2010年8月29日 (日)

JR鉄道最高地点へ 2

8月27日(金)

・JR最高駅 野辺山 標高1345.67m なんか面白い建物だなぁ~。

・中を覗いて見た、クラシックだ。

・天井からの吊り照明
Dscf2425 Dscf2429 Dscf2428

・駅前にある「銀河公園」、かつて小梅線を走っていた蒸気機関車「C56-96」が
展示されている。
目的達成、ここから小淵沢へ引き返す。

鉄道最高地点まで戻り、R141号を下る、途中、県615号「美し森清里線」へ右折、
直線的な上り坂、左側には有名大学の寮とか林間学園がある。
ひっそりとして変化なしの面白くない道だった。

・県11号、八ヶ岳高原ラインに入ると下り基調のカーブが続く変化のある道になる。
東沢大橋「赤い橋」、今回もお山は見えず。

・東沢大橋からすぐの所に「まきば公園」がある。
12時4分、ここで昼飯にした。
Dscf2431 Dscf2438 Dscf2440

・写真では分かり難いが、駐車場も混んでいるし、レストハウスの方は人が一杯だ。
関東方面の車が多い、熱地獄の都会から脱出して涼んでまた帰る、
ほとんどの人達が車のドライブだけを楽しんでいるようだ。

・前回、ここの「まきばレストラン」で食事したが、今回はどの辺でお昼になるか
分からなかったので、道の駅手前のローソンでおむすびを買って来た。

質素です、焼きたらこ125円、昆布105円、それとミニドーナッツ3個126円、
以上が昼飯です。

・昼飯を食べたら八ヶ岳高原ラインを下ります。
夏の高原ラインはちょっと単調です、やっぱ唐松が黄葉する秋がベストでしょう。

違ったコースを考え、また秋に走ってみたいと思っています。

Dscf2444 Dscf2443 Dscf2446

| | コメント (1)

2010年8月28日 (土)

JR鉄道最高地点へ 1

8月27日(金)

09年10月、紅葉の八ヶ岳高原ラインを走りました。
今回、夏に行ったらどうかなと思い行って来ました。

JR鉄道最高地点と最高駅野辺山も見に行きました。

・8時10分、道の駅「こぶちざわ」から出発です。
駐車場は朝空いていたけど、戻って来た時には混んでいた、自転車を後部座席に
積んで来たので積む時は車を移動した。
そうだ、カーキャリアを買ってから一度も使ってない、こんな時は便利だろな・・・

・小梅線、甲斐小泉駅
駅の近くには、凄く立派な「平山郁夫シルクロード美術館」があった。

甲斐大泉駅までの「泉ライン」は別荘地の中を走る道だ。
八ヶ岳や富士山が見える時は「レインボーライン」の方がいい。

・八ヶ岳高原大橋、渡る前に「玉山橋」から眺めてみた。
大橋を渡ってからの坂道は辛い。
Dscf2369 Dscf2370 Dscf2373

・清里駅で休憩する、女性二人の自転車海苔がいた、女性だけなんて
山歩きではよく見かけるけど、自転車では珍しい事だ、しかもペダルには
トークリップが付いていた。
少しお話した、輪行で来て、これから韮崎へ下りるそうだ。

・野辺山へ向け出発、R141を少し走るが旧道の標識を見て右折する。
小梅線を渡り、大門川も渡る。

車が殆ど来ない旧道は自転車で走るにはいい。
帰りはR141を走ったが、旧道にしておけば良かった思った。

Dscf2389 Dscf2391

・標高1375m、日本鉄道最高地点の碑、小梅線南側にある。

・10時28分、列車が通過、(゜o゜) 煙が見えた、そうか、ディーゼル車か。

・小梅線北側にあるJR鉄道最高地点の碑と小さな神社
Dscf2396 Dscf2398 Dscf2405

・線路北側のお店のテラスでアイスクリームを食べる、ブルーベリーのジャムを
かけて350円、看板に自家製なんとか・・・って、書いてあったけど
確かに美味しいです、お奨めです。

・最高地点から野辺山駅手前まで、一直線の線路と道路が1.5km続く、
線路脇にはコスモスが咲く、ここで列車がくれば最高なんだが・・・

・道路沿いには八ヶ岳をバックに広いキャベツ畑があり、高原らしい風景の
中を走れる。                       つづく
Dscf2408 Dscf2418 Dscf2421

| | コメント (1)

2010年8月27日 (金)

JR鉄道最高地点と八ヶ岳高原ライン

8月27日(金)

道の駅「こぶちざわ」からJR鉄道最高地点と野辺山駅まで行き
八ヶ岳高原ラインを下りました。

朝4時に起きて仕度をするが、少し早いので30分くらい寝てから出掛けた。

8時10分、道の駅「こぶちざわ」出発→小梅線沿いに走る→甲斐小泉駅→
9時1分、甲斐大泉駅手前で28号へ右折→9時11分、八ヶ岳高原大橋→

9時52分、清里駅→国141号→旧道→10時27分、JR最高地点→小梅線沿いに走る
→10時59分、野辺山駅→小梅線沿いに戻る→R141から県615、美し森清里線→

県11号、八ヶ岳高原ライン→11時56分、東沢大橋→12時4分、まきば公園で昼飯
→13時10分、道の駅「こぶちざわ」へ戻る      52km  また後でレポします。 

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

紅葉の八ヶ岳高原ラインを走る5

10月27日
にわか雨が降ってきたが、まきば公園でのんびりしていたら
紅葉巡りに最適な天気に戻りました。

これも、日頃の行いのおかげです(・へ・) なんちゃって(^_^)

唐松は尖がり三角が整然と並んでいるのがいい、匂いもいい、黄葉もいい、
風が吹き落葉する時、日に当たるとキラキラして綺麗でいい。

・唐松林のカーブを過ぎるともみじがあった。
・唐松と青空
Dscf3140 Dscf3149












カーブを曲がると、紅葉した景色の正面に前三ツ頭2364m、三ツ頭2580mが見える。

地図を見ると判るが八ヶ岳高原ラインは八ヶ岳牧場まで、くねくねと大きく曲がり
ながら緩やかに下って行く、カーブから出ると、三ツ頭を正面に道路沿いに紅葉した
景色が現れる。
その素晴らしい景色にカーブを曲がる度に自転車を停め、景色を眺めては写真を撮るの
繰り返し、走る速度もペダルをクル・・・クルっと回す程度で超スローペースです。

平日で車も少ないので、静かな高原の紅葉をじっくり楽しめます。

今日は走行距離を欲張らなかった分、のんびり出来ます。

Dscf3165 Dscf3179











Dscf3184 Dscf3187












・このカーブが終わると八ヶ岳牧場の中を走る道路になる。

・牧場の中を貫く道路は唐松並木になっている。
一直線に並ぶ唐松に西日が当たり綺麗です。

Dscf3191 Dscf3196












・自転車を停めて、道路北側の牧場をのぞいて見る。

・絵に描いた様な景色じゃん! まさに八ヶ岳牧場だ!(゜o゜) これだよ!!!

Dscf3199 Dscf3202












・南側も覗いてみた、牛さんがのんびり牧草を食べていた。

・高原ラインを南へ下る頃には、お日さんは西の雲に隠れ、15時54分、道の駅に着く。

帰り、中央自動車道、甲府南ICを16時50分頃出る、ETC通勤割引使えず、まあ~いいか。
18時過ぎに自宅着。

要領は分かったので、来年も八ヶ岳高原を走ろうと思います。

Dscf3205 Dscf3209_2

| | コメント (1)

2009年11月 5日 (木)

紅葉の八ヶ岳高原ラインを走る4

10月27日
川俣川渓谷に架かる東沢橋を渡る。
少し坂道を登り、本日の最高地点1480mの新富嶽百景58、県営八ヶ岳牧場に着く

・雲が更に厚くなり富士山どころではありません。
にわか雨が降ってきました!今度は結構濡れそうです。
道の先に「まきば公園」の建物が見えるので下って行く。

・12時54分、まきば公園に着く、雨宿りになるし、予定通りここでお昼にする。
ところで、ここに何があるか知らないのにお昼を決めていました。
自転車にカギを掛け中に入って行く、レストランがありました。

「まきばレストラン」といい、南東側に標高1450mのパノラマの景色が広がっている。
30席くらいは団体の予約席、残りの40席くらいは満席です。
入口の順番待ち表に○○1名と記入して待ちます。

雨も更に降ってきたので丁度いいです。しかし、食事している人達、待っている人達、
みんな、家族連れやカップル、自転車海苔の一人オヤジには不似合いの様な
気がしますが、気にしません。

・13時38分、30分ちょっと待ったでしょうか、漸く席に着けました。
レストランから見る景色は素晴らしい、混む筈です。
ワインボトルがお冷です、洒落てます。
Dscf3058 Dscf3062 Dscf3065








・高い物は無理です、中村牧場のハーブ卵を使った「まきば特製オムピラフ」1130円、
これにしました。
まあまあです。雰囲気と景色で元がとれます。おまけにソフトクリームの100円券を
貰えます。

・100円のソフト

・食べ終わった頃には、雨も上がり日が差してきました。目の前の牧場公園が
素晴らしいので自転車で下りて行きました。(車が停まっていますが関係者の車で
一般の車は入れません)
Dscf3068 Dscf3069 Dscf3084








・一番上部の奥の方
・下の方へおります、正面、右側に雲がかかった富士山が見える。

・下の柵の中にいる羊、面白いです。最初近づいた時にびっくりして、皆走って逃げます。
でも暫くすると、皆で一斉にこちらを見ながら近寄ってきます。
なんなの? 君達!
Dscf3095 Dscf3098 Dscf3107








・紅葉した森の奥にも牧場があり牛が10数頭くらい見える。

・東屋でお茶を飲んで高原の景色を楽しむ。

・14時42分、のんびりしました。ここでも赤岳は見れず、またの機会にね。

西に雲は無いので天気は崩れないでしょう。
さあ~、八ヶ岳高原ライン下りをしますか。              つづく           
Dscf3126 Dscf3132 Dscf3134

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

紅葉の八ヶ岳高原ラインを走る3

10月27日
吐竜の滝を見てから林道をエッチラ、オッチラ、登り返して28号へ戻る。

・小梅線を乗り越える道を行けば、緩やかな直線の坂道になる。
晴れ間になり道路も乾いてきた、左側に八ヶ岳高原らしい景色が見える。

・清里トンネルが見えた所で右折する。すぐ小梅線の踏み切りに当たる。
丁度、清里駅に入る電車が来た、吐竜の滝の高架橋で見たかったな~。

・平日の閑散とした清里の駅前通りを抜け、小高い場所にある清里駅に着く、11時48分。
駅前には旧小梅線で活躍していた蒸気機関車C56、149号が綺麗に塗装され
展示してある。周辺も改装工事中で綺麗な駅になる事でしょう。

Dscf2995 Dscf3001 Dscf3005








駅舎の方へ自転車を押して歩く、駅舎南側に駅前を見渡せるベンチがあった。
あっ!ここ景色も良いし自転車も置ける(^。^)
ここで、ちょっとエネ補給します。お昼ではありません。

超有名ブロガーの昨日の続きしまださんの10月12日の「八ヶ岳高原・七里岩ライン」
のツーリングレポを見て、「まきば公園でお昼にすれば良かった・・・」を参考に
今日は、まきば公園でお昼と決めているからです。

・清里駅は標高1284m、JRグループの中で2番目に高い駅です。
そんな駅のお弁当屋さんの横のベンチで、おむすび1っ個と、もっちりドーナツ
あんパン半分を食べる。

・家から魔法瓶に入れてきたお茶を飲みながらまったりする。
これでハンガーノック無しです。

・清里駅から清泉寮コースで、八ヶ岳高原ラインまで標高差180m登ります。
雲が増えてきて暗くなり、赤岳は雲の中、正面「牛首山」も雲に隠れそうです。
気持ちがちょっとブルーになってきました(-_-)
Dscf3016 Dscf3014 Dscf3020








・清泉寮にきました、ドライブやツアーの人達
には良いポイントかもしれませんが
自転車海苔には普通の場所です。
写真だけ撮っておきます。右側が清泉寮、パン&ジャム工房

・ここはレストラン本館、2階がレストラン、1階がお土産やソフト売り場みたい
中には入りません。
また坂を登る、雨がポツポツ降ってきました。
漸く八ヶ岳高原ラインに出る、T字を左に曲がり標高1470m辺りを走る。
ポツポツ雨が降っていますが、もうこのまま行くしかありません。
雨なんて・・・(ーー;)、雨具を持って来なかったし、しょうがなし、山の天気は不安定。

・東沢大橋の駐車場に着く、丁度、雨が止んできました、ラッキー!
駐車場の赤いドウダン越しに赤い東沢橋が見える。
お店屋の近くの階段を下りて橋を眺めた、紅葉は見頃を過ぎた様です。

Dscf3023 Dscf3027 Dscf3033








・駐車場から出て橋へ、橋の近くへ降りてみる。

・自転車を置き、川俣川渓谷のギリギリの所まで歩いて行く、
渓谷を覗き込んだり、橋を見たり。

・橋の上でパチリ、牛首山は見えるけど、バックの赤岳は見れませんでした。
次回のお楽しみです。                          つづく
Dscf3038 Dscf3041 Dscf3042

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

紅葉の八ヶ岳高原ラインを走る2

10月27日
レインボーラインから県28号北杜八ヶ岳公園線に入る。
若林の交差点から八ヶ岳高原大橋まで標高差200m、清里駅までは400m登る.。

坂道登りは楽ではないです。汗を掻いてきたので途中から袖なしウィンドブレーカーに
着替える。

・道路の上を渡る高架橋が見えて来ると、八ヶ岳高原大橋はすぐそこです。
大橋を上から眺める為に高架橋「たまやま橋」へ上る。
生憎、雲が増えてきました。青空の下で大橋の景色を見たかったけどしょうがないか・・・

・したへ下り大橋を渡ろうと思ったら少し雨が降ってきた、気温も低くなったので
高架橋の下で長袖のウィンドブレーカーに着替える。
山の天気です、すぐ止みました。
大橋でバチバチ写真を撮る、赤岳は雲の中、中央左に見えるのは三ツ頭でしょうか?

・南側を見れば富士山が見えます。ちょっと見難いけど中央に見えてます。
Dscf2886_2 Dscf2933_4 Dscf2915_3 










・真下には川俣川が流れている。富士市の須津川渓谷橋も規模が小さいけど
こんな感じです。

・大橋で十分景色を楽しみ清里へ向かって走り出す。八ヶ岳を左前方に見ながら
縦溝が切ってある坂道を登って行く、
急に、にわか雨が降って来ました。
多少濡れた程度、日は出ています。

・谷の方をふと見ると(゜o゜) 虹が出ています!感動もんです!
写真にもガードレールの向こうにハッキリと写っています。

Dscf2938_3 Dscf2946_4 Dscf2952_5








・虹は道路を走っている乗用車には見えなくて、バスから下を見れば見える位置にある。
八ヶ岳高原は紅葉と虹で迎えてくれました。ラッキ~\(^o^)/
今日、来てよかったなぁ~と思った。

・28号を八ヶ岳を見ながら川俣川東沢沿いに登って行きます。

・坂を登りきったかなぁ~と思った場所に「吐竜の滝」の標識、行ってみましょう。
でも、折角登って来たのに沢に下りてしまいます。
さっきのにわか雨で路面が濡れている。
Dscf2959 Dscf2972 Dscf2975








・沢に下りると道路脇に車が5~6台停まった駐車場がありました。
自転車にカギを掛け、川俣川東沢沿いの遊歩道を上流に向かって歩く、
沢の音が大きくなって来ると、小梅線の高架橋が見えてくる。
一眼レフを持った紅葉狙いのカメラマンが数人いる。

・沢に架かる橋を渡り対岸へ

・少し川岸を歩くと、対岸の岩場に吐竜の滝があった。
高さ10m幅15m、岩間から流れる滝は日本庭園のような趣があります。
八ヶ岳周辺の紅葉スポットの一つでした。             つづく

Dscf2993 Dscf2982 Dscf2990

| | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

紅葉の八ヶ岳高原ラインを走る1

10月27日(火)

台風20号が伊豆の南海上を通過した次の日、
以前から自転車で走ってみたいと思っていた八ヶ岳高原へ行く。

朝5時起床、6時半前に出発、白い帽子を被った富士山を横目で見ながら朝霧高原を
車で飛ばす。

長ーい、左右口トンネルをぬけ、358号ブルーラインを甲府盆地へ下る。
甲府も晴れているが、南アルプスや八ヶ岳の山頂は雲に隠れている。
八ヶ岳の南東に大きな雲の塊が居座っているのが妙に気になった。

小淵沢ICを下り、途中のセブンへ寄る(地図には無いがすぐ上にローソンもあった)
朝霧のセブンで、おむすび1っ個、つぶあんぱん1っ個、買って来たが
もっちりあんドーナツを買い増しする、ついでに肉まんを買って食べる。

道の駅「こぶちざわ」に8時27分着、仕度をして9時6分に走り始める。


・道の駅こぶちざわから出発

・大泉まではレイボーラインを走る事にした、道の駅からこんなに下っていいのってくらい
下ってしまう、でも小泉小学校の近くになると少し登り坂になり、権現岳の分岐
右に三ツ頭、左に編笠山が見えてくる。

この先の交差点を左折し、少し北に上れば新富嶽百景60小荒間がある様だが
そのまま直進する。


・すると、緩やかな斜面に造られた田んぼの中を貫く平坦な道になり、東へ進む。
南に富士山、北に八ヶ岳を眺めながら走れる。
ただ通過するには、勿体ないので少し脇道に入って風景を撮る。

Dscf2844_2 Dscf2845_2 Dscf2869_2








・ちょと北に田んぼ道を上る
・この辺で南へ向き富士山撮り
・西を見れば鋸岳、甲斐駒ヶ岳へ続く分岐、甘利山や雨乞岳でしょうか?

Dscf2854 Dscf2863 Dscf2859








・レイボーラインに戻り少し走って、また景色の良い脇道へ入ってしまう、今度は南です。
富士山撮り、だいぶ小さくみえるなぁ~。
・ここでも西を見て
・のんびりと道草を食ってしまう、まあ~いいさ、一人旅だから
漸く北杜八ヶ岳公園線県28号の若林交差点に出る。9時56分   つづく
Dscf2873 Dscf2878 Dscf2879

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

469 | お花見サイクリング | なまかとツー | エクストレイル | スーパーカブ110 | スーパーカブで伊豆ジオパーク | スーパーカブで温泉へ | スーパーカブツーリング | スーパーカブ林道走り | センチュリオン購入 | デジカメ | 三ツ峠 | 三島、函南、韮山自転車 | 三方分山 | 上稲子から石神峠へ自転車 | 上高地 | 丸火自然公園 | 久能山・三保 | 乗鞍岳 | 伊豆・沼津山歩き | 伊豆自転車 | 位牌岳 | 修善寺もみじまつり | 入笠山 | 八ヶ岳高原自転車 | 勢子辻から越前岳 | 北海道旅行 | 十二ヶ岳 | 千畳敷カール | 吉田うどん自転車 | 呼子岳 | 城山・葛城山 | 大山 | 大弛峠自転車 | 大晦日自転車 | 大菩薩峠 | 大谷嶺・八紘嶺 | 天城山 | 天子湖、上佐野へ自転車 | 安倍峠 | 宝永山 | 富士五湖一周 自転車 | 富士五湖周辺山歩き | 富士五湖巡り 自転車 | 富士宮ポタ | 富士山一周自転車 | 富士山五合目へ自転車 | 富士山大砂走り | 富士山宝永山 | 富士山山歩き | 富士山御殿庭 | 富士山須山口登山 | 富士山麓線自転車 | 富士市に雪 | 富士市散策コース | 富士登山 | 富士登山お鉢巡り | 寸又峡と長島ダム | 尾瀬 | 山中湖自転車 | 山梨県、南部・身延自転車 | 山梨県自転車 | 山歩き | 岩本山 | 幕山 | 御坂山塊 | 愛鷹 黒岳 | 愛鷹林道 | 新年 | 新東名 | 旅行・地域 | 日光 | 日記・コラム・つぶやき | 昇仙峡 | 朝霧周辺山歩き | 朝霧高原 | 村山古道 | 東京モーターショー | 松野、蒲原、自転車 | 林道富士愛鷹線 | 栂池自然園 | 毛無山 | 河口湖周辺歩き | 河口湖自転車 | 河津桜まつり | 沼津アルプス | 浜石岳 | 湯河原梅林 | 焼津へツーリング | 田貫湖・朝霧自転車 | 白馬八方尾根 | 福士川渓谷自転車 | 秋の京都へ | 竜ヶ岳 | 竜爪山 | 第二東名 | 箱根→須山ツーリング | 箱根 長尾峠→熱海峠ツー | 箱根大涌谷から早雲山 | 箱根山歩き | 箱根畑宿から関所跡 | 箱根神山 | 箱根自転車 | 精進湖パノラマ台 | 自転車 | 自転車オフ会 | 自転車事故 | 自転車整備 | 自転車部品小物 | 興津川自転車 | 芝川自転車 | 芦ノ湖一周自転車 | 薩た峠歩き | 西沢渓谷 | 西湖、河口湖、紅葉巡り自転車 | 西湖周辺歩き | 越前岳 | 越前岳 冬 | 越前岳 愛鷹つつじ | 越前岳 雪 | 身延山 | 身延山自転車 | 釣り | 静岡、清水ポタ自転車 | 須津川渓谷 | 須津川渓谷自転車 | 高尾山 | 鬼ヶ岳 | 黒部・立山