今日一日、桜並木を端から端まで歩いたし、原木もみたし、歩いた並木道を山からも
見たし、河津桜を満喫しました。 正に「河津桜のフルコースや~。」
次に帰り道に寄った河津七滝へ つづく  か?

| | コメント (2)

2008年3月 7日 (金)

河津桜まつりへ2

2月27日(水)
メイン会場から川上に向かって歩き、峰小橋から左岸を歩き川下へ戻る。
峰小橋からメイン会場まで2kmくらい、河津駅までは3kmくらいは歩きます。
13時半頃から、晴れ間が広がり始め、桜も色鮮やかになってきました。

・お日さんが出てくると、河津川がキラキラ輝きだし、桜と菜の花と相まって
正に春うらら(^◇^)
・左岸のお花見ウォーキングコースの
桜を眺めながら歩いていると
極楽浄土の道って、こんな感じかな~なんて思ったりして(^_^;)歳ですね~

Dscf1008_2 Dscf1006












・右岸の桜            ・放射状に枝を伸ばした桜    ・豊泉橋から川上を見る
Dscf1010 Dscf1012_4Dscf1015 








お花見もいいけど、出店のお土産や食べ物も美味しそうです(●^o^●)

・そんじゃー行きますよ~     ・ブッシャーーー     ・出てきたのは焼ポン栗
Dscf1023 Dscf1021 Dscf1028








買ってしまいました!20~25個1000円です。アバウトな値段でした(?_?)
他に沖縄名物 サーターアンダギーを買う、何で沖縄のお菓子を売ってるの
相方が買っていたけど、1個150円くらいするよ~高いんじゃないの(・へ・)
ほんの少し歩いたら130円で売ってたよ! なんてこったい(-.-)

・14時8分、買ったお土産を置きに駐車場へ戻る。一番込み合う時間です!
バスも駐車場に入れない程、混雑している。お土産を車に置いてからまた歩きます。
行き先は、正面の山の中央少し右にある桜の咲いている城山展望台です。
・川沿いのウォーキングコースに戻り、河津駅の方へ歩き出す。
途中、安いお店がありました。サザエ一串200円、こいうのを食べるのも花見の楽しみです。
・花より串焼~(^_-)-☆            つづく
Dscf1034 Dscf1036 Dscf1037

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

河津桜まつりへ

2月27日(水)
河津桜が見頃という事で花見へ行きました。
自宅を8時に出発する、修善寺まで1時間半、道の駅「天城越え」に10時
河津に10時半、約2時間半かかりました。

河津川沿いには、数多くの駐車場があるが、実行委員会管理駐車場は
一日500円と決まっている。

・10時39分、駐車場の前は、出店が並ぶ歩行天になっている。


・駐車場から西へ、川岸にある笹原公園まで歩く、そこには足湯がある。


Dscf0828 Dscf0829 Dscf0831








・10時46分、100円の甘酒一杯を二人で飲んでから歩き始める。

・今日は食事処が少ないと思って、何時もの様におむすびを持ってきた。

・800m程、川沿いの「お花見ウォーキングコース」歩き、「豊泉橋」の所で川から
離れ右へ曲がる。目的は飯田家の河津桜原木を見に行く、飯田家前には
大勢の人が原木を見ていました。
Dscf0848 Dscf0852 Dscf0861








・11時46分、国指定天然記念物、来宮神社の大楠を見に行く、樹齢1000年以上
最大周囲14m、高さ24mと大木です。

・来宮神社へ参拝した後、川沿いへ出るのに、かなり戻ってしまう。
ハイキングコースに出てから、また同じ道を川上へ向かって歩く。
また、豊泉橋へ来た所で、今度は右岸へ渡る。そこにはお弁当広場と足湯、トイレがあり
お昼休憩にはもってこいの場所でした。そこで鍋焼きとおむすびを食べる。

・12時47分、休憩後、右岸を川上に向かって歩き始める。
Dscf0886_2 Dscf0900_2 Dscf0906_2








・豊泉橋から峰子橋まで1.1km程あるが、メイン会場周辺の桜より、花数も多く
綺麗です。

・13時8分、峰子橋を渡り左岸へ、今度は川下へ戻ります。
途中、道路側に見事な桜があるので見に行く。この桜は案内図にも載っていない木で
すが、名木ライトアップの一つ「くるまの木」だそうです。

・13時半頃から、晴れ間が広がり始め、桜も色鮮やかになってきました。 つづく

Dscf0935_2 Dscf0967_2 Dscf0996

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

469 | お花見サイクリング | なまかとツー | エクストレイル | スーパーカブ110 | スーパーカブで伊豆ジオパーク | スーパーカブで温泉へ | スーパーカブツーリング | スーパーカブ林道走り | センチュリオン購入 | デジカメ | 三ツ峠 | 三島、函南、韮山自転車 | 三方分山 | 上稲子から石神峠へ自転車 | 上高地 | 丸火自然公園 | 久能山・三保 | 乗鞍岳 | 伊豆・沼津山歩き | 伊豆自転車 | 位牌岳 | 修善寺もみじまつり | 入笠山 | 八ヶ岳高原自転車 | 勢子辻から越前岳 | 北海道旅行 | 十二ヶ岳 | 千畳敷カール | 吉田うどん自転車 | 呼子岳 | 城山・葛城山 | 大山 | 大弛峠自転車 | 大晦日自転車 | 大菩薩峠 | 大谷嶺・八紘嶺 | 天城山 | 天子湖、上佐野へ自転車 | 安倍峠 | 宝永山 | 富士五湖一周 自転車 | 富士五湖周辺山歩き | 富士五湖巡り 自転車 | 富士宮ポタ | 富士山一周自転車 | 富士山五合目へ自転車 | 富士山大砂走り | 富士山宝永山 | 富士山山歩き | 富士山御殿庭 | 富士山須山口登山 | 富士山麓線自転車 | 富士市に雪 | 富士市散策コース | 富士登山 | 富士登山お鉢巡り | 寸又峡と長島ダム | 尾瀬 | 山中湖自転車 | 山梨県、南部・身延自転車 | 山梨県自転車 | 山歩き | 岩本山 | 幕山 | 御坂山塊 | 愛鷹 黒岳 | 愛鷹林道 | 新年 | 新東名 | 旅行・地域 | 日光 | 日記・コラム・つぶやき | 昇仙峡 | 朝霧周辺山歩き | 村山古道 | 松野、蒲原、自転車 | 林道富士愛鷹線 | 栂池自然園 | 毛無山 | 河口湖周辺歩き | 河口湖自転車 | 河津桜まつり | 沼津アルプス | 浜石岳 | 湯河原梅林 | 焼津へツーリング | 田貫湖・朝霧自転車 | 白馬八方尾根 | 福士川渓谷自転車 | 秋の京都へ | 竜ヶ岳 | 竜爪山 | 第二東名 | 箱根→須山ツーリング | 箱根 長尾峠→熱海峠ツー | 箱根大涌谷から早雲山 | 箱根山歩き | 箱根畑宿から関所跡 | 箱根神山 | 箱根自転車 | 精進湖パノラマ台 | 自転車 | 自転車オフ会 | 自転車事故 | 自転車整備 | 自転車部品小物 | 興津川自転車 | 芝川自転車 | 芦ノ湖一周自転車 | 薩た峠歩き | 西沢渓谷 | 西湖、河口湖、紅葉巡り自転車 | 西湖周辺歩き | 越前岳 | 越前岳 冬 | 越前岳 愛鷹つつじ | 越前岳 雪 | 身延山 | 身延山自転車 | 釣り | 静岡、清水ポタ自転車 | 須津川渓谷 | 須津川渓谷自転車 | 高尾山 | 鬼ヶ岳 | 黒部・立山