2010年4月 1日 (木)

10年、身延山へ2

3月30日(火)

・奥之院表参道から下りて来た。
13時22分、ロープウェイに乗ってみようかと思ったが、約1時間待ち、下りて来るにも
待つ必要がある、そんなにジッとしていられないので止める。

・西谷の枝垂れ桜をさっと見る、ここは北之坊の桜。

・13時52分、岸之坊の前の駐車場にテーブルとイスがあったので休憩する。
ここで、おむすびを食べてから、お汁粉やお茶を飲んで、ちょっと長い足休め。

Dscf0422 Dscf0436 Dscf0438

・休憩後、奥之院裏参道を少しだけ歩いてみた、洗心洞を潜って妙石坊まで行く。

・身延川沿いの遊歩道があったので歩く、ここにはベンチがいくつもある。
人通りもなく静かなので、のんびりお昼や休憩するには丁度いい場所だ。

・14時57分、妙石坊、信徒さん達が大勢いた、入口には「人生相談」の
看板がかかっていた。

Dscf0442 Dscf0446 Dscf0467_2

・高座石、聖人が石の上で説法されていると時、いつも美少女が姿を見せていた。
あるとき、聖人は説法の途中で傍にあった水差しをとり、その少女にふりかけたら
一丈龍になり西方の七面山をさし、舞い上がって行ったそうです。

・門前町は賑やかです。

・身延まんじゅうの「甘養亭」でお土産を、あげまんじゅう、2個入り1パック250円を
2パック買う。
Dscf0463_2 Dscf0488 Dscf0490

今日は、東谷、丈六堂から鬼子母神堂間も歩いた、よく歩きました。
これで、身延山でまだ歩いていない所は、奥之院裏参道(西コース)の
追分感井坊から奥之院間だけになりました。

| | コメント (0)

2010年3月31日 (水)

10年、身延山へ

3月30日(火)

8時50分、自宅出発→10時18分、身延町総合文化会館駐車場→シャトルバス→
10時58分、昼食そば→東谷→11時52分、甘露門→12時9分、奥之院表参道へ→

12時38分、丈六堂まで→鬼子母神堂→西谷→奥之院裏参道へ→
14時49分、妙石坊まで→15時38分、シャトルバス→16時、駐車場→17時30分、自宅

・今年はシャトルバスに乗る、往復400円、修行僧のガイド付き

・10時58分、歩き始めると食事処がないので、早いけど、そばを食べてから歩く。
食堂山田屋で、私、しいたけそば700円、相方、山菜そば700円、お友達、とろろそば
800円、高いと思うけど観光地だからしょうがないね、しいたけは美味しかった。
ちなみに、何時もよる平田屋は山菜そばは525円だ。

・東谷の坊巡り、こちらを歩く人はあまりいないので、静かでのんびり、
でも坂道はキツイよ。
Dscf0327 Dscf0335 Dscf0350

・無料の斜行エレベーター、今回利用せず、おっ!2台並んだ!

・人で混みあう久遠寺前を抜け、奥之院表参道へ入る。
おう~、五重塔が見える。

・杉林を登って行く、スギ花粉症のお友達は今日は大丈夫のようだ。
Dscf0376 Dscf0390 Dscf0394

・表参道、今日は丈六堂までとしよう。

・釈尊堂(丈六堂)
の前

・黄金に輝く釈迦如来立像、5m58cm、1丈六尺ある、だから丈六堂だそうです。
Dscf0404 Dscf0409 Dscf0411

・下り道は丈六堂前の無縁仏、墓石群横の道を下りて行く。

・途中で、奥之院まで歩く登山夫婦とすれ違う、「奥之院へ行く道はこれでいいですか?。」
と尋ねられる、「そうですよ。」と答える。

・山道を下りて行くと鬼子母神堂の裏に出る。
鬼子母神は人の子を取って食う悪鬼でしたが、仏に諌められたことで
仏弟子となり、かえって幼児守る善神になったいう。

子宝、安産祈願のざくろの絵馬が奉納されていた。            つづく
Dscf0414 Dscf0417 Dscf0420

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

本郷の千年桜

3月31日(火)
身延山久遠寺のしだれ桜
を見た帰りに
千年桜を見る為に南巨摩郡南部町本郷へ寄った。
(三振王さんお奨め、自転車で来れればベストなんですけど・・・)

・16時5分、まだ5分咲きくらいでしょうか。
・身延山の樹齢400年のしだれに劣らぬ立派な桜の木です。
でも訪れる人は少ないんでしょうね。

Dscf9522 Dscf9525












・地上5mから根が出ているなんて不思議です。
・ぐるっと一回りして写真を撮る。

Dscf9526 Dscf9532












・隣に
百日紅の大木もある。
・芭蕉の木なんかもある。

Dscf9536 Dscf9534












私の理想 (-.-) クロスS800でのんびり登ってここまで来る。
真っ青な空の下、満開の桜を見ながらストーブで湯を沸かしラーメンを作る。
出来たラーメンをふうふうしながらおむすびと一緒に食べる。 

| | コメント (1)

2009年4月 4日 (土)

09年身延山しだれ桜2

3月31日(火)
町営総門駐車場に車を停め、久遠寺まで歩き堂内を見物、門前駐車場まで戻り
お昼にする。昼食後、西谷のしだれ桜を見て久遠寺専用駐車場まで来ました。
もう帰るだけと思ったら      (・_・)エッ....?   あれなに(・・?

・駐車場の奥にゴンドラみたいなのが動いています。お金取るのかな~?
わからんけど行ってみよう。

・無料なの(^^♪、そんじゃ乗りましょう~ 30人乗りだそうです。

・丁度、一番後部に入れたので下の景色が見れる。
乗用車の駐車場は意外と少ない、だから駐車場待ちが1時間以上なんて発生するのでしょう。

Dscf9492 Dscf9498 Dscf9499








・高低差は菩提梯ぐらいでしょうか、ほんの数分乗るだけです。
現代版菩提梯ですか!楽し過ぎです。でもお年寄りの参拝は楽になったでしょう。
楽あれば極楽あり?

・ロープウェイ程ではありませんけど、上からの西谷の景色も見れます。

・降りてから景色がよさそうなので先端へ。
Dscf9504 Dscf9506 Dscf9507








・丁度、乗り場のコーナーが展望台みたいになっていて西谷の景色が見れます。

・下りは歩いて行きます。ロープウェイ乗り場まで新しく平坦な歩道が造ってありました。
兎に角、五重塔落慶に合わせかなりお金を掛けましたね。

・午後の出発点、龍潜橋まで戻ってきました。
14時56分、まだまだ駐車場待ちの車がつながっています。
Dscf9510 Dscf9515 Dscf9517








・15時19分、門前商店街でお土産ゲットです。
元祖みのぶまんじゅう甘養亭で、おや!(゜o゜) 揚げまんじゅう 
めずらしいから買っていこう~、大2個で250円、2パック購入

Dscf9427 Dscf9519
15時37分、総門駐車場へ
帰還、帰路へ。

途中で本郷の千年桜へ
寄る。   つづく

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

09年身延山しだれ桜1

3月31日(火)

恒例の身延山しだれ桜を見に行く、メンバーは相方と奥様
自宅を9時に出発、現地に10時15分頃着く、今日はシャトルバスが無いので
駐車場の事が心配です。

総門近くの駐車場が空いていたのに、つい上の駐車場へ行ってしまう。
町営門前駐車場はこの時期、大型バス専用の駐車場になっていた。
また町営総門駐車場へ戻る羽目になる。
(駐車料金は一日1000円)

・駐車場停めで少し時間を
取られ、歩き始めが10時50分と遅くなったが桜見物へ
出発~(^^♪ 駐車場待ちの渋滞の横を歩いて行く。

・門内商店街を抜け三門を潜り菩提梯を登る、苦あれば極楽あり。

・報恩閣(総受付)から入り久遠寺内を見学、復元された五重塔を本堂から
眺める。五重塔落慶に合わせ本堂も黒く塗られて綺麗になっている。

Dscf9348 Dscf9355 Dscf9364








・本堂の床板も張り替えられた。堂内の畳も縁替えの最中で2人の職人の
作業が見れる。

・受付の近くにある休憩所で一休み、買って来た身延饅頭を食べる。

・大奥水鳴楼の徳川時代初期の庭園を鑑賞、京都のお寺みたいに
拝観料なんてとりません。

Dscf9370 Dscf9372 Dscf9381








・五重塔が完成し更に絵になる景色になりました。
・仏殿前樹齢400年の桜を接写で撮る奥様
・下りは女坂を歩く、女性達はおしゃべりに夢中

Dscf9384_2 Dscf9405_2 Dscf9419_2








・門内商店街に戻り食堂平多屋でお昼にする、私は牛丼、相方は山菜そば500円也
・休憩後、西谷の桜を見に行く、龍潜橋を渡り拝殿まで行く。

・北之坊のしだれを見て次は麓坊へ、ここは桃としだれ桜のコラボが見れます。
麓坊で桜茶をいただき、さくらを見ながらまったりする。             つづく

Dscf9424 Dscf9435
Dscf9462_2







| | コメント (1)

2008年4月 5日 (土)

身延山のしだれ桜2

4月5日(金) 身延山のしだれ桜を見に行く
身延町文化会館駐車場に車を停め、シャトルバスで門内商店街まで行き
そこから散策する。
樹齢400年のしだれ桜を見た後、祖師堂前で休憩、次に西谷の桜を見に行く。

本堂裏側から西谷へ、昨年は本行坊の無料の茶会でお茶とみのぶ饅頭を頂きました。
今年は3月30、31日で終わっていて、今日は中にも入れませんでした。
本行坊から坂道の桜を見ながら下り、途中から右側の小道に入る。
暫く歩くと(゜o゜) しだれ桜の花びらが風に吹かれ雪の様に落ちてきました。
しだれ桜は大木なので、高い所から散る花びらは本当の雪みたいです~\(~o~)/
そんな中を歩いて行くと、しだれ桜とピンクや赤の花が咲く、桃源郷と
言っても良いくらいの綺麗な場所がありました。

・しだれの花びらが舞う桃源郷
・さらに歩いて行くと、「麓坊」がありここからの眺めがまた素晴らしい景色でした。
ここ麓坊では今夜、夜桜・音楽・舞いの夕べが無料で開かれるそうです。
・この坊では、お坊さんが訪れる人に無料で桜茶を振舞っていました。
ここのお坊さんは親切で桜を見るポイントを教えてくれたりして感じがよかったです。
Dscf1881 Dscf1935 Dscf1906_2








・お墓の裏の高台では、カメラを構えたマニアがしっかりとポイントをおさえていました。
・お坊さんもカメラポイントをチェック
Dscf1912_2 Dscf1921_2









・この時間雲っていましたが、かえってその方が良かったかもしれません
晴れていれば、この時間でこの位置は逆光で桜が写り難いと思いました。
Dscf1913_2 Dscf1926_2












・お墓と桜も絵になります。
Dscf1902_2 Dscf1901_2









・ずーっと眺めていたいけど、そろそろ次へ
・北之坊ここのしだれ桜も圧巻です。
・日蓮聖人御廟所拝殿、ここまで来ると訪れる人も少なくなります。
丁度、どこかのお寺の住職がお経を上げていました。
静かな御廟所でお経が聞けるなんて、よかったなぁーと思いました。(-.-)
Dscf1928 Dscf1939 Dscf1962








・携帯で桜を撮る相方   ・14時12分、お坊さんのガイドつきシャトルバスで戻る
Dscf1975 Dscf1978


この時期、雲ってしまうと
まだまだ肌寒い身延山
でしたが、西谷のしだれ桜が
見れてよかったです~。

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

身延山のしだれ桜

今年も行きます、身延山へ(^◇^)
休みと、桜が見頃と、お天気が良いとくれば行きたくなります。
出発時間は相方しだいです(-.-) 今回はちょっと遅く、9時35分に出発
10時50分、身延町文化会館駐車場へ到着
(本当は3/15~4/15の間、土日祝日のみ臨時バス運行だったが、一昨日、
昨日と大渋滞になったようです、なので平日でもシャトルバスが運行しているようです。)


・11時6分、シャトルバスへ乗る、片道200円、丁度運良く行き帰り共座れましが
立つ人もい
て満員バスになります。バスには研修中のお坊さんがバスガイド役として乗り
身延山の説明をしてくれました。
・バスから降り門内商店街をボチボチ歩き始めます。
・11時半、早いけど混まないうちにメシ食っときます(●^o^●)
無難にいきます。昨年と同じ食堂で、同じメニュー、ととろ定食1050円です。
Dscf1800 Dscf1804 Dscf1808








・商店街をブラブラ歩く、休憩した時のおやつとして、甘養亭で身延まんじゅう2個
150円でゲットする。しだれ桜が見えてくば商店街もおわり~。
・三門をくぐる        ・本堂までどの経路で行こうかなぁ~?女坂?男坂?
Dscf1812_2 Dscf1819_3 Dscf1823_2 








・もちろん!菩提梯の直登!おりゃ~
・皆さん、フーフーハ~ハ~、バスに乗っている時、お坊さんが言ってました。
今、この階段は造れません。なぜなら建築法違反だからだそうです。
・本堂へ参拝、今回は中には入らず。
Dscf1825 Dscf1828 Dscf1834








・しだれ桜のポイントは押さえておきます、久遠寺総受付前樹齢400年の枝垂れ桜
・仏殿前樹齢400年の桜、見事です~。
・しだれ桜の中に入って見る祖師堂
Dscf1840 Dscf1844 Dscf1849









・上を見上げると枝垂れのドームです。
・12時29分、1個80円のみのぶまんち‘ゅうと、家から持ってきた魔法瓶のお茶で
休憩いたします。
・休憩後、西谷の方へ歩き出す。五重塔は秋頃完成するようです、紅葉時期に
また来て見ようかな・・・                   西谷へ つづく
Dscf1857 Dscf1856 Dscf1862

| | コメント (0)

2007年4月 2日 (月)

身延山と赤沢の桜2

4月2日(火) 
13時半、身延山門前町、仲町有料駐車場から
赤沢へ向かう。
駐車場から右に出て久遠寺の方へ商店街を走る、すぐ右折して幾つかある
坊の横を通り過ぎ県805号で山の中を走る、赤い桃の花
咲く里を下り52号へ抜ける。

52号へ出てから富士川クラフトパークまで走る、パークを過ぎたらすぐ左折し
早川沿いに南アルプス公園線37号を遡上する。
去年、自転車で身延越えをした帰り、この道を走った事を思い出しながら・・・

14時頃に赤沢へ着く、大阪屋旅館の下側に車を停め、坂道を登って行くと
大阪屋の裏へ出る、裏には
資料館と昔の外便所がある。

資料館は閉まっていたが、カギが掛かってないので中を拝見させてもらう
この時、久々に心臓が「ドキッー!」とした。戸をそーっと開けた途端、中に青白い顔した
ばーさんがいて(@_@;)ぎょっえぃー!!!心臓が止まるかと思ったよ~。

顔の色は、はだ色にしてくださいよ~(ーー;) このばーさん手も青いよ!

大阪屋から江戸屋へ、江戸屋から少し登ると石畳の坂道がある
坂道を登って行くと江戸時代の面影を残す宿場の中を歩く事が出来る。
 
 ・資料館のばーさん       ・江戸屋        ・ここから過去のタイムゾーンへ

2007_04020098_2 2007_04020102_2
2007_04020103_1








  ・きく屋             ・大黒屋かな         ・枝垂れ桜はまだ

2007_04020107 2007_04020110
2007_04020112








・民家だった?             ・高電圧注意       ・赤沢の宿場

2007_04020113 2007_04020118
2007_04020120










宿場の最後にある「えびすや」から更に上に登り、宿場を見下ろす所まで来た時
雨が降り出した、目の前の七面山は去年来た時も雲がかかっていたなぁ~。
桜は来週くらいかな・・・
14時45分、赤沢から春木川右岸の林道を更に奥に車で「お万の滝」へ

・大阪屋へ戻る             ・枝垂れまだ     ・七面山入口駐車場
2007_04020126 2007_04020127
2007_04020128








14時53分、七面山登山口の駐車場へ停め、歩いて「お万の滝」へ行く。
雨がシトシトと降り出したので傘を差して行きます、ここも赤沢と同じで観光の人等は
居ないので二人だけです。

・七面山登山口            ・登ってみたい~   ・羽衣橋
2007_04020129_1 2007_04020130_1
2007_04020131_1







 

羽衣橋を渡る時、上流に何かが建っているのが見える、川沿いに赤い幟が
その場所に向かって立てられている。何だろう?・・・ 行って見よう。
お万の方像の前には、滝に打たれて修行する信徒さんの着替え所が建っていた。
この滝は打たれて修行するのに丁度良い、滝つぼがないし、水量も程々だ。

お万の滝から、幟に誘われ更に上流へ歩く、途中釣り人がいて
丁度、ヒットして魚がピカリと見えたが遠くにいるので何が釣れたのか不明、ヤマメか?
帰る時には、釣り人は居なかった。

奥にあったのは、中山奥之院分院の弁天堂と言う建物でした。
食べ物屋さんじゃ無かったか~残念(~_~;)

・羽衣橋から上流を見る、何か建っている ・お万の方像  ・上流に建っていた弁天堂
2007_04020133 2007_04020135
2007_04020142








15時13分、弁天堂にも滝があり、ここでも滝打たれの修行をする様ですが
水量はお万の滝より多く、ちょっと大変そうです。ここで滝を見ながら休憩し
駐車場へ戻りました。

帰りは52号線沿いの道の駅「富士川クラフトパーク」へ寄りました。
ここの公園は半端な広さではありません、散策で半日はつぶせそうです。
道の駅「富士川ふるさと工芸館」の売店で試飲用のワインが置いてあったので
相方に只で飲めるよと、勧めて飲ませたら周りの奥さん達も集まり
ワインの品評会が始まりましたとさ  おわり
因みにワインは買いませんでした(ーー;)

・弁天堂の鐘突き場で休憩   ・富士川クラフトパーク   ・ワインの試飲
2007_04020146 2007_04020159
2007_04020158





| | コメント (0)

身延山と赤沢の桜

4月2日(月)
先週、身延山の桜が満開の時、相方の体調がイマイチで行けなかったので
今日行って来ました。一日しか休みが無いので、曇りでも小雨でも決行です。

9時10分頃、家を出て身延山・門内商店街にある町営駐車場に10時10分頃に着く
約1時間程の道程だ。
車を停めるのに最初、52号から入ってすぐの総門近くの町営駐車場にしようかと思ったが
一日1000円なので、時間制の駐車場にした方が良いかなと思い
商店街の方にしましたが、結果、時間制で3時間10分1100円となってしまいました。
反省、今度から一番下の駐車場にしよう~。(身延に来た時、歩くのも楽しみだから)

・10時10分、仲町駐車場は空いていた
・商店街、盛りを過ぎているのと平日で時間も早いので客も少ない
・三門前の枝垂れは今が満開

2007_04020001 2007_04020002 2007_04020005









・菩提梯を上る      ・相方は相変わらず、ヘタれだ
2007_04020017 2007_04020022 ・本堂の前では五重塔の工事中
2007_04020024_1








祖師堂前でお線香をあげる。客殿前の枝垂れ桜は葉桜でした、まあ~今日は予想
していたので、がっかりはしません。
身延山の頂上は雲の中、ロープウェイは雲の中へ消えて行きます。

去年来た時は頂上へ登りましたが、今回は天気も良くないのでやめました。
西谷を歩く予定です。

・祖師堂            ・お線香をあげる    ・報恩閣の前の桜は、まだ見れた

2007_04020025 2007_04020028 2007_04020033









報恩閣は久遠寺の総受付で、ここから入れば久遠寺の中を見学出来ます。
今日は信徒の人達も大勢いて、上人さまと枝垂れ桜の前で記念撮影をしています。
入って右側の廊下を歩いて行くと仏殿があり、永代供養の小さな位牌がズラッと並んで
います、位牌には場所が分かり易い様に2○○○番とNOリングされていました。

客殿を歩いてから元に戻り、今度は左側、祖師堂、本堂へと歩き
今回は本堂地下にある宝物館へ入りました。入館料300円也
この時は、武田信玄と身延山の関係を企画展示していました。

・この桜を買う人は広い土地の地主さんでしょう ・客殿にある信徒の休憩所 ・地下宝物館

2007_04020034 2007_04020039 2007_04020042 








久遠寺から出て西谷の方へ行く、本行坊では無料の茶会が開かれていました。
やあー、残念でした。目の前の枝垂れ桜が満開の時に来れば最高の眺めだった
のに~(~_~;)

・本殿から見る五重塔の工事    ・本行坊    ・目の前の枝垂れが咲いていれば・・・

2007_04020043 2007_04020056 
2007_04020055








・身延饅頭とお茶を頂く   ・御草庵跡の枝垂れ    ・拝殿から見る日蓮聖人御廟所

2007_04020053 2007_04020063 
2007_04020070







西谷の坊内の枝垂れは終わっているので、ロープウェイの駐車場から
川沿いに下りて行きます。
駐車場待ちの車の列が段々伸びていく横を歩く、川沿いには遅咲きの枝垂れが
咲いていました。

下りて行く途中から御草庵跡の方へ行く、こちらの枝垂れはまだ花が付いていますが
風が吹く度にヒラヒラと花を落としていました。
御草庵跡・日蓮聖人御廟所ここは、観光客も少なく静かで安らげるスポットです。
お線香をあげてから、身延川の左岸を歩いて門前町まで戻ります。
川沿いの枝垂れはまだこれからで、久遠寺の桜が終わった頃満開になる。

13時、今日のお昼はおにぎりでもストーブで作るラーメンでもありません!
偶には、食堂で昼飯を食べます(#^.^#)
相方は「ゆば定食」、私は「とろろ定食」各1050円也
私はお上品な「ゆば」はどうもダメです、がっつりこないので(~_~;)
お土産に「身延饅頭」を買う9個入り600円也、去年500円だったのでは・・・
草饅頭を欲しかったが売り切れで、桜饅頭にしました。

・身延川沿いの枝垂れ      ・とろろ定食       ・元祖身延饅頭

2007_04020077 2007_04020089 
2007_04020094








13時半、次は赤沢へ行きます。赤沢は去年、
自転車で身延山越えして
下りた集落で静かで良い所です。
久遠寺から805号を走り52号へ、37号早川沿いの南アルプス公園線で早川町まで走る。
                                             つづく

| | コメント (2)

2006年4月 1日 (土)

身延山 しだれ桜

身延山へしだれ桜を見に行きました。

9時、身延町総合文化会館 裏側臨時駐車場に到着準備して9時7分出発、
みなさん車で来た道を歩いて行くので、私達も歩く事にします。

文化会館裏側駐車場 

2006_04010002_1 2006_04010007 身延川沿いの道
2006_04010009山道に入る普通の
観光の人も歩いている





この道は、JRお薦めのウォーキング道で立て札がありました。
土産物屋も無い静かな山道を小一時間歩き、久遠寺東側甘露門から入ります。

10時 甘露門に到着、急に賑やかになりました。

2006_04010026 2006_04010036 仏殿南のしだれ桜
2006_04010040
カメラマニアと素人カメラが
回りを取り囲んで人だらけ
隙をみて記念写真を
撮ります。


人人人お祭りみたいです。 静かな所も良いけど、人ごみもそれなりに・・・

2006_04010052 2006_04010062 祖師堂 その前で右側にある樹齢400年の
しだれ桜を撮るカメラマン

2006_04010069_1←大鐘
カメラポイントなのか
三脚を持った人達が
集まっています。



本堂に参拝して、左の山、山頂の奥之院思親閣まで登ります。
本堂の裏側に行きます。
下に行けばロープウェイ、上に行けば奥の院参道です。
登り2時間30分程で行けます。ロープウェイなら7分でーす。
(でも、この日は混んでいて待ち時間が1時間くらいあったそうです。)

2006_04010072_1 2006_04010080 トイレ前、10時42分
2006_04010083
大杉の中を行く
奥の院参道
コンクリートの
道です。
ボチボチ登ります。






左写真の真中の木、銀杏だと思います。皮を剥いた杉もあります。
クロネコヤマトが来ました。排気ガスをまき散らしながら登って行きました。 

2006_04010085 2006_04010100 2006_04010103
11時17分
20丁
何丁まで有るか
不明でしたが
頂上まで行ったら
49丁まででした。





11時30分 大光坊に着く、ここで休憩します。休憩所は屋根付きで広いです。
トイレもあります。ここでお昼もいいですよ。

2006_04010105 2006_04010115 ここより先の道、車は行けません。舗装なしの
参道になります。前にご夫婦がいます。

2006_04010121
12時4分 35丁
ここから結構 急な
登りの参道になります。



12時13分 道が急になった途端、バテてきた相方。この後かなりバテる。
前を歩いていたご夫婦の奥さんも40丁くらいかペースダウン私達より遅くなりました。

2006_04010123 2006_0401013712時47分頂上に到着 熊注意とか、まむし注意の立札がある。
2006_04010138 頂上に来て、すぐの
展望台から
富士川を見る。
大光坊が前の山上に
見えます。


お昼にしますが、店を広げる様な所は少ないです。何とか場所を決めお昼を食べる。
山の上は気温が低く日陰には霜柱があります。この時期でも手袋は必要ですね。
奥の院思親閣でお線香上げ参拝 北側展望台に行く 富士見山1640mが前に見えます。
2006_04010151 2006_04010157 

2006_04010178 14時47分
下りはロープウェイ
680円 15分程待つ
売店の中で待つ時
100円で甘酒を買って飲む


ロープウェイに乗る時、間違えて山側に乗ってしまい下の景色が見れませんでした。残念~
15時ロープウェイで上に行く人の行列がまだあります。
久遠寺に戻り、総受付から入り回廊を歩く。大客殿、大玄関から見たしだれ桜

2006_04010193 2006_04010231 2006_04010232
この玄関は天皇陛下と
久遠寺法主しかくぐっては
いけないそうです。







16時本堂正面から下ります。
膝を痛め無い様に女坂を降りる。 三門で記念撮影、
トイレに寄り、観光協会に入りパンフレットを貰う。 
門内商店街、賑やかです。お土産に元祖身延まんじゅうを買う。(9個入り500円)

2006_04010254 2006_04010265 
2006_04010276 商店街を歩いて行くと
行列がありました。
それがシャトルバス
待ちの人達でした。



バスは次から次へときます。15分程待ち乗れる順番が来る。皆さん切符みたいな物を
乗る前に渡してます。「あの~切符無いんですけど。」と言うと、切符売りの人を
呼んでくれました。200円払って乗る。


2006_04010282 2006_04010289 帰り道、富士宮の町へ夕飯を食べる為に寄る。
2006_04010296偶然にも、その日は
浅間大社で
「表富士燈回廊」が
行われていて
綺麗な燈回廊を
見ることが
出来ました。





四千五百もの明かりで夜の境内を彩っていました。
地元にいて全然しりませんでした。観光関係者の組織する実行委員会が自由に
参加できる風物詩として開催し、今回で三回目だそうです。

今回の身延山行きは、しだれ桜・山歩き・久遠寺回廊歩き・商店街歩き・おまけに
富士宮燈回廊まで付き、楽しいお花見でした。 (^^)v おわり アルバムは
こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

469 お花見サイクリング なまかとツー エクストレイル スーパーカブ110 スーパーカブで伊豆ジオパーク スーパーカブで温泉へ スーパーカブツーリング スーパーカブ林道走り センチュリオン購入 デジカメ 三ツ峠 三島、函南、韮山自転車 三方分山 上稲子から石神峠へ自転車 上高地 丸火自然公園 久能山・三保 乗鞍岳 伊豆・沼津山歩き 伊豆自転車 位牌岳 修善寺もみじまつり 入笠山 八ヶ岳高原自転車 勢子辻から越前岳 北海道旅行 十二ヶ岳 千畳敷カール 吉田うどん自転車 呼子岳 城山・葛城山 大山 大弛峠自転車 大晦日自転車 大菩薩峠 大谷嶺・八紘嶺 天城山 天子湖、上佐野へ自転車 安倍峠 宝永山 富士五湖一周 自転車 富士五湖周辺山歩き 富士五湖巡り 自転車 富士宮ポタ 富士山一周自転車 富士山五合目へ自転車 富士山大砂走り 富士山宝永山 富士山山歩き 富士山御殿庭 富士山須山口登山 富士山麓線自転車 富士市に雪 富士市散策コース 富士登山 富士登山お鉢巡り 寸又峡と長島ダム 尾瀬 山中湖自転車 山梨県、南部・身延自転車 山梨県自転車 山歩き 岩本山 幕山 御坂山塊 愛鷹 黒岳 愛鷹林道 新年 新東名 旅行・地域 日光 日記・コラム・つぶやき 昇仙峡 朝霧周辺山歩き 村山古道 松野、蒲原、自転車 林道富士愛鷹線 栂池自然園 毛無山 河口湖周辺歩き 河口湖自転車 河津桜まつり 沼津アルプス 浜石岳 湯河原梅林 焼津へツーリング 田貫湖・朝霧自転車 白馬八方尾根 福士川渓谷自転車 秋の京都へ 竜ヶ岳 竜爪山 第二東名 箱根→須山ツーリング 箱根 長尾峠→熱海峠ツー 箱根大涌谷から早雲山 箱根山歩き 箱根畑宿から関所跡 箱根神山 箱根自転車 精進湖パノラマ台 自転車 自転車オフ会 自転車事故 自転車整備 自転車部品小物 興津川自転車 芝川自転車 芦ノ湖一周自転車 薩た峠歩き 西沢渓谷 西湖、河口湖、紅葉巡り自転車 西湖周辺歩き 越前岳 越前岳 冬 越前岳 愛鷹つつじ 越前岳 雪 身延山 身延山自転車 釣り 静岡、清水ポタ自転車 須津川渓谷 須津川渓谷自転車 高尾山 鬼ヶ岳 黒部・立山