2008年6月10日 (火)

稲子から石神峠を越え天子湖へ5

6月4日(水) 自転車ツーに出かける。

9時35分車で出発→富士宮バイパス「テンジンヤ」で248円の昼飯を仕入れる→
芝川 西山本門寺前の町総合運動場の駐車場にデポ→10時23分走り始める→
11時16分、平維盛の墓(伝)→11時48分上稲子天子の七滝巡り遊歩道歩き→
12時21分、民宿天子荘前でお昼13時4分まで→13時17分、遊歩道入口へ戻る
→今度は左側の道、西沢方面へ沢沿いに遡上する→
13時31分、丸野滝、西沢と石神峠の分岐→13時57分、石神峠→猿に遭遇
14時19分、天子湖大橋→天子湖沿いに下る→猪に遭遇→
14時55分、源立寺前から井出方面へ左折→15時9分、身延線井出駅→
十島から万栄橋を渡り県10号線へ→富士川右岸を走り芝川へ→
16時35分、出発点に戻る。 56km


・14時55分、八木沢地区の源立寺前で止まる、道なりだと、なだらかな方へ行きたく
なるが、左側を見上げると井出駅の標識がある。地図を確認すると明らかに
こちらの方が早く戻れるので左に下りる。
・距離が短いと言う事は急なんです、ブレーキをかけっぱなしで急坂を下ります。
・下りた所は井出駅横の踏み切りです。中村屋支店(本店はどこにあんの?)
前の自販機で、ファンタグレープを買って一気飲みする、店から出て来た
おばあさんに、この辺のお話を聞かせてもらう。すぐそこにある桑の木に猿がやって
来ると言ってました。
ここでまたヘマをやる、デジカメを落としてしまう(@_@;)
デジカメは、坂をサイコロの様にコロコロと転がって踏み切りの手前でやっと止まる。
落ち方が良かったのかキズだけで何ともありませんでした。よかったよー(~_~;)
(買って初めてのツーで落とし、修理代に7千円近く取られたカメラです)

Dscf3350 Dscf3352 Dscf3354










井出駅からは、10号線を利用して芝川へ帰ります。十島から万栄橋を渡り、対岸の万沢へ
万沢からは、白鳥山の麓を富士川沿いに内房まで走り、新内房橋を渡り左岸へ戻る。
芝川の75号を上る前に、サークルKであま~い饅頭アイス買って食べる。

・白鳥山の麓の10号線から富士川を見る    ・新内房橋にて   
Dscf3361 Dscf3362











Dscf3363
今回のツーは、面白かったなー
七滝巡りの押し歩き
探索してたら峠越えして天子湖へ
天子湖でのハプニング
天子湖、佐野川渓谷沿いを
軽快に走った事、等々
走行距離は短いけど充実した一日でした。


| | コメント (2)

2008年6月 9日 (月)

稲子から石神峠を越え天子湖へ4

6月4日(水) 自転車ツーに出かける。

9時35分車で出発→富士宮バイパス「テンジンヤ」で248円の昼飯を仕入れる→
芝川 西山本門寺前の町総合運動場の駐車場にデポ→10時23分走り始める→
11時16分、平維盛の墓(伝)→11時48分上稲子天子の七滝巡り遊歩道歩き→
12時21分、民宿天子荘前でお昼13時4分まで→13時17分、遊歩道入口へ戻る
→今度は左側の道、西沢方面へ沢沿いに遡上する→
13時31分、丸野滝、西沢と石神峠の分岐→13時57分、石神峠→猿に遭遇
14時19分、天子湖大橋→天子湖沿いに下る→猪に遭遇→

・石神峠標高490mから天子湖北側340mへ、細長い湖沿いに
なだらかに直線的に下りる
ダートな林道です。最初は走り易いダートで気持ちよく下って行くと、お猿が斜面の上にいて
私を見ていました。
・暫くすると、角ばった石ころがゴロゴロして走り難いダートになる。それでも道幅が広いので
石の無い所を狙って、サドルからお尻を浮かして下って行く、時々木々の切れ間に天子湖が
見える。
・この辺は落石し易いのか、こんな大きな石も落ちています。角ばった石コロが多いので
タイヤが心配ですが、ここを押し歩いては日が暮れてしまいます。下りは何とかなりますが
天子湖側から上りに使うのは止めた方がいいと思います。

Dscf3317 Dscf3319 Dscf3325








・14時19分、天子湖北側、「てんしこおおはし」に着く、ここまで20分程
・大橋を渡り、佐野川右岸の道に出る。この道を更に上れば上佐野の集落へ
下れば10号へ戻ります。今日は時間も無いので上佐野へ行かないで下ります。
・天子湖沿いに下る道は、崖沿いに造られた狭い道で、落石もある所を走って行きます。
勾配は平坦と言っても良い位で、狭いわりに走り易く気持ちのいい道です。

Dscf3327 Dscf3332 Dscf3337








気持ちの良い道だといって、ノンビリ走っていると要注意ですよ!
下り始めの所は、どうも動物の通り道になっているようです。
快適に走っていて、少し変速ギアの方に目を向け、次に前を見たら
ドッカーンとオスの大きな猪が落ちて来たのです(・o・)
落ちて来たと言うか、猪も私が走って来たので、慌てて道を渡ろうとしたのか
右側の崖から落ちた時、
前足がガクンとひざまずいた様な形になったのですが
直ぐに体制を戻し、猪突猛進で左の崖へ下りると言うか落ちて行きました。
ダッダッダァーと凄い音がしました。
人間なら大怪我もんですが、野生の動物は凄いですね(@_@;)
あんな猪にぶつかってこられたら、自転車も人間もエライこんになります。

あーびっくりしたと、また走りだす。そしたらまたビックリ!(・o・) 今度は
80歳くらいのおばあさんが一人で歩いています、こんな民家の無い山道をたった
一人で! 止まって、おばあさんに「こんな所歩いていて大丈夫でか?」と聞くと
「ああ~、大丈夫だよ。」だって、「この上で猪に遇いましたよ!」と私が言ったら
「猪も猿もいても大丈夫だよ、私に構わないで行っていいよ。」とスタコラ
上って行きました。
(暫く下った所に2軒くらいの集落がありました、おばあさんはそこから来たのでしょう)


・林道を一人で歩くばーさん ・時々現れる対岸の山  ・工事が完了したばかりの道もある
Dscf3335 Dscf3338 Dscf3340









天子湖を過ぎ、佐野川沿いに走って行くと、段々渓谷が深くなって行く、大きなカーブの
所で白水山812mが見える絶景箇所がある。ここで見た山も渓谷も印象に残る景色でした。
Dscf3342 Dscf3346 Dscf3347_3 (-_-)

つづく

| | コメント (0)

2008年6月 8日 (日)

稲子から石神峠を越え天子湖へ3

6月4日(水) 自転車ツーに出かける。

9時35分車で出発→富士宮バイパス「テンジンヤ」で248円の昼飯を仕入れる→
芝川 西山本門寺前の町総合運動場の駐車場にデポ→10時23分走り始める→
11時16分、平維盛の墓(伝)→11時48分上稲子天子の七滝巡り遊歩道歩き→
12時21分、民宿天子荘前でお昼13時4分まで→13時17分、遊歩道入口へ戻る
→今度は左側の道、西沢方面へ沢沿いに遡上する→
13時31分、丸野滝、西沢と石神峠の分岐→13時57分、石神峠

・ガスストーブでお湯を沸かして缶詰を温め、豚汁の素へお湯を入れ
今日のランチが揃いました。
・豚汁、たらことシラスのおむすび、コロッケ、サンマ大根おろし煮
・食後は、コーヒーとくじ付き酢イカのよっちゃん、
はずれ(ToT)
Dscf3291_2 Dscf3292_2 Dscf3293_2








・40分程してから、動き始める。ちょっと上流へ、天子岳登山口を確認する。
・川沿いに下る道は雰囲気がいいです。でも、ちょっと心配なのは「スズメバチ注意」
なんて標示が途中にありました。
・下りながら、4つの滝を眺める事が出来ます。
Dscf3296 Dscf3299 Dscf3300








・13時17分、七滝巡りの出発点の稲子川起点の橋に戻る。この橋の袂には民家が
あるけど、ちょっとゴミ屋敷のような感じです。

・今度は左側の道を行ける所まで行って見ます。入口にはギフチョウ保護の看板がある。
今回は、七滝巡りがメインで、この道はちょっと探索して帰る積もりでいました。
(私の持っている地図は古く、林道石神峠線が書いてなかったし、三振王さんの今年
2月のレポで石神峠を越えたのは、見てはいると思うのですが、記憶にはなかったのでした。)

・最初は普通の道でしたが、段々荒れてきて、所どころ水が出ている場所もあります。
我慢して上って行くと、滝がある分岐に突き当たります。
案内板を見ると、左方向に「石神峠」って書いてあります。
へぇ~(・o・)石神峠にいけるんだ!私の地図だと峠から下りたら、ダムを通らせてもらう
様な感じになっているけど、兎に角、峠まで行く事にしました。

Dscf3306 Dscf3307 Dscf3309_2










・峠への林道は、最初はコンクリートの道、次に荒れたダートの上りになり
少し押し歩きします、坂が緩やかになると、ダートでも走り易くなり、徐々に下り勾配に
なって峠に着きます。

・石神峠は「身延街道」に位置し古くからの峠です。また戦国時代には武田信玄も
度々この峠を越え駿河の今川軍に奇襲をかけたそうです。
うーん、(ーー;)だーれも居ない静かな峠で目をつぶると、武田の軍勢が見えてきます。
なーんちゃってね(^_^;)

・ちょっと踏み跡のある道の方に、白水山の登山道を示す案内板がありました。
Dscf3311_3 Dscf3314_4 Dscf3316_4
つづく



 

| | コメント (0)

2008年6月 7日 (土)

稲子から石神峠を越え天子湖へ2

6月4日(水) 自転車ツーに出かける。

9時35分車で出発→富士宮バイパス「テンジンヤ」で248円の昼飯を仕入れる→
芝川 西山本門寺前の町総合運動場の駐車場にデポ→10時23分走り始める→
11時16分、平維盛の墓(伝)→11時48分上稲子天子の七滝巡り遊歩道歩き→
12時21分、民宿天子荘前

・11時48分、稲子川左岸、上稲子天子の七滝巡りへスタート! 自転車押し歩きです。
・遊歩道は、なんとか自転車を押しながら歩ける道幅です。
・何時もの山歩きと違い短パンなので、草が茂っていると虫刺さされしないかと
心配をしながら歩く。ところで、ボーリングのピンは何ナノ?

Dscf3264 Dscf3265 Dscf3266








・遊歩道は徐々に登りながら高さを増していき、川からだいぶ高い所を歩くようになる。
時々、橋があるが濡れ落ち葉があり滑りそうなので慎重に歩く。
・段々、ガレた道になり、自転車を押し歩きするには少し急になってくる。
上を見上げると大きな石碑がある。なんでこんな所にあるのかと思っていると
不動の滝に出た。この滝巡りは昔は修行の場だったんでしょうね。

・不動の滝、ここには木製のベンチが2つあった。薄暗いので、ここでもお昼はやめにする。

Dscf3269 Dscf3275 Dscf3276








・たいぶ高くなってきた、自転車を山側に、自分は谷側に、落ちない様に気を付けて歩く。
去年の秋に行った、西沢渓谷の右岸を自転車で押し歩く様な感じです。
・この辺になると下りになり、緊張感がなくなり、だいぶ気楽になる。
・遊歩道から出る、約30分歩いた。
Dscf3283 Dscf3284 Dscf3285








・おっと(・o・) やっちまった! グランジのバーエンドバーのゴムキャップが無い~!!
自転車を押し上げたりして、ゴムに力を入れた時、落ちたみたいです。しょうがなし(ーー;)
・遊歩道から出て、橋を渡り右岸に戻る。
また自転車に乗り走りだす。
やはり自転車の方が楽です。
・12時21分、民宿天子荘に着く、鱒池(魚はいないけど)のほとりに小屋があり
囲炉裏のあるテーブルがあったので、ここをお借りしてお昼にする事にした。

Dscf3286 Dscf3288 Dscf3289

つづく

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

稲子から石神峠を越え天子湖へ1

6月4日(水) 自転車ツーに出かける。

9時35分車で出発→富士宮バイパス「テンジンヤ」で248円の昼飯を仕入れる→
芝川 西山本門寺前の町総合運動場の駐車場にデポ→10時23分走り始める→
11時16分、平維盛の墓(伝)→11時48分上稲子天子の七滝巡り遊歩道歩き

・芝川町総合運動場にデポ、自転車を組み走り出す。何時もの様に久保大橋を
渡り芝川右岸を上り柚野小学校まで走る。鳥並の八幡宮の周りの水田は田植えが終わり
苗が綺麗に並んでいた。
・土井(用水路)沿いの土手には、梅雨の花、アジサイが咲いていた。
・柚野小の裏側から469に入り桜峠を越える、下りのスピードは35kmくらいに押さえるが、
それでも時々、カーブでふくらんでしまう事もある。

Dscf3224_2 Dscf3227_2 Dscf3234_3








・桜峠を下り稲子川に架かる日向橋を渡る。右に曲がり469と別れ、県398に入る
・398を稲子川沿いに北へ進む、山間の道は平日、車はほとんど走って来ない。
静かな山間でペダルを回すのは気持ちよし(^◇^)
・平維盛の墓の入り口は?三振王さんのレポで、確かJAの近くって書いてあったなぁー
と思いながら通り過ぎる。入口に案内板が無いので分かり難い、また戻ってJAの所で
左に上がる道へ行き、古い民家の庭先で、おばあさんに尋ねたら、この道だよって
事で、上を見上げたら大きなお墓が見えた。

Dscf3239_3 Dscf3240_3 Dscf3241_3








・平維盛の墓(伝) 平家一族の再建を誓い文治元年(1185)紀州沖で水死とみせかけ
清水某 と変名して家来の佐野主殿を伴って稲子へ入りここに住んだと伝えられている。
現在の墓は天保十一年(1840)に再建されたものだそうです。
・ここ上稲子の棚田は静岡県棚田等十選の認定をされています。
ここからの景色は、この時期が一番でしょうね。
・また384を走る。暫くすると吊り橋が見えてくる、この橋を渡るとバーべキュー場に
行ける。(後で三振王さんのレポをみたら、この橋は地蔵橋と言い、この橋付近の
左に入る道が石神峠への古道でした。)

Dscf3245_3 Dscf3251_3 Dscf3254_2








・398は稲子川の清流を眺めながら走れて、これからの時期涼しくていいと思います。
・11時43分、稲子川起点、落合に着く、ここには休憩所もトイレもあるのでお昼にしようかと
迷うが、休憩所が暗くイマイチなのでやめる。
・先に進もうと思い、天子七滝巡りの案内板を見る。距離とか時間が書いてないけど
左岸の遊歩道から行き、帰りは自転車に乗って下りる事にする。

Dscf3255 Dscf3256 Dscf3257
つづく



| | コメント (0)

2008年6月 4日 (水)

稲子から石神峠を越え天子湖へ

Photo




















9時35分車で出発→富士宮バイパス「テンジンヤ」で248円の昼飯を仕入れる→
芝川 西山本門寺前の町総合運動場の駐車場にデポ→10時23分走り始める→
11時16分、平維盛の墓(伝)→11時48分上稲子天子の七滝巡り遊歩道歩き→
12時21分、民宿天子荘前でお昼13時4分まで→13時17分、遊歩道入口へ戻る
→今度は左側の道、西沢方面へ沢沿いに遡上する→
13時31分、丸野滝、西沢と石神峠の分岐→13時57分、石神峠→猿に遭遇
14時19分、天子湖大橋→天子湖沿いに下る→猪に遭遇→
14時55分、源立寺前から井出方面へ左折→15時9分、身延線井出駅→
十島から万栄橋を渡り県10号線へ→富士川右岸を走り芝川へ→
16時35分、出発点に戻る。 56km

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

469 | お花見サイクリング | なまかとツー | エクストレイル | スーパーカブ110 | スーパーカブで伊豆ジオパーク | スーパーカブで温泉へ | スーパーカブツーリング | スーパーカブ林道走り | センチュリオン購入 | デジカメ | 三ツ峠 | 三島、函南、韮山自転車 | 三方分山 | 上稲子から石神峠へ自転車 | 上高地 | 丸火自然公園 | 久能山・三保 | 乗鞍岳 | 伊豆・沼津山歩き | 伊豆自転車 | 位牌岳 | 修善寺もみじまつり | 入笠山 | 八ヶ岳高原自転車 | 勢子辻から越前岳 | 北海道旅行 | 十二ヶ岳 | 千畳敷カール | 吉田うどん自転車 | 呼子岳 | 城山・葛城山 | 大山 | 大弛峠自転車 | 大晦日自転車 | 大菩薩峠 | 大谷嶺・八紘嶺 | 天城山 | 天子湖、上佐野へ自転車 | 安倍峠 | 宝永山 | 富士五湖一周 自転車 | 富士五湖周辺山歩き | 富士五湖巡り 自転車 | 富士宮ポタ | 富士山一周自転車 | 富士山五合目へ自転車 | 富士山大砂走り | 富士山宝永山 | 富士山山歩き | 富士山御殿庭 | 富士山須山口登山 | 富士山麓線自転車 | 富士市に雪 | 富士市散策コース | 富士登山 | 富士登山お鉢巡り | 寸又峡と長島ダム | 尾瀬 | 山中湖自転車 | 山梨県、南部・身延自転車 | 山梨県自転車 | 山歩き | 岩本山 | 幕山 | 御坂山塊 | 愛鷹 黒岳 | 愛鷹林道 | 新年 | 新東名 | 旅行・地域 | 日光 | 日記・コラム・つぶやき | 昇仙峡 | 朝霧周辺山歩き | 朝霧高原 | 村山古道 | 東京モーターショー | 松野、蒲原、自転車 | 林道富士愛鷹線 | 栂池自然園 | 毛無山 | 河口湖周辺歩き | 河口湖自転車 | 河津桜まつり | 沼津アルプス | 浜石岳 | 湯河原梅林 | 焼津へツーリング | 田貫湖・朝霧自転車 | 白馬八方尾根 | 福士川渓谷自転車 | 秋の京都へ | 竜ヶ岳 | 竜爪山 | 第二東名 | 箱根→須山ツーリング | 箱根 長尾峠→熱海峠ツー | 箱根大涌谷から早雲山 | 箱根山歩き | 箱根畑宿から関所跡 | 箱根神山 | 箱根自転車 | 精進湖パノラマ台 | 自転車 | 自転車オフ会 | 自転車事故 | 自転車整備 | 自転車部品小物 | 興津川自転車 | 芝川自転車 | 芦ノ湖一周自転車 | 薩た峠歩き | 西沢渓谷 | 西湖、河口湖、紅葉巡り自転車 | 西湖周辺歩き | 越前岳 | 越前岳 冬 | 越前岳 愛鷹つつじ | 越前岳 雪 | 身延山 | 身延山自転車 | 釣り | 静岡、清水ポタ自転車 | 須津川渓谷 | 須津川渓谷自転車 | 高尾山 | 鬼ヶ岳 | 黒部・立山