2014年10月22日 (水)

伊豆ジオサイト 堂ヶ島園地

10月8日(水)

一色枕状溶岩→烏帽子山→千貫門→室岩洞→枯野公園、沢田公園→

そして最後、堂ヶ島園地です。

・13時53分、加山雄三ミュージアム前、バイク専用駐車場に停める。

・地下道を通り遊覧船乗り場へ

2014_10080210 2014_10080211

・遊覧船には乗らないで堂ヶ島園地歩きです。

・遊覧船は相方と来た時にしよう。

2014_10080213 2014_10080215

・亀島、蛇島を見に下ります。

・亀島とその向うに蛇島、縁まで行ってもいいけど落ちた事を考えると止めときます。

2014_10080217 2014_10080218

・展望台へ行く為の階段、一色枕状溶岩以外は、どこのジオサイトも登り下りが
あり体力を使います。

・展望台の見晴らしはイマイチ、今度は下りの階段。


2014_10080224 2014_10080226

・天窓洞、丁度よく遊覧船がきました。

・散策後、加山雄三ミュージアムで休憩です。只コーヒーを頂きました。

これでジオサイト巡りは終了、後は帰るのみ、温泉に寄る時間はなし。

2014_10080232 2014_10080237

・14時48分、土肥のセブンで休憩です。ここのバス停が落ち着いていて
休憩場所にベストポイントです。

・アイスを食べてからガソリン1Lを補給します。これで安心です。

センターバックは携行缶を入れるのに丁度いい、なんか携行缶専用バックです。

2014_10080239_2 2014_10080240 

5時から17時30分、走行距離230km

走って、歩いて、走って、歩いての繰り返しの西伊豆ジオサイト巡り、
走って良し、見て良し、歩いて良しの充実したツーリングでした。

体力が衰えたらグルメツーリングにでも切り替えようか、
まあ~、それまでは、今のツーリングパターンが一番いいな。

| | コメント (0)

2014年10月18日 (土)

伊豆ジオサイト 枯野公園、沢田公園

10月8日(水)

一色枕状溶岩→烏帽子山→千貫門→室岩洞 次は 枯野公園、沢田公園

沢田公園を目指した、でも行き過ぎて堂ヶ島まで行ってしまい戻った。

・13時26分、沢田公園の駐車場は工事中なので入れず、
そのまま道なりに行くと、また別な駐車場があったのでカブを停めた。
そこが枯野公園だった。

・堂ヶ島のすぐ近くなのに観光客は0、海岸へ降りる階段に流木や岩が乗っていた、
台風の影響か。


2014_10080184 2014_10080185

・奥の方まで歩いて引き返す。

・北側の岩山の階段を登って、漁具倉庫みたいな小屋の横を更に奥へ。


2014_10080189 2014_10080192

・沢田公園が見えてきた。

・柵が壊れているけど、大丈夫かなと思いながら登った。

2014_10080193 2014_10080194

・沢田公園とその後ろに堂ヶ島が見える。

・登って来た方の海岸

2014_10080196 2014_10080197

・工事中だと思ったら台風で壊れた小屋を片付けていた。

・堂ヶ島からの遊覧船、乗ってみたいね。

2014_10080198_2 2014_10080203

・沢田公園から見る烏帽子山

・右上にある無料の露天風呂はカギが掛けられていた。

2014_10080208 2014_10080209

家に戻ってから調べたら枯野公園には別に遊歩道があった。
また次の機会にしよう。                        
つづく

| | コメント (0)

2014年10月15日 (水)

伊豆ジオサイト 室岩洞

10月8日(水)

一色枕状溶岩→烏帽子山→千貫門→次は室岩洞

千貫門の後は帰り道のジオサイトへ寄っていきます。

・12時53分、R136沿いにある駐車場にバイクを停めた。
室岩洞入口は反対側にあり、カーブの道路を渡るので注意する必要がある。

・下へ下りる土留めの階段は台風の影響か傷んでいる。
側面の岩穴に、この赤いカニが一杯いたのが印象に残る。

2014_10080163 2014_10080166

・石を切り出した洞窟はかなり広い、中は照明が点灯されているので安心して歩ける。
いきなりの石像にちょっとびっくりする。

・順路表示に従って進む。

2014_10080169 2014_10080170

・腰を屈めて外に出る場所がある。

・細い道を歩いて行けば石材の積み出し場に出る。
でも海岸から高い場所、石材を滑らせて降ろしたそうです。

2014_10080181 2014_10080179

伊豆の無料の観光スポットは十分楽しめます。          つづく        

| | コメント (0)

2014年10月13日 (月)

伊豆ジオサイト 千貫門

10月8日(水)

ジオサイト巡り、一色枕状溶岩→烏帽子山、雲見浅間神社、次は千貫門だ。

烏帽子山から見えたので海岸へ下りる道は分かったが、
入口が不明な為、神社本殿を清掃していた人に教えてもらった。

民宿集落裏の大田川沿い遊歩道から橋を渡れば入口だ。
カブは遊歩道に停めた。車では駐車場を探さなければならない。

・11時16分、橋を渡る。

・山を越えるあたり、台風18号の影響で倒木が道を塞ぐ。

2014_10080108 2014_10080113

・千貫門が見えた。おう~、凄い!

・これも台風の影響か、落石で遊歩道と柵が破壊されていた。
奥に見えるのが登った烏帽子山だ。


2014_10080114_3  2014_10080160_3

・千貫門、海岸へ下りて見上げると、ど迫力、半漁人に見える、不気味だ。
海岸へ上陸寸前の怪獣だ!

・近くへ行ってみよう。


2014_10080119 2014_10080123

・正面から見る為に海岸を南へ歩く、岩ゴロで歩き難い。

・この辺が正面、ここまで来た甲斐がある景色だ。
断崖に囲まれた海岸で一人ぼっちで見ていると、迫力があり過ぎて怖いくらいだ。

この感じを味わいたい人、シーズンオフに誰も居ない時、一人で来て見てください。

ただし、天気予報をよく見て、風が弱くて波の低い日にね。

2014_10080125 2014_10080132

・海岸線は南北に長い、黄金崎、浮島海岸は端まで歩いたが、ここは無理、
千貫門へ戻る事にした。正面に烏帽子山が見える。

・崩壊している場所を下から見上げる。もし落石がしたらと思うとこれ以上
近づけない。

2014_10080141 2014_10080142

・登った烏帽子山が見える。この辺から見る景色も何か感動する景色だ。

・昼飯にしたいが、どこが良いかまよう。

大波が来ても大丈夫で、千貫門が崩れても大丈夫で、下りて来た断崖から
の落石があっても大丈夫な場所、この岩陰にした。

2014_10080147 2014_10080150

・何時もの昼飯、今まで巡ったジオサイトで食べた昼飯の中で最高の場所だ。
はたして、この先、ここを越える昼飯場所があるのか・・・。

・帰りの遊歩道からススキ越しに見る烏帽子山。

烏帽子山、千貫門も最高でした。セットで巡れば感動も倍増です。  つづく

2014_10080152 2014_10080159

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

伊豆 烏帽子山 雲見浅間神社参拝

10月8日(水)

スーパーカブでのジオサイト巡り

一色枕状溶岩の次の場所、雲見の烏帽子山です。

松崎からR136を南下する。雲見に入る前、海からそそり立つ烏帽子山が
見えてくる。

・10時、家を出て約5時間、R136沿いにある参拝者用駐車場に着いた。
1台車が停まっていたが、神社の掃除をしていた人で参拝者は私だけ。

・先ずは拝殿まで約130段の石段登り。

2014_10080062 2014_10080065

・拝殿から更に320段の見上げる石段を登る。ジオサイト巡りは体力が必要だ。

・中之宮、ここから上は登山道だ。

2014_10080070 2014_10080072

・登山靴で参拝するのがベスト。

・本殿前の岩を削った道(左側)

2014_10080077 2014_10080079

・この石段を登れば本殿

・本殿横にある石段を登れば展望台(山頂の大岩を削って造ってある)

2014_10080080 2014_10080083

・登ってびっくり、よくこんな場所に造ったもんだ。(高さ164mの1畳半くらいの展望台)

・漁船が下を通過して行くが凄く小さく見える。
下を覗き込むと足がすくむ、恐ろしい高さ!

2014_10080099 2014_10080084

・雲見浅間神社、本殿の屋根と雲見の民宿。

・これから行く千貫門が海の中に見える。地殻変動が造った素晴らしい景色だ。

2014_10080086 2014_10080088

・展望台でお団子を食べる。

・帰りの急な石段、つまづき転んだら大怪我だ、慎重に下りる。

2014_10080093 2014_10080104

登りに16分、下り14分、休憩入れ50分のジオサイト参拝でした。   つづく

| | コメント (0)

2014年10月10日 (金)

伊豆ジオサイトへの道

10月8日(水)

スーパーカブでの伊豆ジオサイト巡り、浮島海岸まで行った。
今回は更に南下してみた。

伊豆は遠い、朝4時起き、5時9分、暗い内に出発した。

平日の通勤時間帯を避ける為には、どうしても5時には出たい。

沼津口野から県17号で南下、古宇から県127号、県18号で戸田峠、
西伊豆スカイラインから県411号、県59号を下り西伊豆町へ

朝の峠越えは冷える、新城峠から戸田峠はなぜか風が吹き荒れる。

・6時48分、西伊豆スカイライン、富士山が見える。谷底では鹿が鳴いていた。

・カブで2度目の仁科峠、また今回もガスっている。

2014_10080018 2014_10080026

・県59号を西伊豆町まで下りる。台風直後で路面が心配だが走ってみたかった。

・見通しの悪いカーブをクネクネと下りて行く、一度だけ開けた場所に出たが
また見通しが悪くなる。

県411号仁科峠宇久須線も良かったが、県59号伊東西伊豆線も走って良かった。

2014_10080027 2014_10080029

・ジオサイト巡りの道って感じ。

・仁科川沿いに59号を下る。自転車で走る、山で歩く、また違った楽しさ。


2014_10080033 2014_10080038

・一色の枕状溶岩ジオ、入口が分からず大分下まで走ってしまった。
どうもおかしいと思い引き返し、見つけた小さな看板の脇道を入った所が
目的地だった。

・8時20分、家から3時間ちょっと、最初のジオサイトに着いた。
地質年代2000~1500万年前、伊豆半島最古の地層です。

腹が減ったので、ここで菓子パンを食べた。

2014_10080041 2014_10080049

・ジオパークのパンフレットがほしかったので松崎町ビジターセンターへ寄った、
中瀬邸の倉が無人のビジターセンターだった。

・松崎町観光協会にも寄った。

今日は堂ヶ島付近だけと思っていたが、時間に余裕があるので雲見へ行く事に
した。                                   つづく

2014_10080051 2014_10080061

| | コメント (0)

2014年10月 8日 (水)

伊豆ジオサイト巡り 千貫門

10月8日(水)

マイブームのスーパーカブでの伊豆ジオサイト巡り。

5時9分出発、17時30分着。 走行距離231km

行った場所

一色枕状溶岩、烏帽子山、千貫門、室岩洞、枯野公園、沢田公園、

堂ヶ島公園

よく走った、よく歩いた、一日でした。

烏帽子山、山頂、雲見浅間神社から見下ろす千貫門、
斜めの道を下りれば海岸へ出ます。

2014_10080100

千貫門です。

ど迫力です。

一人ぼっちの海岸、怖さを感じる景色です。

                              また後でレポします。

2014_10080133

| | コメント (2)

2014年9月 9日 (火)

燈明ヶ崎遊歩道歩き3

9月3日(水)

燈明ヶ崎遊歩道を歩き、浮島海岸の端まで行って田子瀬浜海岸に戻ってきた。

11時26分、1時間25分間、休憩なしで遊歩道の登り下り、ゴロタ石の歩きと
結構キツかった、脚がパンパンになった。

・田子へ戻ってきた。

・田子瀬浜海岸、こじんまりしている。

2014_09030127 2014_09030128

・景色の良い浮島海岸へ戻り、昼飯にした。

・兎に角暑いので木陰で食べる事にした。

2014_09030149 2014_09030140_2

・今日のおにぎりは自分で作った、見た目は悪いが美味しかった。

・食後のコーヒーを飲んでから昼寝、涼しくて気持ちが良かった。

2014_09030132 2014_09030139

13時9分、浮島海岸から帰路につく、土肥に13時40分頃、日帰り温泉に寄ってみた。

・「元湯温泉」、開いていないと思ったら14時からだった、待っても開かなかった、
おかしいと思った、今日は火曜日、ここの定休日は水曜日、おかしい?

携帯でカレンダーを確認、今日は水曜日だった、やっちまった!

・30分ロスした。「楠の湯」へ、丁度入れ替わりで貸切状態だった。

2014_09030153 2014_09030154

・風呂上りのアイスはセブンで、目の前のバス停に座る所があった。

・海岸線を走り戸田へ、15時16分、海水浴シーズンも終わった静かな浜へ
行ってみよう。

2014_09030155 2014_09030157

・駐車料も取られない静かな浜、大きな松がどーんと、落ち着くね~。

・砂も綺麗、湖の様な海面、ほっとする景色です。

2014_09030158 2014_09030160

後は海岸線をひたすら走り、17時半に自宅に着いた。

早朝の西伊豆スカイライン、汗びしょになった燈明ヶ崎遊歩道、

岩脈のある浮島海岸、貸切の日帰り温泉、落ち着いた戸田海岸、

充実したツーリングでした。 次は堂ヶ島かな・・・。

| | コメント (0)

2014年9月 8日 (月)

燈明ヶ崎遊歩道歩き2

9月3日(水)

燈明ヶ崎遊歩道から浮島海岸を歩いてみた。
黄金崎海岸も歩いたけど、景色が良いと気持ちがいい。

・正面の島まで歩いてみよう。

・ゴロタ石歩きは脚の筋力を使う、楽ではない。

2014_09030096 2014_09030098

・左側を見たら綺麗な海岸が続いていたので歩く事にした。

・奥まで行ってみよう。

2014_09030099 2014_09030100

・海岸にそびえたつ奇岩、不思議な景色、歩いて来た甲斐があり。

・切り立つ断崖、近くまで行くと迫力あります。

2014_09030101 2014_09030107

・一番奥まで来た、戻ります。

・海岸歩きも面白いです。

2014_09030112 2014_09030110

・海岸から上がったら説明板があった。

・そうか、これがマグマの通り道、岩脈のある岩か。

2014_09030116 2014_09030117

・浮島海岸の入口

・さあー、田子瀬浜海岸へ戻りましょう。             つづく

2014_09030118 2014_09030120 

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

燈明ヶ崎遊歩道歩き1

9月3日(水)

スーパーカブでの伊豆半島ジオサイト巡りにちょっとハマったかな。

5時52分に出発し、西伊豆、田子瀬浜海岸に9時48分に着いた、約4時間、
時間もかかるし、体力も使う、でもカブだからいいのだ。

これが車では往き帰りの面白みが無いし、燃料代もばかにならない。

燈明ヶ崎遊歩道は田子瀬浜海岸から浮島海岸まで続く岬の遊歩道、
完歩するなら田子側から歩いた方が良い、浮島海岸を見た時の感動が大きい。

・田子瀬浜海岸、小さい静かな海岸だ、遊歩道は左側から入る。

・海水浴シーズンは終わったので駐車場は無料。

2014_09030068 2014_09030069_2

・10時2分、浮島海岸まで1.5km、標準時間45分。

・入ってすぐに階段、この遊歩道は階段が多い、運動してない人にはかなりキツイ。

2014_09030071_2 2014_09030072

・10時10分、一つ目の東屋まで8分、堂ヶ島方面も見える。

・気温も高く、階段登りもあり、汗びっしょりです。インナーのユニクロエアリズム
を触ると水を被った様に濡れている。

遊歩道は綺麗に整備されていた。この日は草刈の作業員が入っていた。

2014_09030076 2014_09030080

・東屋を過ぎるとあまり人が歩かないのか、蜘蛛の巣だらけだった、木の枝で
掃いながら歩いた。伊豆の歩きにもストックを持って来た方がいいかも、

特に海岸のゴロタ石歩きは、バランスがとれ安定すると思う。

・2番目の東屋、正面の白い岸壁の上に1番目の東屋があった。

2014_09030082 2014_09030087

・東屋を過ぎると浮島海岸へ下る、下る、帰りはここを登る、登るのだ。

・いよいよ浮島海岸

2014_09030088 2014_09030093

・浮島側遊歩道入口は洞窟の横から始まる。

・10時34分、約30分かかった。さあ~、次は浮島海岸の探索だー。  つづく

2014_09030095 2014_09030094

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

469 お花見サイクリング なまかとツー エクストレイル スーパーカブ110 スーパーカブで伊豆ジオパーク スーパーカブで温泉へ スーパーカブツーリング スーパーカブ林道走り センチュリオン購入 デジカメ 三ツ峠 三島、函南、韮山自転車 三方分山 上稲子から石神峠へ自転車 上高地 丸火自然公園 久能山・三保 乗鞍岳 伊豆・沼津山歩き 伊豆自転車 位牌岳 修善寺もみじまつり 入笠山 八ヶ岳高原自転車 勢子辻から越前岳 北海道旅行 十二ヶ岳 千畳敷カール 吉田うどん自転車 呼子岳 城山・葛城山 大山 大弛峠自転車 大晦日自転車 大菩薩峠 大谷嶺・八紘嶺 天城山 天子湖、上佐野へ自転車 安倍峠 宝永山 富士五湖一周 自転車 富士五湖周辺山歩き 富士五湖巡り 自転車 富士宮ポタ 富士山一周自転車 富士山五合目へ自転車 富士山大砂走り 富士山宝永山 富士山山歩き 富士山御殿庭 富士山須山口登山 富士山麓線自転車 富士市に雪 富士市散策コース 富士登山 富士登山お鉢巡り 寸又峡と長島ダム 尾瀬 山中湖自転車 山梨県、南部・身延自転車 山梨県自転車 山歩き 岩本山 幕山 御坂山塊 愛鷹 黒岳 愛鷹林道 新年 新東名 旅行・地域 日光 日記・コラム・つぶやき 昇仙峡 朝霧周辺山歩き 村山古道 松野、蒲原、自転車 林道富士愛鷹線 栂池自然園 毛無山 河口湖周辺歩き 河口湖自転車 河津桜まつり 沼津アルプス 浜石岳 湯河原梅林 焼津へツーリング 田貫湖・朝霧自転車 白馬八方尾根 福士川渓谷自転車 秋の京都へ 竜ヶ岳 竜爪山 第二東名 箱根→須山ツーリング 箱根 長尾峠→熱海峠ツー 箱根大涌谷から早雲山 箱根山歩き 箱根畑宿から関所跡 箱根神山 箱根自転車 精進湖パノラマ台 自転車 自転車オフ会 自転車事故 自転車整備 自転車部品小物 興津川自転車 芝川自転車 芦ノ湖一周自転車 薩た峠歩き 西沢渓谷 西湖、河口湖、紅葉巡り自転車 西湖周辺歩き 越前岳 越前岳 冬 越前岳 愛鷹つつじ 越前岳 雪 身延山 身延山自転車 釣り 静岡、清水ポタ自転車 須津川渓谷 須津川渓谷自転車 高尾山 鬼ヶ岳 黒部・立山