2008年9月29日 (月)

寸又峡へ6

8月27日(水)
長島ダムの突き出し三角コーナーで景色を眺めていたら
アプトラインが上って来た

・あっ!アプトラインだ!
・急いで長島駅へ走って行く(・へ・)えっさ、ほいさ
・おう、間に合った 、アプト式電気機関車ED90を2台切り離す。

Dscf4848_2 Dscf4850_2 Dscf4852_2








・少ない乗客を乗せ、次の駅「ひらんだ」へ行きました。
・長島駅、大井川鉄道と県388号が並ぶ
・16時28分、長島ダムをあとに帰路につく

Dscf4860_2 Dscf4864_2 Dscf4872_2








・16時35分、県77号線小山トンネル手前で通行止めをくらう。
道路災害の復旧工事で時間帯通行止めになっているのは知っていた。
タイミングがよければ通過出来ると思ったがダメでした(T_T)
17時まで待たなければいけません。
・暇だから、どんな工事をしているか見に行く、パワーシャベルで
なんかやってました。

Dscf4874_2 Dscf4875_2








17時、通行解除になる、帰りは金谷方面へ362号、道を間違え左岸、
県63,64号を下りてしまう。

島田へ着いたら、大井川を渡り金谷へ、金谷から相良牧之原ICへ向かう、
反対車線が渋滞してなんかおかしいと思ったが、どんどこICへ進む。

牧之原ICに着いたら「事故で焼津までインター閉鎖!」 がーんん(・o・)
渋滞の後尾に付く訳もいかず、適当に右折、静波方面へ走る!

こう言う時、カーナビがあればいいんだけど、ここは普段鍛えている野性の
方向感覚に頼るしかない!焼津IC方面へ走る。
でも結局、吉田手前の細江で迷ってギブアップ(T_T)
道を教えてもらい国150へ出る。

もう時間も遅くなり150号線沿いで夕食を食べる、そんなこんなしていたら
多分事故処理も終わっただろうと、吉田ICへ行ったら東名に乗れた。
次の車にはカーナビを搭載しよう~!(何時になる事やら・・・)

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

寸又峡へ5

8月27日(水)
寸又峡温泉でお風呂に入り、まったりした後、15時14分
次の目的地「長島ダム」へ向かう。

長島ダムへ寸又峡から20分くらい車で走る。ダム近くになると大井川鉄道井川線
南アルプスアプトラインが見えてきます。
丁度、アプト式ED90電気機関車が客車を付けて下って行く所が見れました。
アプト区間は「アプトいちしろ」から「長島ダム」の1区間だけで、90/1000の勾配を
ED90が先導、後押している。

・長島ダムがもうすぐの所で丁度、アプトラインが下って来た!
・先頭はED90
・15時39分、長島ダム駐車場に着く、このダムは「地域に開かれたダム」として
一般に開放されていて周囲が公園の様になっている。
Dscf4784 Dscf4785 Dscf4792








・ダムの放流側を覗き込む相方
・放流水が勢いよく出る、その先に吊橋も架かっている。
・貯水側を見る相方
Dscf4797 Dscf4810 Dscf4803








・貯水側の景色、あれっ!さっきまで噴水が揚がっていたのに止まちゃったよ(・o・)
ダムを管理する人が丁度来たので聞いて見ると、「夏は30分毎に10分間噴水が
出るよ。」と言っていた。
・放流側へ三角に突き出ている場所がある、相方は怖くて行けないと言っている。
・床が格子状になっていて真下が見える様になっている。
Dscf4804 Dscf4837 Dscf4839








・三角台の先端から見る、アプトラインと県388号
・そんなこんなをしている間に噴水ショーが始まった(^◇^)
噴水ショー、うまい具合に虹が出て綺麗でした~。
Dscf4841 Dscf4831 Dscf4821

つづく

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

寸又峡へ4

8月27日(水)
寸又峡のプロムナードハイキングコースを歩き、一番奥の展望台で休憩。

・東屋でお茶タイム
・展望台の前に少し桜の木がある、木々の間からダムが見える。
・休憩後、飛龍橋を渡り戻る。長さ70m、高さ70m、紅葉時になれば絶景が見れそう。

Dscf4722 Dscf4720 Dscf4731








・途中、夢の吊橋を見下ろせる場所があった。人が渡っているがアリンコの
様に小さく見える。
・渓谷の林道を歩くのは気持ちがいい( ^ω^ )
・渓谷に架かる飛龍橋が見える。

Dscf4754 Dscf4759 Dscf4760








・14時、バス停の切符売り場の横でソフトクリームを買う。
歩いた後の甘いもんは美味しい~、レトロなお店のベンチで相方と半分づつ食べる。

・さあ~、露天風呂に入るぞー(^◇^)
町営の露天風呂400円、宿屋の立ち寄り風呂500円、どうせ同じ様な料金なので
宿泊料金が一番高そうな「奥大井観光ホテル翆紅苑」のお風呂にした。
フロントで500円+タオル代100円を支払う、タオルは持ってきたが薄いタオルが
温泉にはいいかな~と思い買う。
(温泉に入る時は薄いタオルを持ってくるべし)

・お風呂は小奇麗で内風呂と露天風呂がある。
寸又峡の温泉の泉質は、硫化水素系、単純硫黄泉でヌルっとした感じがあり
お肌に良さそうです。
宿泊料金が高いだけあって、洗面所には使いきりのくしもあるし、冷たいお茶も
ある。

Dscf4766 Dscf4781 Dscf4772








 
・いくらのんびり入っても相方より早いのに決まってます、ロビーで待ちます。
・暇なのでレストランのお昼のメニューを見る。
かきあげそばが950円である、雰囲気等を考えると、ここでお昼を食べても良かったかな
と思う。相方がお風呂から出て来た、でも次に土産物コーナーで引っ掛かっている。
まだ暫く時間がかかるな・・・(ーー;)
・お風呂に入り、まったりした後、15時14分、次の目的地「長島ダム」へ向かう。

Dscf4778 Dscf4779 Dscf4776

つづく

| | コメント (1)

2008年9月 6日 (土)

寸又峡へ3

8月27日(水)
温泉街の食堂で昼飯を食べ、夢の吊橋がある「寸又峡プラムナードコース」
一周約90分のハイキングコースを歩き始める。

・11時48分、ゲートを潜り、環境美化募金案内所の前を通過する。
・林道は舗装され平坦で歩き易い。
・寸又川に架かる「猿並橋」、グリーンシャワーロード1周約60分のコースから
更に奥に入った所にある、猿が渡るそうです。
Dscf4647_3 Dscf4653_2 Dscf4657_3









・コース途中に水洗の綺麗なトイレがあるので温泉に来た観光客も気軽に散策出来る。
・トンネルなんかもあり、なんか秘境を探検する様な気分になる。
・ここが飛龍橋と夢の吊橋へ行く分岐点、吊橋の後には急な階段があるので
体力に自信のない人は飛龍橋方面へむかい、眺望を楽しむようにと
立札に書いてある。
Dscf4658_2 Dscf4662_2 Dscf4665_2









・夢の吊橋、左側から流れてくる大間川の濁りがチンダル湖へ流れ込む。
・吊橋からダムの提体を撮る、カメラがもし落ちたらと考えると、持つ手がぎこちなくなり
余計に落としそうになる。丁度、二人だけでのんびり渡れた。
・三百四段の階段はきつくフウフウしてしまう、でも自然林の中を上るので
苦にならない。
Dscf4688_2 Dscf4689_2 Dscf4711_2









・階段を上りきると飛龍橋からの林道に出る、右側へ行けば展望台だ。 
・12時40分、展望台に出る。東屋と水洗のトイレがある、飲み物の自販機もあり
お散歩気分で来れる。
・かつての森林軌道のトロッコが置いてある。 ここで休憩~   つづく
Dscf4716_2 Dscf4717_2 Dscf4718
  

| | コメント (0)

2008年8月31日 (日)

寸又峡へ2

8月27日(水)
富士を8時半に出て10時57分に着く、約2時間半で寸又峡に来た。
寸又峡は初めてだが、泊まる積もりで調べたので大体の行動イメージは出来てた。
適当な食事処でお昼にして、軽くハイキングしてから宿の温泉に入る。
今流行りのお宿の日帰り温泉です。
私はそんなに温泉好きでもないので、歩いてから日帰り温泉に入るなんて
初めての事です。
そんなリラックスした気分で出掛けて来たので、二人とも帽子を忘れてしまう。
長い時間の歩きじゃなかったから良かったけど、やはり歩きには帽子は必要でした。

・11時8分、寸又峡HPから印刷したマップを見ながら温泉場を歩き始める。
・学校跡地は今はイベント広場、8月中はラジオ体操をやっている。
・寸又峡のお宿は、HPをよく見て検討したので、外観を見ると「あっ!ここかぁ~」
とすぐ分かる。写真ではよく分からなかったが全体的に設備が少し古いようだ。

寸又峡へ日帰りで来る時は、お宿の下調べをしてから温泉場を散策するのも
楽しいかも・・・
Dscf4629 Dscf4630 Dscf4631








・ハイキングコース手前にある人気の宿、ここの平日限定の安いプランで
宿泊したかったが、限定プランは火、水とも無く、12700円なら水曜日に空室があった、
でも木曜日に雨の予報があり宿泊するのを止める。
平日限定プラン、本当にあんの?他の宿でもそうだが限定プランは食事も通常と
違うようだ。
紅葉時なると平日プランも無く、通常料金も高くなり、お金がないと泊まれません。
・奥にあるバス停と山の茶屋
・山の茶屋にはなぜか杉の下駄が一杯置いてある。
ここのソフトクリームはまあまあだよ。

Dscf4633 Dscf4634 Dscf4636








・ここからは車両進入禁止、2軒目のそば屋がありそこで食べることにした。
・店の外観、店内とも雰囲気はいい
・折角なので山が見えるテーブルに座る。

Dscf4637 Dscf4639 Dscf4640








私はとろろ定食1000円、相方は山菜とろろそば800円
そばはまあまあだが、とろろがしょっぱい、オマケに御飯がジャーの中で時間が経った
感じでうまくない残してしまう、主人にハッキリ言えば良かったかも・・・
それと、名物の黒ハンペンが付いていたが、なんで山の中でハンペンが名物なの?
そんな感じで、そばだけにすればよかったと思った。
ハッキリ言ってお昼はハズレ、気持ちをきり替えハイキングへ
寸又峡プロムナードコース(90分)を歩きます(^◇^)          つづく
Dscf4641 Dscf4642 Dscf4644_3

| | コメント (0)

2008年8月30日 (土)

寸又峡へ

8月27日(水)
25日から29日まで遅い夏休みでしたが、天候不順で最悪です。
それでも水曜日の予報が良いので、寸又峡へ行ってみたいと思い
宿泊を考えるが、木曜日の天気がイマイチだし、何度も宿のHPを見ながら
値段とか施設を検討するが中々条件に合わないので日帰りとした。

ガソリンスタンドで満タン(8400円も払うビックリ、何時も満タンにしないので)にして
8時半に富士インターへ入る。
静岡インターで降り藁科川沿いの国362号から千頭を目指す。
362号は自転車でも走ってみたので、そんな事も考えながら楽しみながら上って行く。

・9時26分、奈良間にある藁科都市山村交流センター「わらびこ」でトイレ休憩する。
・中塚の辺からかなりキツイ坂道になる、くねくね上って行く。車はあまり走って来ないが
偶にくる車は結構飛ばしてくる、運転手を見ると殆どが女性だ、この辺の地区の人か、
千頭方面から通勤、用事で来た人か・・・
・362号は茶畑あり、集落あり、景色も良いしで自転車で走ってみたい道です。
かなりの急坂があり、自転車のリアが空回りしそうな所もあった。

Dscf4600 Dscf4603 Dscf4605








・9時55分、急に開けた所に出る、そこは「杉尾はなのき展望休憩所」でした。
・どこかの岬みたいに恋人峠って右の丸太に書いてある、左側に鐘が吊るしてあるけど
紐がないので鳴らせません。
・トイレ付きの休憩所の中に入ってみる。中では昼食やお菓子、農林産物を販売して
いました。景色もいいし、どんなもんがあるかウロウロしていたら、おばあさんが
飲んで行きなとお茶を出してくれました、「あっ、どうもすみません」と言って
遠慮なく景色の良い特等席で頂く。

Dscf4608 Dscf4609 Dscf4613








・おいしぃ~、そのお茶が400円で入口付近に置いてあったので早速購入。
(後でご近所のお土産用にもっと買えば良かったと悔やむ)
・食事の方もそば、うどん共、天ぷら付きで600円安いです。
これでも8月1日から諸事情により100円値上げしたそうです。
・他のお客も入って来て賑やかになってきたら、1個500円のスイカを見本に切って
くれました、なんか只でお茶の飲んで、スイカも食べて、もの凄くラッキーでした。
ここは地域の人達が楽しんでやっているので、儲けようなんて気持ちの
欠片もないような、ホンワカしたお店でした。

Dscf4614 Dscf4615 Dscf4616










・杉尾の峠からは、一旦下りまた少し上りがある、その上りを越せば
小長井河内に架かる馬路大橋まで一気に下る、道は結構広くて走り易い。
小長井トンネルを抜け2km程走れば千頭に着く、この362号は大変だが自転車で
走ってみたいと思いました。
・千頭では休憩しないで寸又峡へ走ります。でも何時でも走れる訳じゃないのです。
奥泉の1kmくらい手前で道路災害があり、8月4日から当分の間、時間帯通行止め
になっているからです。時間を見て行かないと1時間に10分しか通れない時もあるよ。
(千頭⇔奥泉間、時間帯通行止めは平日のみ)
・10時57分、寸又峡の入口、町営駐車場へ到着。平日なのでガラガラです、
奥の方にも駐車場が有るようですが、ここから歩いて温泉場を散策しながら
ハイキングコース「寸又峡プロムナードコース」へ行きます。   つづく

Dscf4621 Dscf4623 Dscf4624

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

469 | お花見サイクリング | なまかとツー | エクストレイル | スーパーカブ110 | スーパーカブで伊豆ジオパーク | スーパーカブで温泉へ | スーパーカブツーリング | スーパーカブ林道走り | センチュリオン購入 | デジカメ | 三ツ峠 | 三島、函南、韮山自転車 | 三方分山 | 上稲子から石神峠へ自転車 | 上高地 | 丸火自然公園 | 久能山・三保 | 乗鞍岳 | 伊豆・沼津山歩き | 伊豆自転車 | 位牌岳 | 修善寺もみじまつり | 入笠山 | 八ヶ岳高原自転車 | 勢子辻から越前岳 | 北海道旅行 | 十二ヶ岳 | 千畳敷カール | 吉田うどん自転車 | 呼子岳 | 城山・葛城山 | 大山 | 大弛峠自転車 | 大晦日自転車 | 大菩薩峠 | 大谷嶺・八紘嶺 | 天城山 | 天子湖、上佐野へ自転車 | 安倍峠 | 宝永山 | 富士五湖一周 自転車 | 富士五湖周辺山歩き | 富士五湖巡り 自転車 | 富士宮ポタ | 富士山一周自転車 | 富士山五合目へ自転車 | 富士山大砂走り | 富士山宝永山 | 富士山山歩き | 富士山御殿庭 | 富士山須山口登山 | 富士山麓線自転車 | 富士市に雪 | 富士市散策コース | 富士登山 | 富士登山お鉢巡り | 寸又峡と長島ダム | 尾瀬 | 山中湖自転車 | 山梨県、南部・身延自転車 | 山梨県自転車 | 山歩き | 岩本山 | 幕山 | 御坂山塊 | 愛鷹 黒岳 | 愛鷹林道 | 新年 | 新東名 | 旅行・地域 | 日光 | 日記・コラム・つぶやき | 昇仙峡 | 朝霧周辺山歩き | 朝霧高原 | 村山古道 | 東京モーターショー | 松野、蒲原、自転車 | 林道富士愛鷹線 | 栂池自然園 | 毛無山 | 河口湖周辺歩き | 河口湖自転車 | 河津桜まつり | 沼津アルプス | 浜石岳 | 湯河原梅林 | 焼津へツーリング | 田貫湖・朝霧自転車 | 白馬八方尾根 | 福士川渓谷自転車 | 秋の京都へ | 竜ヶ岳 | 竜爪山 | 第二東名 | 箱根→須山ツーリング | 箱根 長尾峠→熱海峠ツー | 箱根大涌谷から早雲山 | 箱根山歩き | 箱根畑宿から関所跡 | 箱根神山 | 箱根自転車 | 精進湖パノラマ台 | 自転車 | 自転車オフ会 | 自転車事故 | 自転車整備 | 自転車部品小物 | 興津川自転車 | 芝川自転車 | 芦ノ湖一周自転車 | 薩た峠歩き | 西沢渓谷 | 西湖、河口湖、紅葉巡り自転車 | 西湖周辺歩き | 越前岳 | 越前岳 冬 | 越前岳 愛鷹つつじ | 越前岳 雪 | 身延山 | 身延山自転車 | 釣り | 静岡、清水ポタ自転車 | 須津川渓谷 | 須津川渓谷自転車 | 高尾山 | 鬼ヶ岳 | 黒部・立山