2007年7月 3日 (火)

十二ヶ岳、鬼ヶ岳3

5月23日(水)
7時37分、文化洞トンネル→8時56分、毛無山山頂→10時10分、十一ヶ岳
11時、十二ヶ岳山頂→12時29分、金山→12時50分、鬼ヶ岳山頂

鬼ヶ岳山頂で20分程休憩して雪頭ヶ岳の方へ下ります。

・鍵掛峠の方を見る、下り時間が長そうなので今日は止める。
・雪頭ヶ岳の方から下りれば、お花畑(今は咲いてないけど)やブナ林もあるし
時間も短いし~、と言っても2時間は歩くけどね。今の時間は、13時10分なので
バス停で見た15時8分のバスには、私の足では間に合いそうもないなー。
・鬼ヶ岳山頂からすぐの所、この岩場を回り込んでハシゴへ
2007_05230147 2007_05230153 2007_05230155








・鬼ヶ岳から下りるハシゴ ・雪頭ヶ岳のお花畑、どんな花が咲くんでしょうか?
・お花畑の所から見る西湖、ここから暫く下りの景色はいいですよ。
2007_05230158 2007_05230159 2007_05230163








・14時9分、新緑のブナ林   ・14時22分、唐松林 
・14時36分、檜林になると一気に暗くなる、まだ二時半なのに夕方みたいな感じ
この後は、檜の山の斜面に付けられた山道を黙々と下って行く。

2007_05230180 2007_05230184 2007_05230188








・15時2分、堰堤の横を回り込んで広場の様な所に出ると登山道は終わりです。
下りてきた雪頭ヶ岳の方を見る、堰堤の白い壁が眩しい。
檜の山は暗かったけど、まだまだ御天道様は高い所にあるね(^_^;)

・15時16分、根場の登山道入り口の所に出た、あーあ、やっぱり8分のバスに
間に合わなかったね。次は16時15分、急いでもしょうがないし、ブラブラするかー

・取りあえず、湖畔の駐車場のトイレで顔を洗ってさっぱりする。
少し雲に隠れていた富士山がまた姿を現してきた。
夕方雲が無くなるのは、天気の良い時の富士山のパターンだ。
駐車場には、3人組みの登山者が車の所で帰り支度をしている、乗せて貰いたい気も
するが次のバスが来るまで「いやしの里根場」でブラブラする事にしようと思う。
湖畔前の富士急の「魚民荘前」バス停から「いやしの里」の方へ歩いて行く
おや???、すぐ隣にもバス停があるよ~、富士急「根場入口」?
時刻表を見ると「西湖周遊レトロバス」15時39分(・o・) 今、33分(゜o゜)
おっと、すぐ来るじゃん(^o^) 良かったね~。

2007_05230199 2007_05230201 2007_05230202_1








・バス停で少し待つと、来ました、来ました、レトロバスが、普段バスなんか
乗らないので、なぜかチョッピリ緊張しながらバスに乗り込む。
平日なのに意外とお客さんが乗っていました。
・バスは周遊コースの景色の良いポイントで停まり、
運転手さんが少しガイド
したりして、のんびり走って行きます。
停留所の数も多く、要所々にあります。
・15時49分、文化洞トンネルを抜け、「毛無山登山道入口」という停留所で降りる。
料金は、300円ちょっとだったかな?
2007_05230206_1 2007_05230213 2007_05230215







2007_05230216_1 16時00分
西湖南岸を通って帰る。
十二ヶ岳、鬼ヶ岳は
登ってよし!
自転車で来た時も
眺めてよし!
 良い山ですね。おわり

| | コメント (0)

2007年6月21日 (木)

十二ヶ岳、鬼ヶ岳2

5月23日(水)
7時37分、文化洞トンネル→8時56分、毛無山頂上→10時10分、十一ヶ岳

11時、十二ヶ岳山頂1683mに着く、富士山に少し雲がかかり始めたが、天気快晴、風もなく
この時期としては、ちょっと暑すぎでした。
5月9日(水)に位牌岳へ登った時も異常に暑く、その時は水分補給しても喉が
渇いた様な感じで、兎に角冷たい飲み物がほしくてたまりませんでした。
そんな反省から、今日はステンレスのポットに氷を入れてウーロン茶を持って
来ました。
これからの暑い時期は、これが正解で~す、無くなったらまた注ぎ足します。
暑い時の三つのアイテム (^_^;)
Ⅰ魔法瓶 Ⅱ日焼け止めクリーム Ⅲ虫除けスプレー  だよ~ん。 
まあ~ 講釈はその位にして、めし!めし!2007_05230085_2 2007_05230095_1 2007_05230098









11時40分、カップヌードルのお汁を飲んで塩分補給して、また歩きだす。

・歩いて15分もしない内にまたロープ・鎖・ハシゴ登りがありました。
・登ってすぐ、今度は長い下り場です、ロープが虎ロープで細くて滑り易いので
気を使いました。
・尖がっている山は、節刀ヶ岳1736m今日は行きません。
2007_05230108 2007_05230109 2007_05230113








・この辺の尾根は大きな岩が多い、岩の上から見る鬼ヶ岳1738mその南に雪頭ヶ岳
・振り返り、十二ヶ岳の方を見る。
・大きな岩道を登る、一瞬この向こうは崖になっているんじゃないかなと思う・・・
2007_05230114 2007_05230116 2007_05230119








・12時9分、平坦な尾根道になり、右側にはカラマツ林があり新芽を見ると
清清しくなって深呼吸したくなる。このカラマツの匂いを嗅ぐと私は富士山の
五合目
付近の雰囲気を感じる。

・12時29分、平坦な尾根道から少し登りがあり金山1686mに着く、山頂と言うか
標識のある通過点だね。ここに来る途中で今日初めて人に遇った、同じ位の歳の男性で
根場から雪頭ヶ岳経由で登って来て十二ヶ岳まで行き、そこから下りまた
根場へ戻るそうです。
この山も色々な歩き方があり、私も根場から歩いてみたいなぁーと思う。

・金山から鬼ヶ岳へ緩い下りを歩く、そこにはバイケイ草が群生していた。
そして、最後の斜面を登れば鬼ヶ岳に山頂に着く
2007_05230123_2 2007_05230128_2 2007_05230130_4








12時50分、鬼ヶ岳山頂1738m、やー本当に鬼の角だよ~(・o・)
鬼の頭の上で休憩する、南側に西湖は見えない、ってことは西湖から見上げる
鬼ヶ岳と思っている山頂は雪頭ヶ岳と言う事になりますね。
まあ~、どっちでもいいかぁー。
西側を見ると南アルプスの白い山頂が薄ボンヤリと墨絵の様にみえる。
今日は少し暑いけれど風も無く山頂でのんびりするには丁度良い
20分程休憩してしまう、下りは鍵掛峠か雪頭ヶ岳どちらにしようか迷うが
下り時間が短く、景色もよさそうな雪頭ヶ岳から下りる事にする。  つづく
2007_05230136_1 2007_05230138_1 2007_05230148_1

| | コメント (2)

2007年6月10日 (日)

十二ヶ岳、鬼ヶ岳

5月23日(水)
昨日は相方と西湖の三湖台と「いやしの里根場」へ行って来ました。
その夜、ブログをまとめ、今日の準備(自転車で精進湖から河口湖ポタする)を
して0時半に寝て、朝5時に起きる、天気快晴富士山もバッチリ見えます。

起きたら、今まで違和感があった右足がなんか調子良い感じ~(゜o゜)
これなら自転車ツーより、ロングの山歩きが出来るぞー。
そんじゃ~、こんなチャンスめったにないので、十二ヶ岳縦走に変更!

と言う事で、文化洞トンネル毛無山登山口900mより7時37分より歩き始める。
なるべく無理・怪我をしない様に慎重に右足の様子を見ながらボチボチとね(-.-)

赤松林の急斜面を登るきり、振り返り足和田山の方を見ると富士山の頭が出てきた。
松林の次は新緑の雑木林だ、気持ちよく歩いて行くが何だか腹が減ってきた。
出掛ける前にパン
・牛乳の朝飯を食べたがやはり米を食べないと力が出ない
朝霧のセブンで買ったおむすびを休憩しながら半分食べる。
毛無山の頂上手前には、正面に富士山と足和田山、右に西湖、左に河口湖の
パノラマが見れる場所がある、ここは頂上より眺望がきく。

・8時4分、足和田さんから富士山 ・8時38分、燃料補給  ・8時51分、頂上手前
2007_05230006_2 2007_05230015_1 2007_05230019_1








・8時56分、毛無山1500m    ・9時25分、四ヶ岳    ・四ヶ岳も景色の良い所
2007_05230026_1 2007_05230036_1 2007_05230041_1








・10時10分、十一ヶ岳で休憩する、ここからはロープ、吊り橋、鎖場、急登に
なるので、スットク2本をたたんでザックに付ける。
・ロープを使い下り始める、今日も一人きりなので気楽にマイペースで行ける。
2007_05230054_1 2007_05230056_1 2007_05230058_1








・鎖場を登る、岩場なので足が掛かりもあり、ゆっくり登れば危険はない。
ここを登る時は、当たり前だけど、天気が良い日が一番いいね。
2007_05230063_1 2007_05230067_1 2007_05230071_1








・天気が良いと左から釈迦ヶ岳、黒岳、正面には三ツ峠山と周りの山々の景色を
楽しみながら登ることが出来る。                             つづく
2007_05230073_2 2007_05230074_1 2007_05230081_1

| | コメント (0)

2007年5月23日 (水)

毛無山・十二ヶ岳・鬼ヶ岳

今日もお休み
昨日は相方と西湖の三湖台と「いやしの里根場」へ行って来ました。
その夜、ブログをまとめ、今日の準備(自転車で精進湖から河口湖ポタする)を
して0時半に寝て、朝5時に起きる、天気快晴富士山もバッチリ見えます。

起きたら、右足がなんか調子良い感じ~(゜o゜)
そんじゃ~、こんなチャンスめったにないので、十二ヶ岳縦走に変更!

と言う事で、文化洞トンネル毛無山登山口900mより7時37分より歩き始める。

なるべく無理・怪我をしない様に慎重に右足の様子を見ながらボチボチ(-.-)

・11時2分、十二ヶ岳1683m あつ~い!
2007_05230085


















・富士山もバッチリ、風も弱いので西湖の湖面もピターっとしている
2007_05230089


















・鬼ヶ岳1738m 鬼の角         ・15時30分、西湖 根場 また今日も来ました(^_^;)
2007_05230139 2007_05230202












15時8分のバスに乗れませんでした、次は16時15分かぁ~、何気なしに
昨日見たバス停の西横のバス停を見たら、15時39分があ~るじゃありませんか(゜o゜)
西湖周遊レトロバスのバス停でした。

・15時39分、レトロバスに乗る、楽チン ・帰り道、歩いて来た山を見る、右十二ヶ岳・左鬼ヶ岳
2007_05230206 2007_05230216

何とか
右足も故障なし
で歩けました。


また後で
レポします。

| | コメント (0)

2006年11月15日 (水)

十二ヶ岳の秋

御坂山塊の十二ヶ岳へ行って来ました。

十二ヶ岳は鎖場ありの急な山道で難路との事、初心者の私に一人で
簡単に行く事はできませんが、山歩き2年目の今年は体調と天気の良い
条件が揃った時に登りたいと思っていました。

13日(月)からの三連休の初日に相方と三湖台へ行き、西湖を見下ろす十二ヶ岳を見て
三日目の15日(水)に天気が良かったら登ろうと決めました。
14日(火)は低気圧通過で体は休養し、次の日の予報は晴天でした。もう~
条件はバッチリ! 行くっきゃないでしょう~。

一人ではちょっと心細いが、皆さんのレポをよく読んで、だいたいの行程の
イメージをつくり、気合を入れて行きます。

朝6時に起き、出発は6時40分頃、文化洞トンネルへ1時間程で着く。

車から降りると風の音がするが、低気圧の通過した後の影響なので、すぐ止むと思った。
先客は「静岡」NOの車が1台停めてあり
(結局この車はここへ戻って来た時、まだあったので別な所に行ったのかな?)

7時52分、文化洞トンネルへ到着、 準備運動して熊すずセット、忘れ物なし!!!
2006_11150002 2006_11150004 8時出発、落ち葉を踏締めボチボチ歩く
2006_11150005
8時13分
T型分岐に出る
左が足和田山
右が毛無山


暫く黄葉した雑木林を登る。
2006_11150007 2006_11150009 振り返ると西湖が見える。
2006_11150011
8時38分
赤松林の直登の
登山道になる



振り返る、直登なので結構キツイ。道は松葉の落ち葉になる
2006_11150012 2006_11150016 どこかにマツタケあるのかな~。
2006_11150020 次は落葉した明るい
雑木林、道はなだらか
栗のイガも落ちてる
ここの雑木林は他とは
違います。


それは、雑木の大木が多い事です。 9時6分、河口湖長浜からの道と合流
2006_11150021 2006_11150022
2006_11150028道は、またキツクなる
1箇所、山肌が出た急な
滑り易い所を越すと景色の
いい所に出る。
正面は
足和田山と富士山


でも、また少し登ると倒木がある場所に着く、そこは前が開けていて河口湖と
富士河口湖町の景観がすばらしい所でした。 頂上よりいいかも!
2006_11150036 2006_11150037
2006_11150038 9時30分
毛無山山頂に着く





東側 河口湖    南側 富士山      

2006_11150040 2006_11150044_1 西側  十二ヶ岳へ行く道がある
2006_11150041_3






ここから十二ヶ岳までの道は、アップ・ダウンがあるので、ちょっと長めの休憩を
取る事にした。三角点の所でお茶を入れて15分、景色を眺めながら
まったりと休憩しました。 つづく

| | コメント (0)

十二ヶ岳の秋2

毛無山山頂で15分休憩し、十二ヶ岳へ向かって歩き出す。

9時53分、歩き出してすぐ、目的の十二ヶ岳山頂が見える。
毛無山1500mから十二ヶ岳1683mへ11の突起を超えて行く、麓では秋模様だが
山の上の樹林帯は冬枯れ状態だ、秋の景色を見るにはもう少し早く来る必要がある。

一ヶ岳、三ヶ岳と進む、「あれ~・・・」(ーー;) 二ヶ岳がないんよ~
見落としたか、残念!それとも無かったのか? (T_T)
2006_11150047_1 2006_11150048_1
2006_11150049_1







10時7分、四ヶ岳 ちょっと歩くと景色の良い所がありパチリする
富士山と西湖
2006_11150055 2006_11150057
2006_11150061







5・6・7ヶ岳 あまり急な登り下りは無いが油断大敵
2006_11150065 2006_11150066 10時23分、七ヶ岳
2006_11150067







はち・キュウ・壱〇ヶ岳 九ヶ岳から少し急になり、ふくらはぎに負担が掛かる様になる。
十ヶ岳は超えないで巻いて行く。
2006_11150068 2006_11150070 10時34分、十ヶ岳
2006_11150072







10時46分、十一ヶ岳ここから、いよいよ十二ヶ岳だ。難所に備え少し足を休める。
眼下にまっすぐ延びたロープ、下まで20m位かな? 下降するとつり橋が現れる。
2006_11150077_1 2006_11150078_1
2006_11150080












10時57分、「つり橋」渡り、片手にカメラを持つ、バランスがとり難く上手く撮れない。
V字に切れたキレットから見る富士山、橋を超えた所には鎖場があり
来る前に写真で見た時、怖そうな所に見えたが実際に登ってみるとそうでもない。
ここを登る時は橋の鎖を使うので、橋を渡る人がいる時は気を付ける必要があると思う。
2006_11150084 2006_11150085
2006_11150087







今日は一人きりなので下りる時、登る時、誰にも気兼ねはいらないし上からの
落石の心配もないね。
河口湖がまた見える様になる。緊張する鎖場だが景色は最高だ!
2006_11150089 2006_11150093
2006_11150096_1







北側には大石峠その向こう右端は釈迦ヶ岳も見える。
右に釈迦ヶ岳     うっひゃ~ 良い眺め!
2006_11150099_2 2006_11150100_1 十一ヶ岳
2006_11150102_3






左の写真、北側大淵谷  !(~o~) アッホ~・・・?
中の写真、右側 御坂山塊最高峰 黒岳1792m
鎖場を超えてもまだ急登が残っていた、ロープが無いので木の根っこにつかまる。
11時22分、やっと急登が終りなだらかな道になる、桑留尾への下山口を確認し
十二ヶ岳頂上へ歩く。    つづく
2006_11150103
2006_11150097_1 2006_11150105_2  









| | コメント (0)

十二ヶ岳の秋3

文化洞トンネルから約3時間半歩いた。
11時24分、十二ヶ岳に到着 富士山と西湖 さいこう~ 「(^_^;)おやじギャグを一発
山頂は狭いけど、一人きりなのでどこでもいいですよっと、よさそうな所にシートセット。

鬼ヶ岳へ方面に行き、少し下った所に景色の良い所があるとの記事を思い出し
行ってみる。
大きな岩の根元に西尾根へ下りて行く道がある。距離ほんの僅かだが
幅が狭い南側が切れた道を下りて行くとたたみ1.5畳程の見晴らしの
良い場所があった、「ここかぁ~。」と確認して戻る。

元の場所に戻りお昼の仕度、サンマの缶詰を温めてから味噌ラーメンを作り
景色を見ながら昼飯を食べる。   最高~ (^_^)v

2006_11150121_2 2006_11150108_2
2006_11150135






食後のコーヒーは一番前の岩の上で飲む、気持ち良し、河口・西湖共、大体午後になると
風が吹き出すがまだ湖面は穏やかで   ☆彡☆ミ キラキラして綺麗だ。   
また来よう~、今度は十二ヶ岳と鬼ヶ岳の尾根道を歩いてみたい。

2006_11150134 2006_11150120
2006_11150152







コーヒーを飲んでから遊んでみた。
西側、鬼ヶ岳へ行く方に大きな岩がポコッとある、その岩の上に乗ってみる。
手前の岩です。
おう~岩の頭の向こうに鬼だ。北西を見ると節刀ヶ岳、山の向こうに甲府盆地が見える。
その辺を撮るのが精一杯だ、岩の上で向きを変えて南側を見たいのだが
怖くて足が動きません。
度胸試しは終りにして降りることにする。←バカ

手前の岩の上に乗る。  岩の向こうに鬼が岳
2006_11150158 2006_11150176 2006_11150172_1
岩の上に乗るが
動けません
(@_@;)



岩の上から見る節刀ヶ岳  最後にもう一度景色を眺めてから帰る事にします。
2006_11150173_1 2006_11150148
2006_11150155_2






12時32分、1時間以上休憩したので最後、富士山と西湖をもう一度眺めてから
下りることにします。
今日は寒いと困ると思って着る物を持ち過ぎた、ザックに付けたままほとんど着なかった。

12時39分、下りは暫く急です、時間は十分あるのでゆっくりと気を付けて下ります。
下りで転ぶと痛い目に合うからね!
今年6月に三ツ峠で右手親指を骨折したが、滑った瞬間の事は、今でもハッキリ
頭の中にムービーで覚えている。
今も親指が時々痛くなるが、その時もまた思い出す。兎に角下りは要注意だ!

下り始めは急です   この辺で急な下りは終り
2006_11150178 2006_11150186 大きな岩を巻いて行く所で景色が良くなる。
2006_11150187_1







12時53分、この辺を休憩場所にするといいかも
2006_11150189 2006_11150193 13時6分、ここから常緑樹林帯に入る。
2006_11150196

雲っている時は暗いかも




13時21分、林の向こうに鬼ヶ岳南側斜面が見えます。
2006_11150199 2006_11150202 振り返り撮る笹が生えている
2006_11150208
やっと黄葉が
見れる様になる




13時44分、文化洞トンネル方面へ、ここから前浜方面へ山の斜面を横切る
様に雑木林を少しずつ下って行く。

2006_11150210 2006_11150216 この辺で、谷側の足を踏み外し転倒しそうになる。
2006_11150221
凹部に落ち葉が積もって
いる所でコケそうになる。
下りは最後まで
気を付けねばいかんです。


14時3分、旧根場通学路へ、通学路は山道で全長約2.6kmあるそうです。
14時14分、通学路入口と言うか登山口に出る。
2006_11150228 2006_11150229
2006_11150234 通学路入口=登山口

6時間ちょっとかかった

楽しかった 
文化洞トンネルへ つづく

| | コメント (0)

十二ヶ岳の秋4

文化洞トンネルから毛無山・十二ヶ岳と歩き、旧根場通学路入口へ
下りて来た。

約6時間半歩き、現在時刻14時14分、ここから車まで戻るのですが、天気もいいので
のんびり前浜の集落を散策しながら帰る事にしました。

納屋が見える。山間の雰囲気が感じられます。

次に神社あり、××薬明神社、ちょっと中に入ってみます。
おぉーーー、(゜o゜)  三・色・も・み・じ  銀・杏・の・落・ち・葉
        綺麗です~~~ ヽ(^。^)ノ
2006_11150235 2006_11150239

2006_11150241







写真写りはイマイチですが、ここで見た時は凄く綺麗でした。
銀杏の落ち葉の黄色・ドウダンつつじの赤・もみじの薄い赤と黄色と黄緑の三色・
青い空・白い雲 
 
正に この時期・この天気・この時間・この場所だけの秋の景色です。
ここでゆっくり、お茶でも飲みたかったのですが、水なしで残念!

2006_11150243 2006_11150249
2006_11150251






神社の鳥居から出ると正面にお地蔵さん
神社の西側に周り込んで見ると杉・銀杏・火の見櫓・もみじの4点セット
たばこ屋さんの柿木の向こうの山が下りて来た山
2006_11150260 2006_11150262
2006_11150267










正面のギザギザ尾根を歩いて十二ヶ岳行きました
2006_11150270 2006_11150279
2006_11150272







旧道沿いのこのハイカラな建物、昔は何に使っていたんですかね?
2006_11150284 2006_11150285 廃道になった旧道
2006_11150286

廃道沿いのもみじ





文化洞トンネルの上にある旧トンネル
トンネル西側にパトカーが止まっている。横の林の中に車が停めてあり
その中で自殺した人がいたようです。なんでこんな所で・・・???

2006_11150287 2006_11150289
2006_11150293
駐車場に
15時8分
戻る



帰りは西湖南側710号を通り、登って来た山を見ながら富岳風穴まで走る。
富岳風穴の駐車場に停め休憩、もろこしのソフトクリームを売っていたので
食べてみた。美味しかったので、この辺に来た時にまた寄って見よう~。

十二ヶ岳      左、鬼ヶ岳 右、十二ヶ岳その間を歩いてみたいな~。

2006_11150295 2006_11150298
2006_11150302








15時31分、もろこしソフトを食べ車に乗る。71号富士宮鳴沢線で帰る為
吉田方面に行こうとしたら、珍しく外人女性のヒッチハイカーがいた。
「吉田方面に行くなら乗せて。」と、イングリッシュで言っているようだ
でも、私は富士宮へ帰るので「noー、noー」と、言って断りました。
ヒッチハイクをする人は、度胸もあり、凄いな~と思いました。  おわり

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

469 | お花見サイクリング | なまかとツー | エクストレイル | スーパーカブ110 | スーパーカブで伊豆ジオパーク | スーパーカブで温泉へ | スーパーカブツーリング | スーパーカブ林道走り | センチュリオン購入 | デジカメ | 三ツ峠 | 三島、函南、韮山自転車 | 三方分山 | 上稲子から石神峠へ自転車 | 上高地 | 丸火自然公園 | 久能山・三保 | 乗鞍岳 | 伊豆・沼津山歩き | 伊豆自転車 | 位牌岳 | 修善寺もみじまつり | 入笠山 | 八ヶ岳高原自転車 | 勢子辻から越前岳 | 北海道旅行 | 十二ヶ岳 | 千畳敷カール | 吉田うどん自転車 | 呼子岳 | 城山・葛城山 | 大山 | 大弛峠自転車 | 大晦日自転車 | 大菩薩峠 | 大谷嶺・八紘嶺 | 天城山 | 天子湖、上佐野へ自転車 | 安倍峠 | 宝永山 | 富士五湖一周 自転車 | 富士五湖周辺山歩き | 富士五湖巡り 自転車 | 富士宮ポタ | 富士山一周自転車 | 富士山五合目へ自転車 | 富士山大砂走り | 富士山宝永山 | 富士山山歩き | 富士山御殿庭 | 富士山須山口登山 | 富士山麓線自転車 | 富士市に雪 | 富士市散策コース | 富士登山 | 富士登山お鉢巡り | 寸又峡と長島ダム | 尾瀬 | 山中湖自転車 | 山梨県、南部・身延自転車 | 山梨県自転車 | 山歩き | 岩本山 | 幕山 | 御坂山塊 | 愛鷹 黒岳 | 愛鷹林道 | 新年 | 新東名 | 旅行・地域 | 日光 | 日記・コラム・つぶやき | 昇仙峡 | 朝霧周辺山歩き | 朝霧高原 | 村山古道 | 東京モーターショー | 松野、蒲原、自転車 | 林道富士愛鷹線 | 栂池自然園 | 毛無山 | 河口湖周辺歩き | 河口湖自転車 | 河津桜まつり | 沼津アルプス | 浜石岳 | 湯河原梅林 | 焼津へツーリング | 田貫湖・朝霧自転車 | 白馬八方尾根 | 福士川渓谷自転車 | 秋の京都へ | 竜ヶ岳 | 竜爪山 | 第二東名 | 箱根→須山ツーリング | 箱根 長尾峠→熱海峠ツー | 箱根大涌谷から早雲山 | 箱根山歩き | 箱根畑宿から関所跡 | 箱根神山 | 箱根自転車 | 精進湖パノラマ台 | 自転車 | 自転車オフ会 | 自転車事故 | 自転車整備 | 自転車部品小物 | 興津川自転車 | 芝川自転車 | 芦ノ湖一周自転車 | 薩た峠歩き | 西沢渓谷 | 西湖、河口湖、紅葉巡り自転車 | 西湖周辺歩き | 越前岳 | 越前岳 冬 | 越前岳 愛鷹つつじ | 越前岳 雪 | 身延山 | 身延山自転車 | 釣り | 静岡、清水ポタ自転車 | 須津川渓谷 | 須津川渓谷自転車 | 高尾山 | 鬼ヶ岳 | 黒部・立山