2015年7月29日 (水)

2015年上高地 2

7月14日(火)

・上高地、明神池からの帰り右岸を歩く、女性陣はおしゃべりしながら歩く。

・岳沢湿原

2015_07150116 2015_07150124

・河童橋の手前、穂高連峰が良く見える場所、登れないけど、あそこが何だとか確認。

・15時4分、河童橋に戻る。梓川の冷たさを体感。

2015_07150142 2015_07150150

・五千尺ホテル前で休憩、穂高連峰の見えるベンチはベストポイント

・一人では買わないソフトクリーム、奥様のおごり、久しぶり濃厚で美味しい。

2015_07150156 2015_07150154

・15時38分、40分出発の臨時便、切符を買ってなかったので乗れず。
50分発で帰りました。

・16時24分、沢度大橋駐車場に戻った。お楽しみの日帰り温泉です。
720円、駐車料600円の領収書を見せて100円引きになります。

2015_07150159 2015_07150164

・平日、時間も遅いのでお客は私達だけ、休憩所から自分の車が見える。

源泉かけ流しです。内湯と露天があり、湯量は多いです。
風呂からは梓川が見え景色も良い、気持ちの良い風呂です。

貸切状態、内湯と露天を交互に入った。

自分としては十分風呂に入ったので、上がって休憩所へ戻ったが、女性陣の
風呂の長い事、長い事、一人で長い間、休憩室で寝転んで待っていました。

・梓湖畔の湯、良い日帰り温泉です。
ハイシーズン前の平日に来れば、気持ちの良い上高地と温泉が楽しめます。

年とっても楽しめるプランです。また来ようかと思います。

2015_07150166 2015_07150168

| | コメント (0)

2015年7月22日 (水)

2015年上高地

7月14日(火)

上高地は何回も行ってますが、何時ものメンバーの奥様が
初めてなので行ってみた。

5時45分、出発、9時10分、沢渡駐車場着
今回は一番入口の「大橋駐車場」に停めた。理由はここにある「梓湖畔の湯」
に入る為。

・駐車場に着いたらタクシーの運ちゃんが、迎えの車だから一人800円でいいよ、
って言ってきた。通常4500円、バスは1250円、安いので急いで乗った、ラッキー。

・9時51分、上高地バスターミナル、家から約4時間で日本で有数の山岳景勝地


2015_07150002 2015_07150006

・バスターミナルから河童橋へ

・中国語が飛び交う河童橋

2015_07150010 2015_07150021

・左岸歩道を歩き明神方面へ

・11時47分、明神館の前で昼飯、ここでも中国語が飛びかう、最近は明神池まで
来る中国人が多い様だ。

2015_07150028 2015_07150037

・昼飯は毎度の焼きソバ、食後はクーラーボックスに入れてきたバレンシアオレンジ。

・食後、明神橋へ

2015_07150033 2015_07150040

・お決まりの明神池桟橋

・明神ニ池もお決まり、今回は更に奥へ行きました。
奥には明神池からの流れ出し箇所がありました。

明神池は流れが無いものだと思っていましたが、この場所まで行って
初めて明神池って梓川の支流の一部なんだと分かりました。

何があるか知らなかったけど、奥まで行った甲斐がありました。  つづく

2015_07150068 2015_07150102

| | コメント (2)

2011年8月 3日 (水)

白川郷と上高地 3

7月26日(火)

奥飛騨温泉郷から沢渡へ移動、お昼のおむすびを買いたいがコンビニなんか無い、
どうしようかと思っていたら「栃尾温泉」にAコープがあったので停まって買った。

・Aコープでおむすび2個とアンパン1個買う。この後はお店無しだった。

・10時30分、沢渡駐車場に着き上高地行きのシャトルバスに乗る。
バスの車窓から見える梓川右岸は崩壊箇所が多い。

・大正池バス停で降り、大正池から河童橋へ歩き出す。11時6分
ツアーの人達もいて大勢の観光客がいる。

Dscf5865 Dscf5868 Dscf5870

・ツアーの中にはお年寄りグループもいる。そんなお年寄りと抜き抜かれつぐらい
の速度で歩く。

・田代橋、ほとんどの人達が橋を渡り右岸へ歩いていくので引き返し、まだ歩いた事が
ない左岸のコースを歩く。

・12時28分、昼飯、川岸へ降り、木陰でカップヌードルとおむすびを食べる。
Dscf5878 Dscf5886 Dscf5889

・また歩き出すと開けた場所があった、テーブルとベンチが並んでいた、ここで
お昼にして
も良かったなと思った。

・14時7分、観光客で一杯の河童橋へ着く、右岸へ渡り、もう少し歩こうと明神池へ
歩き出す。

行く人より戻って来る人の方が多い、途中、相方が疲れて来た様なので戻るかと
聞くと、まだ歩くと言うので明神池まで行った。

15時21分、明神池は静かで綺麗だった、ここまで来て良かったと思った。
休憩してからもどる。

・帰り道は人が少ない、見たのはカップル1組と親子連れ1組、静かな上高地だ。
16時26分、バスの時間も気にしないでのんびりしていた。
Dscf5914 Dscf5945 Dscf5956

・河童橋に近づいた辺で雨がポツポツ降ってきた、持ってきた小さな折りたたみ傘を
差す。大した事はないと思っていたが河童橋付近になったらにわか雨状態
小さな笠では濡れてしまうので橋の近くのお店に逃げ込む。

お土産なんか見ていたけど、雨が止みそうも無いので、少し勢いが収まった隙を
見計らいバスターミナルへ歩き出す。でもまた土砂降りになってしまい足元が
かなり濡れた。

・16時54分、ビジターセンターの軒に入る、これで安心、バスはもう停車していた。
相方はお土産を買ってないので次のバスに乗ると言っている。

バスの時刻表を見ると17時までしか書いて無い!って事は最終じゃん!!!
「お土産なんて言ってないで乗るよ!」と言いギリギリセーフで間に合った。

河童橋近くのお土産でのんびり雨宿りしてたらタクシーだったかも・・・

・帰りのバスは親子連れ1組と男二人の登山者と私達だけ、空き空き、
相方と一番前の席に分かれて座り帰りの景色を楽しんだ。

釜トンネルを抜けると道路が濡れてない!山の天気です。

・R158号の土砂崩れした所は片側通行になっている。
Dscf5958 Dscf5960 Dscf5963

沢渡駐車場を17時34分に出る、家に21時50分に着いた。
穂高と乗鞍はまた何時か・・・

| | コメント (1)

2007年11月 2日 (金)

秋の上高地へ5

10月15日(月)
8時30分、バスターミナルから歩き始める。
コースは上高地公式hpに出ている、ウォーキング特選コースにプラスして
大正池まで行って戻ってくるコースにする

14時36分、河童橋で休憩後、田代橋へ歩き始める、田代橋までの所要時間は20分です。

・この区間は堤防上の道が多く、梓川と六百山から霞沢岳までの稜線が良く見えます。
・上高地清水屋ホテル、夕食はフランス料理のフルコース、泊まってみたいけど
28500円~です。無理です・・・

・このホテルに泊まれば、目の前がこんな綺麗な景色です。
Dscf1496_3 Dscf1493_2 Dscf1501_3








15時12分、穂高橋、田代橋に着く、たいぶ日が西に傾いてきた。
ここから大正池まで40分、戻って1時間40分、17時までにはバスターミナルにつく
脚の筋肉が多少張ってきたが、何とか歩けると思い大正池へ歩きだす。

田代池にはカメラを構えた方が数名いました。今日は上高地泊まりなんでしょうね。
ここで少し休憩する。
脚はかなりパンパンになってきて、少し筋肉痛も出てきた。
普段歩いてない相方は、かなり疲れていると思います。
相方が言い出しました「大正池まで行ったら帰りはタクシーにしよう。」
戻りはかなり暗くなってしまう事を考えると、確かにタクシーの方がいいかも
でも良~く考えると、バスが(・o・)あーるじゃありませんか! そうだ!!!
大正池からバスで戻ることにしようー。
おーナイス案です、これでたいぶ気が楽になり、脚の疲れが取れたような気になる。


・穂高橋         ・穂高橋から明神岳、穂高は雲の中  ・15時30分、田代池 
Dscf1504_2 Dscf1502_3 Dscf1516_2








15時43分、大正池に着く、やったー! ゴールだ~\(~o~)/
焼岳に日が沈み、人も疎らな静かーな大正池で、今日歩いて来た道程を
振り返る。どのポイントも頭の中にハッキリ残像として浮かんでくる
楽しい歩きでした。
今度来た時は、朝の幻想的な大正池から歩いてみようと思う。

バス停は大正池ホテルの前にあります。沢渡行きのバス停で待ってもいいのですが
それでは面白くありません、また上高地バスターミナルへ戻り、最後にもう一度
河童橋へ行きます。
バス停に行き、時刻表を見ると16時前は15分毎で16時過ぎは不定期と書いて
あります。現在時刻16時10分、気長に待つかぁ~
でも意外とバスは直ぐに来て、上高地バスターミナルまで戻ることが出来ました。
運賃300円也

・漸くたどり着いた大正池                ・16時21分、バスターミナル
Dscf1526 Dscf1555 Dscf1563








バスターミナルからわざわざ河童橋まで戻り、河童橋右岸にある「ホテル白樺荘」の
お土産屋で奥様のお買い物で~す(ーー;)
私はその間、河童橋を行ったり来たり、周辺で写真を撮ってウロついていました。
時々、お店の中に行くと相方が「これどう?」と聞くので「それでいいんじゃないの」と
適当に返事をしてまた外へ出て行きます。
漸くお土産を買い終え、土産袋をぶら下げてバスターミナルへ戻りました。

沢渡駐車場に17時半、家に着いたのは22時頃でした。
もう~、脚はパンパン、三日間程フクラハギを中心とした筋肉痛になる(>_<)

・16時40分、お土産探し               ・16時54分、夕暮れのバスターミナル
Dscf1588 Dscf1586 Dscf1591

| | コメント (0)

2007年10月28日 (日)

秋の上高地へ4

10月15日(月)
8時30分、バスターミナルから歩き始める。
コースは上高地公式hpに出ている、ウォーキング特選コースにプラスして
大正池まで行って戻ってくるコースにする。

明神池を拝観後、梓川右岸を河童橋まで歩く。所要時間1時間10分

13時21分、この区間は木道が多く整備されていて、散策する人も多い。
木道歩きは森の中を空中散策しているようで楽しい。

こういう所は静かに散策したいのですが・・・ いるんですよ困った人が(ーー;)
女性年配グループの一人がカウベルの大きい物をザック付けて前を歩いていました。
もう~、カン、カン、カン、カン、その音を聴いていると頭が痛くなってきます(>_<)
こういう人に限って、本当に熊の出そうな寂しい所を一人で歩いた事なんて
ないんでしょうね!この人にとってカウベルは歩く時のリズム音で
これが鳴っていると山を歩いてるって気分になるんでしょうね。
オバタリアンさん、ここには熊はいません!人だらけで~す。
なにか! 間違えてるんじゃない!(-.-)

Dscf1431 Dscf1432_2 Dscf1446_3








・岳沢湿原に入る、色づき始めた木々と清流、前に見えるのは六百山ですか。
Dscf1450_2 Dscf1453_3 Dscf1452_3








・色づいたシダ、初めて見ました ・
14時15分、人込みの河童橋に到着
・河童橋の見えるテーブルでコーヒータイムです。
Dscf1456 Dscf1460 Dscf1466








・居付きのカモ、食べ物を持っている人が分かるようです、動こうとしません。
・河童橋の前、観光客のピークです、凄い人込み、女性のトイレ待ちの行列が
出来てます。
・14時36分、休憩後、田代橋へ歩き始める。田代橋までの所要時間は20分です。

Dscf1462 Dscf1472 Dscf1478

つづく






| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

秋の上高地3

10月15日(月)
8時30分、バスターミナルから歩き始める。
コースは上高地公式hpに出ている、ウォーキング特選コースにプラスして
大正池まで行って戻ってくるコースにする。

徳沢で休憩後、新村橋へ歩きだす。

・11時14分、新村橋に到着、横尾、涸沢方面からは登山者が次々と下りてくる。
年配のグループも多い、涸沢までは私達でも行けるようです。
・新村橋を渡る、こちらからも涸沢へ行けますが、大変だそうです。
・下流方向を見る、梓川の流れは澄んだ水をたたえゆったりと蛇行している。
Dscf1343 Dscf1346 Dscf1347








さあー!新村橋から明神橋まで1時間20分、梓川右岸の林道歩きです。
少し歩くと、いかにも林道と云う感じだし、誰も歩いてないので「来た道に戻ろうか?」
と相方に言うと「戻るとまた時間が掛かるからこのまま行こうよ。」とおっしゃるので
右岸歩きを始める。こちらは本当に誰もいないです。
それでも、2人だけすれ違いましたが、この辺で働いている人の散歩かな~
一人は青年でした、なにも持っていません。もう一人は若い外人の綺麗な女性
やはり何も持ってませんでした??? 美人なので挨拶だけはしておきました(^_^;)


・12時1分、林道歩き、山も川も見えない時が多い
・梓川に近づく時もある、二人だけの景色
・12時16分、やっと明神橋が見えてきた。
Dscf1359 Dscf1360 Dscf1365








・12時25分、明神館でお昼にする 
・相方、山菜そば700円、私は天ぷらうどん850円にする。うどんが少し熱くないが
場所が場所だし、贅沢は言えません、しょうがないか・・・
・明神橋で記念撮影してから明神池へ行く
Dscf1380 Dscf1378 Dscf1383








・12時56分、穂高神社奥宮にある明神池へ拝観料300円を納めてから観に行く
                  ・静粛な一之池     ・カメラマンがいっぱいの二之池    
Dscf1391 Dscf1395 Dscf1420








晩秋の明神池になるには、もう少し寒さが必要です。
明神池を後に、また右岸を歩き河童橋へ行く。

| | コメント (2)

2007年10月19日 (金)

秋の上高地へ2

10月15日(月)
8時30分、バスターミナルから歩き始める。
コースは上高地公式hpに出ている、ウォーキング特選コースにプラスして
大正池まで行って戻ってくるコースにする。

バスターミナル→河童橋→明神→徳沢→新村橋→梓川右岸林道→明神池→河童橋
→ウエストン碑→田代橋→田代池→大正池→田代橋→河童橋→バスターミナル
所要時間の目安  6時間40分 休憩も入れると8時間くらいで、バスターミナルに
17時前には戻れるかな~、
という欲張った考えです。

・バスターミナルから歩いてすぐ、五千尺ホテル、ビジターセンター の前にでる。
・上高地のシンボル河童橋、梓川の清流と穂高連峰、焼岳の眺めがすばらしい
ここで
相方と記念写真を撮ろうとするが、意外と人が多く思うような写真が撮れなかった。
バスに乗ってきた人は少ないので、宿泊の人達がほとんどかな・・・ 宿泊いいな~
・8時49分、まずは明神館へ向かって歩き始める。
Dscf1279_2 Dscf1280_2 Dscf1301_2








・河童橋から明神館までは標準で50分程です、暫く樹林の中を歩く。
・20分程歩くと梓川に近づき、明神岳の東南稜を見る事が出来る。
・9時32分、明神館です、手前の池に景色が映っている、上高地の雰囲気じゅうぶんジャン
明神館前でトイレ休憩する、プラティパスに水を入れて来なかったので
トイレの手洗い用の水を入れたが、これが後でアダとなった。
Dscf1303 Dscf1307 Dscf1314








・明神館前で少し休憩後、徳沢へ向かって歩く、この道は梓川に近く明るい。
道を歩く人は登山者が多い、後からも来るし、前からも何人もの登山者とすれ違う
さすが穂高・槍への入口です。
・梓川上流、奥の方にまだまだ続きます。
・対岸にそびえ立つ明神岳、山頂は雲の中ですね。

Dscf1318 Dscf1323 Dscf1330








・10時39分、徳沢に到着、徳沢園の前は草原のキャンプ場になっている。
・園の周辺は秋模様にたいぶ近づいている。
・徳沢園のソフトを食べる。400円です、この場所でこの値段は納得します。
Dscf1333 Dscf1334 Dscf1336_2








休憩しながら周りを見ると水場がある事に気づく、相方が「明神のトイレの水をここの
水と入れ替えたら・・・」と言う、「手洗いの水も同じ水だからいいよ~」と言ったら
「替えたほうがいい!」とおっしゃるので、渋々プラティパスの水を入れ替えました。
10時50分、さあ~出かけよう~とザックを持つと、テーブルの上が水だらけです。
おかしいなー、来た時は濡れてなかったけど(・o・) あっ!!!! 
ザックを開けると中は
大洪水になりにける(@_@;) あちゃーーー やっちゃったよー(T_T)
フタがしっかり閉まってなかったのでした、幸いザックは二層式で下のストーブや
ガスボンベを入れていた方が漏れた為、被害はあまりなかったのでした。
   新村橋へ   つづく

| | コメント (2)

2007年10月17日 (水)

秋の上高地へ

10月15日(月)
十月中旬で紅葉の見れる上高地へ行きたいな~、
と思っていた。
相方は清里がいいな~と言っている。
最近の天気を見ていると、静岡県は前線の影響でくもりが多いが
長野県は晴れている、14日の日曜日は上高地は快晴でした。
15日月曜日の天気予報を見ると夕方までお日さんマークです!
それじゃー上高地へ行こうとなりました。

ざっと仕度をして0時頃寝る、3時半に起き4時半に出発した。
何十年ぶりの上高地ですが道程は簡単です。
139号で朝霧高原を走り→精進湖から358号で山越えして甲府へ
中央自動車道甲府南から松本へ→158号で沢渡へ→沢渡第1駐車場

7時26分、沢渡大橋第1駐車場に到着、おう~山は紅葉し始めているよ!
駐車場には登山者や上高地宿泊の人達の車が結構停まっている。
私もここに何日も車を停めてみたいよ。

仕度をしていると、さっそくタクシーの運ちゃんが「3人乗る人がいる
あんた達が利用すると5名で一人800円になり、バスより200円安いよ。」
と言って近づいて来た、「バスで行くからいいよ」と断る。

だってバスの方が景色が良いし狭苦しくないもんね。

・沢渡大橋第1駐車場  ・7時56分、松本電気鉄道シャトルバス  ・新釜トンネル
Dscf1262 Dscf1263 Dscf1267_2








・(-"-)・・・道に何かいるよ(゜o゜)サルが毛づくろいをしてるよ(@_@;)
日向で気持ちがいいのかな?バスが来てもお構いなしです、こっちを見ようともしません。
・サルがどこうとしないので、少し避けておサルの横を走り抜ける
・上高地に近づいて来た~少し黄葉しているよ!(^^)!ワクワク
Dscf1271 Dscf1272 Dscf1273








・もうすぐ大正池、穂高連峰が見えてきたぞ
・うわー何十年ぶりに見る大正池です、湖面に映る穂高の山々が神秘的です。
バスの運転手が「次は大正池です、ここで降りて散策しながら河童橋まで
行くのもいいですよ。」とアナウンスする。
降りようか?どうしようか?迷う?相方と「どうする?どうする?」と言ってるうちに

通り過ぎちゃった(ーー;) 朝の大正池も見たかったな~
Dscf1274_2 Dscf1275_2








8時26分、バスターミナル地区に到着!自宅から4時間かかったなー
ヒンヤリと澄んだ空気の上高地に降り立つ、長袖のシャツにベストで丁度よさそうだ。

上高地インフォメーションセンターの中に入り、散策マップを貰う
相方は隣のトイレに行く、有料だそうです。
さあ~歩き始めますか~。

・上高地インフォメーションセンター ・インフォメーション内  ・上高地観光センター
Dscf1276_2Dscf1277_2Dscf1278_2

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

469 | お花見サイクリング | なまかとツー | エクストレイル | スーパーカブ110 | スーパーカブで伊豆ジオパーク | スーパーカブで温泉へ | スーパーカブツーリング | スーパーカブ林道走り | センチュリオン購入 | デジカメ | 三ツ峠 | 三島、函南、韮山自転車 | 三方分山 | 上稲子から石神峠へ自転車 | 上高地 | 丸火自然公園 | 久能山・三保 | 乗鞍岳 | 伊豆・沼津山歩き | 伊豆自転車 | 位牌岳 | 修善寺もみじまつり | 入笠山 | 八ヶ岳高原自転車 | 勢子辻から越前岳 | 北海道旅行 | 十二ヶ岳 | 千畳敷カール | 吉田うどん自転車 | 呼子岳 | 城山・葛城山 | 大山 | 大弛峠自転車 | 大晦日自転車 | 大菩薩峠 | 大谷嶺・八紘嶺 | 天城山 | 天子湖、上佐野へ自転車 | 安倍峠 | 宝永山 | 富士五湖一周 自転車 | 富士五湖周辺山歩き | 富士五湖巡り 自転車 | 富士宮ポタ | 富士山一周自転車 | 富士山五合目へ自転車 | 富士山大砂走り | 富士山宝永山 | 富士山山歩き | 富士山御殿庭 | 富士山須山口登山 | 富士山麓線自転車 | 富士市に雪 | 富士市散策コース | 富士登山 | 富士登山お鉢巡り | 寸又峡と長島ダム | 尾瀬 | 山中湖自転車 | 山梨県、南部・身延自転車 | 山梨県自転車 | 山歩き | 岩本山 | 幕山 | 御坂山塊 | 愛鷹 黒岳 | 愛鷹林道 | 新年 | 新東名 | 旅行・地域 | 日光 | 日記・コラム・つぶやき | 昇仙峡 | 朝霧周辺山歩き | 村山古道 | 松野、蒲原、自転車 | 林道富士愛鷹線 | 栂池自然園 | 毛無山 | 河口湖周辺歩き | 河口湖自転車 | 河津桜まつり | 沼津アルプス | 浜石岳 | 湯河原梅林 | 焼津へツーリング | 田貫湖・朝霧自転車 | 白馬八方尾根 | 福士川渓谷自転車 | 秋の京都へ | 竜ヶ岳 | 竜爪山 | 第二東名 | 箱根→須山ツーリング | 箱根 長尾峠→熱海峠ツー | 箱根大涌谷から早雲山 | 箱根山歩き | 箱根畑宿から関所跡 | 箱根神山 | 箱根自転車 | 精進湖パノラマ台 | 自転車 | 自転車オフ会 | 自転車事故 | 自転車整備 | 自転車部品小物 | 興津川自転車 | 芝川自転車 | 芦ノ湖一周自転車 | 薩た峠歩き | 西沢渓谷 | 西湖、河口湖、紅葉巡り自転車 | 西湖周辺歩き | 越前岳 | 越前岳 冬 | 越前岳 愛鷹つつじ | 越前岳 雪 | 身延山 | 身延山自転車 | 釣り | 静岡、清水ポタ自転車 | 須津川渓谷 | 須津川渓谷自転車 | 高尾山 | 鬼ヶ岳 | 黒部・立山