2013年8月18日 (日)

御殿場口から宝永山第二火口へ

8月15日(木)

暑いので山へ行って涼みたくて富士山へ行く事にした。
でもどこもマイカー規制なので御殿場口新五合目へ車で行く。

8時45分、第三駐車場から歩く→9時1分、大石茶屋→9時33分、二ツ塚分岐→
9時46分、四辻→9時59分、三辻→10時16分、小天狗塚→10時30分、御殿庭入口

11時2分、御殿庭上→11時30分、宝永山第二火口下で昼飯→
12時18分、山体観測装置→12時38分、御殿庭中→12時55分、御殿庭上

→13時22分、御殿庭入口→14時8分、四辻→14時41分、大石茶屋→15時58分、駐車場

1440mから2352m、標高差912m


・自宅を7時半頃出た、第三駐車場の離れた所に車を停めた、標高が低いので
涼しさはない。

・暑いのでTシャツで歩く事にした。

・大石茶屋、山頂登山の人達が多い。
Dscf3715 Dscf3717 Dscf3718

・二ツ塚方面へ行く人は少ない、カンカン照りで暑い、シャツの中で汗が流れる。

・四辻で北側からトレイルの若者二人が下りてきた、少し話す。
宝永山方面jへ行くと先に進んだ、装備は軽装、登山者とは明らかに違う。

・休憩しようと思っても木陰なし、三辻でやっと樹林帯に入り木陰で休憩、
もっちりドーナッツ半分でエネ補給。
Dscf3722 Dscf3737 Dscf3742

・三辻から御殿庭入口までの間はお初だ。

・コースには標識がいくつもあり迷う事はない。

・御殿庭上、唐松の根元に赤いオンダテが咲いていた、クリスマスツリーに見えた。
Dscf3748 Dscf3756 Dscf3769

・昼飯は第二火口南縁、宝永山が見える場所で

・火口を眺めながらチキンラーメンを食べる、静か~。

・昼飯後、もう少し登って山体観測装置まで、そこから水ヶ塚方面へ下り
御殿庭中から御殿庭上へ倒木帯を横切る。

ここを抜けると第三火口へ出る、花が一杯咲いている時期は秘密の楽園へ来たと
思うよ。
Dscf3779 Dscf3782 Dscf3804_2

・御殿庭上から入口へ下りて行く時、鹿の親子と遭遇、立ち止まってこちら
見ているので、こちらも相手の様子をうかがう、動こうとしない、根競べだ、

5分くらい経っても動かない、ザックを降ろしお茶を飲んで様子をみる、
動かない、10分くらいにらめっこした、もう飽きてきた。

私が猟師で鉄砲を持っていたら楽に仕留められただろう。
お互いに飽きてきて1歩、1歩と動き別れた。

・三辻へんから暑くなり喉もカラカラ、大石茶屋でカキ氷食いたい一心で下る。
やっと茶屋に着きイチゴミルク500円を注文、ここで食べるカキ氷は500円の価値あり、

3000円のどんぶり山盛りカキ氷もあるよ。

・駐車場では何時ものNPOの「おもてなし給水」があった、今回、足湯もあった。
Dscf3815_2 Dscf3825_2 Dscf3826_2 

| | コメント (2)

2013年8月17日 (土)

須山御胎内へ

8月17日(土)

9時半に側道チャリ、寝違えた左肩が痛い、自転車は少し止めた方が
いいかもしれない。

今日は相方と出掛けた、気軽に世界遺産富士山へ昼飯食べに行く。

・11時頃、テンジンヤでおむすびを買ってから富士山西臼塚駐車場へ
途中、自転車海苔やバイク乗り多数みる。

・西臼塚駐車場、車の近く、モミジの木陰で昼飯にする事にした。

・またチキンラーメン、二人で一つ、テンジンヤのおむすび一人2個、1個84円安い、
ゆで卵二人で一つ・・・以上。
Dscf3830 Dscf3838 Dscf3832

・マイブームのネーブルオレンジ、宝永山へ行った時の残り半分のもっちりドーナッツ、
食後にコーヒー、木陰で風があり涼しい。

・昼飯食べてから移動、須山御胎内入口に車を停め、須山御胎内まで散策、
往き20分、復路15分、樹林帯の木陰で涼しい歩き。

・今日はラフな格好、虫除けスプレーで防御。
Dscf3837 Dscf3845 Dscf3849

・御胎内手前の風穴に入る。

・鳥居をくぐると御胎内風穴、中は真っ暗、両手を広げ奥へ進む、最後は梯子で
胎外へ。

・女性が殆どのグループが上から下りてきた、皆楽しそうに歩いていた。

鹿がいたらにらめっこしようと思ったけど、いなかった。
Dscf3850 Dscf3853 Dscf3857

・帰り道、水ヶ塚へ寄る、1時間以内は無料、マイカー規制の影響か
意外と空いている(そう思っていたから来た)、ツアー登山だけが増加か。

・木陰で富士山を眺めて休憩。

・15日、御殿場口新五合目から宝永山第二火口までの歩いた所を見ると
結構な距離があるなーと思った。
(写真の右端から二ツ塚を通り、宝永山の下まで)
Dscf3867 Dscf3869 Dscf3868

遠くに行けば混みあうお盆時期、近場で涼み、十分楽しめました。

| | コメント (0)

2012年8月27日 (月)

富士山へ涼みに、4合目から6合目へ

暑いので相方と富士山へ涼みに行く。

9時出発、マイカー規制が解除されたので、五合目まで行けたのですが
平日でも混んでました。

登山者の車が2kmくらい路駐してあった、五合目付近には停められず
タイミングが悪く4合目下、1,8km付近に駐車した。

(今回の反省、路駐が発生していたら、ゆっくり走行して空きスペースを
見逃さない、五合目と七曲がり駐車場を2~3回行ったり来たりして
ベストなスペースを見つける。)

・10時47分、五合目より1.7kmくらい下った場所に路駐
まあ~、歩きが目的なので苦はないけどね。
(3km下から山頂まで歩いた事もある。)

・四合目の標識、ここで、あと1.6km

・五合目11時34分、50分も余分に歩いた。
トイレにより6合目へ歩き出す。

「素足で山頂へ」なんてボードに書いたのをぶら下げて登って行くグループが
いた、えー、そりゃ無理でしょう、と思って足をみても素足の人はいない???

相方に変だね~と言ったら、「義足で山頂へ」だよ、と言われた。
一人義足の人がいて皆がフォローしていた、義足も大変だ。

Dscf0743_2  Dscf0747 Dscf0752

・11時59分、六合目、ここでお昼と思ったけど、人が多過ぎ。

・12時11分、宝永山火口の分岐

・12時27分、宝永山火口、丁度テーブルが空いていたので店を広げる。
Dscf0755 Dscf0761 Dscf0767

・景色も良いし、涼しい所で昼飯、食後のコーヒーでのんびり

・火口の分岐へ戻ると、下から見えていた団体さんがまだいた。

・六合目へ戻る道、コケモモの実はまだ青い。
富士山専用の靴です、ホコリだらけになっても気になりません。
Dscf0770 Dscf0782 Dscf0785

・六合目から山頂への登山道が見えるベンチで休憩。
人間ウォッチング、山ガールの服装チェック等等、

いました、いました変わりもん、ネクタイ、Yシャツ、革靴、手提げカバンの
サラリーマン登山者。

前にも見た事があります、富士山には色々な人が登るので面白いです。
ゴレンジャーやピカチューも見た事があります。

・帰り道、のんびり歩く、この時期、路肩には色々な花が咲いていて
路肩歩きもいいもんです。

・15時13分、車の場所へ戻る、回りの登山者はまだ帰ってきません。
Dscf0788 Dscf0797 Dscf0800

| | コメント (2)

2012年8月16日 (木)

富士山ハイキング 双子山

8月16日(木)
出発は11時20分頃

御殿場口新五合目、駐車場には約1時間、12時半には着きました。
登山者の車が意外と多く、第1駐車場は満杯、第2駐車場に数台の空き、

第2駐車場に停め、車のすぐ側の景色が良い所で昼飯にした。
(第3駐車場はガラガラ、景色は一番良かったので次回は第3にするか)

・昼飯にする、五合目は意外と天気がよく、日が出ると暑いくらい、
相方は日除けにタオルを被った。

・買ったのは、おむすび、ゆで玉子とおやつの菓子パン、スープと缶詰は家から持ってきた。

・昼飯後、お茶を飲みながら回りの景色を眺めていたら鹿発見
Dscf0387 Dscf0389 Dscf0396

・13時25分、歩きだす、第1駐車場にはNPOのサービス小屋がある、
水が無料で飲めたり、後ろのタンクでで手足を洗える。

・こちらは案内所、パンフレットを一杯もらった。

・13時31分、登山口から登る
Dscf0400 Dscf0401 Dscf0403

・とりあえず大石茶屋まで歩く、服装は普段着、靴も通常の物、ソックスはショート
お気楽な格好で歩きます。

・13時47分、大石茶屋で休憩、きのこ茶をもらう、ここは涼しい。

・ハタキが一杯差してあった、ホコリ掃いに使うそうです。
帰りに使わせてもらった。
Dscf0407 Dscf0409 Dscf0410

・もう少し歩こうと思い、双子山方面へ歩きだす。

・登りで日が出ると暑いです、相方は登りが苦手です。

・頂上が時々見えた。
Dscf0411_2 Dscf0419_2 Dscf0432

・双子山分岐の少し先へ行き休憩、富士市方面は雲に覆われている。

・下る頃に雲が流れてきた。

・15時36分、大石茶屋でカキ氷(400円)を食べてクールダウンする。
吹いて来る風が気持ちがいい、夏の富士山はいいね。
Dscf0440 Dscf0446 Dscf0450

車の所に戻ったのは、16時10分、8768歩、意外と歩いたな。

| | コメント (1)

2011年10月24日 (月)

富士山 お中道 大沢崩れ方面へ3

10月20日(木)

・滑りやすい岩場を下りると沢底は歩き易い、沢を上がると目標の標識がある。
ここから大沢崩れまで行くにはまだ何時間も歩かなければならない。

・雲が無ければ南アルプスの山々が綺麗に見えるのでしょう。

・13時39分、戻りますか~。
Dscf6542 Dscf6550 Dscf6546

・表大沢の中から下を見下ろす。雲の向こうには駿河湾。

・また対岸の岩場を慎重に登る、ここが頂点。

・セルフ撮りは三脚なしなので置く場所が難しい。

Dscf6567 Dscf6568 Dscf6569

・愛鷹山の上に平たい雲

・14時19分、お中道から出てブル道を歩く、歩き易い。

・六合目へ下りたが時間もあるので宝永山方面へ行く、一面黄葉の景色
Dscf6577 Dscf6587 Dscf6596

・14時42分、宝永山下口で休憩する、宝永山はガスの中、無風状態なので
お湯を沸かすストーブの囲いはいらない。

・帰りは下へ下り、樹林帯を歩く。

・今日は思い切って来て良かった、11月下旬にはスカイラインも通行止めになる
今年はもう来れないだろう。 15時30分駐車場に着
Dscf6609_2 Dscf6621 Dscf6629 

| | コメント (1)

2011年10月23日 (日)

富士山 お中道 大沢崩れ方面へ2

10月19日(木)

・岩陰で昼飯、ちょっと斜面になっているけどいいか。

・昼飯を食べ、お茶を飲んでのんびりしてたらガスが昇ってきた、流れていく
ガスを見るのもいいもんだ。

・ガスが切れた、西へ歩き出す。
Dscf6499 Dscf6502 Dscf6511

・小さな沢状の場所を渡る。

・溶岩うんこ発見!!!溶岩弾だ。

・溶岩の岩場を乗り越え砂礫を歩き、また岩場を乗り越えて2600m付近を
西へ横切って行く。
Dscf6519 Dscf6520 Dscf6521

・セルフで自分撮りしながら行く、雲を見下ろすおっさん。

・岩場から砂礫の斜面へ下りるおっさん。

・唐松の黄葉が綺麗だなと言っているおっさん。
Dscf6524 Dscf6526 Dscf6531

・大きな沢だ、表大沢と言うらしい、沢を登った所に大きな標識が見える
今日はそこまで行くか。

・大きな岩場の下がえぐれていて、
通過した跡があるので途中まで行ったが
斜面が急でアリ地獄の様になっているので引き返す。

・上を見上げると岩場に→印が見えたので登って行く、上の方と下りが意外と急だ、
岩だけならいいが、砂礫が表面にのっているので滑り易い、

一人だし、こんな誰も来ない所でケガをしたらえらいこっちゃ
ここは慎重に慎重に通過した。                    つづく
Dscf6533 Dscf6537 Dscf6540

| | コメント (0)

2011年10月22日 (土)

富士山 お中道 大沢崩れ方面へ

10月20日(木)

大沢崩れ方面へ行くお中道は歩いた事がない。

ジェベルさんにお中道入口を教えてもらったので何時か歩いて
みたいと思っていた。

今まで家のリフォームから始まり色々な雑用と続き急がしかったが漸く行けた。

今日の天気は晴れだがベストではない、山梨方面のあライブカメラからは富士山は見えない、
富士、富士宮から見えるが六合目の辺に時々雲が出る、でも何となく良さそうだ。

9時頃から急いで仕度して出掛けるが時間が掛かり10時5分なってしまった。

・180号登山道はキノコ狩りの車があちこちに停まっていた。
富士山スカイライン手前のGS跡地はロープが張られ自転車のデポ地には使えない。

五合目の駐車場は平日なのに意外と車が多い、大型バスも6台もいる
学生の修学旅行かな、ツアーできて歩く人達もいる。
ガスが出てきそうだが11時19分、登り始める。

・団体さんの後を登る、唐松の黄葉が綺麗だが写真だとあまり色が出ない。

・登山道は黄葉目当てのハイカーで賑やかだ。

Dscf6459_2 Dscf6463 Dscf6467

・11時36分、みんな宝永山方面へ行く、私は通行止めの柵を乗り越えて上に行く。
入口はやり易いのかオシッコ臭い。

・今日は平日、上に登る人はいない、
一人きり、登山時期はもの凄い人が
行き来するのに今日は一人きり、静かだな。

・11時49分、6合目、2604m、ちょっと迷ったけど、小屋跡の所から登山道を
外れ左へ行く。
Dscf6468 Dscf6472 Dscf6476

・回り込む様に少し歩くとブル道に出る、歩き易いブル道をのんびり登っていく。

・登り切ったコーナーに壊れかけたお中道入口の標識がある。

・少し下り気味に西へいくと五合目レストハウスが下に見えてくる。
12時6分、岩陰がある、この先岩陰があるか不明なのでここで昼飯にする。 つづく
Dscf6481 Dscf6488 Dscf6498

| | コメント (0)

2006年8月20日 (日)

富士山須走口の偵察

8月19日(土)
くしゃみをしたら、軽いぎっくり腰になった。
なので、チャリンコも乗れないし、山歩きも出来ない。
午前中はゴロゴロしていたが、暑くて々たまらない。そうだー!涼しい所に行こうー!
どこへ? 富士登山で、まだ登ったことが無い須走口へ相方と偵察に出掛けました。
御殿場に入る頃に雲って来て富士山は見えません。五合目は霧の中かな・・・
138号に入ると何時もの様に少し渋滞、県150号ふじあざみラインは結構急坂です。
アクセルを吹かしてもスピードが出ない坂が続きます。
15時21分、家から約1時間半で五合目に来ました。
昨日の夜(金曜日)と今朝の登山者が駐車場に停められず
下り車線へ1km以上路肩駐車してあります。
でも、今の時間では上の駐車場に停められます。
下山してきた人、これから登る人、若い人が多いでね。
2006_08190014 2006_08190015 ←第2駐車場、私は第3駐車場に停めました。
2006_08190017
第3駐車場から少し下り
須走口へ行く




15時34分、須走口五合目入り口
2006_08190018 2006_08190021 東富士山荘、お飲物とお食事
2006_08190022






ここから富士山頂へ  15時40分、こちらは小富士入り口、小富士まで行きます。
2006_08190025 2006_08190024
2006_08190032 樹林帯を横切る様に
1km程、遊歩道を
歩きます。
途中で晴れて来た
ラッキー!


15時56分、小富士到着、忍野村が見えます。
2006_08190035 2006_08190040 山中湖、スワン船が見えます。
2006_08190047
小富士山頂
1979m




五合目から上は雲の中
2006_08190052 2006_08190055
2006_08190058
16時8分
帰る頃
雲の中へ



帰り道    16時27分、山荘のお兄ちゃん、下山者にキノコ茶を配っています。
2006_08190061 2006_08190065
2006_08190068_1
東富士山荘に入り
味噌おでん400円
こけももソフトクリーム300円
を食して帰る。 偵察 おわり

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

469 | お花見サイクリング | なまかとツー | エクストレイル | スーパーカブ110 | スーパーカブで伊豆ジオパーク | スーパーカブで温泉へ | スーパーカブツーリング | スーパーカブ林道走り | センチュリオン購入 | デジカメ | 三ツ峠 | 三島、函南、韮山自転車 | 三方分山 | 上稲子から石神峠へ自転車 | 上高地 | 丸火自然公園 | 久能山・三保 | 乗鞍岳 | 伊豆・沼津山歩き | 伊豆自転車 | 位牌岳 | 修善寺もみじまつり | 入笠山 | 八ヶ岳高原自転車 | 勢子辻から越前岳 | 北海道旅行 | 十二ヶ岳 | 千畳敷カール | 吉田うどん自転車 | 呼子岳 | 城山・葛城山 | 大山 | 大弛峠自転車 | 大晦日自転車 | 大菩薩峠 | 大谷嶺・八紘嶺 | 天城山 | 天子湖、上佐野へ自転車 | 安倍峠 | 宝永山 | 富士五湖一周 自転車 | 富士五湖周辺山歩き | 富士五湖巡り 自転車 | 富士宮ポタ | 富士山一周自転車 | 富士山五合目へ自転車 | 富士山大砂走り | 富士山宝永山 | 富士山山歩き | 富士山御殿庭 | 富士山須山口登山 | 富士山麓線自転車 | 富士市に雪 | 富士市散策コース | 富士登山 | 富士登山お鉢巡り | 寸又峡と長島ダム | 尾瀬 | 山中湖自転車 | 山梨県、南部・身延自転車 | 山梨県自転車 | 山歩き | 岩本山 | 幕山 | 御坂山塊 | 愛鷹 黒岳 | 愛鷹林道 | 新年 | 新東名 | 旅行・地域 | 日光 | 日記・コラム・つぶやき | 昇仙峡 | 朝霧周辺山歩き | 朝霧高原 | 村山古道 | 松野、蒲原、自転車 | 林道富士愛鷹線 | 栂池自然園 | 毛無山 | 河口湖周辺歩き | 河口湖自転車 | 河津桜まつり | 沼津アルプス | 浜石岳 | 湯河原梅林 | 焼津へツーリング | 田貫湖・朝霧自転車 | 白馬八方尾根 | 福士川渓谷自転車 | 秋の京都へ | 竜ヶ岳 | 竜爪山 | 第二東名 | 箱根→須山ツーリング | 箱根 長尾峠→熱海峠ツー | 箱根大涌谷から早雲山 | 箱根山歩き | 箱根畑宿から関所跡 | 箱根神山 | 箱根自転車 | 精進湖パノラマ台 | 自転車 | 自転車オフ会 | 自転車事故 | 自転車整備 | 自転車部品小物 | 興津川自転車 | 芝川自転車 | 芦ノ湖一周自転車 | 薩た峠歩き | 西沢渓谷 | 西湖、河口湖、紅葉巡り自転車 | 西湖周辺歩き | 越前岳 | 越前岳 冬 | 越前岳 愛鷹つつじ | 越前岳 雪 | 身延山 | 身延山自転車 | 釣り | 静岡、清水ポタ自転車 | 須津川渓谷 | 須津川渓谷自転車 | 高尾山 | 鬼ヶ岳 | 黒部・立山