2009年6月21日 (日)

宝永山へ2

6月12日(金)
会社の後輩と富士山五合目から宝永山へ歩いてきました。
宝永山1のつづき

・宝永山の頂上から下って来て、火口のテーブルで昼飯にします。

・カップヌードルとおむすびを食べます、後輩のヌードルはビックです。
因みに今日の缶詰はサンマの大根おろし煮でした、やっぱ蒲焼きがいいな~。

・お楽しみの昼飯をたべた後は下の遊歩道を歩き五合目へ戻ります。
遊歩道へ入る前にもう少し下へくだります。第二火口から見る宝永山山頂

Dscf0866 Dscf0869 Dscf0881








・御殿庭へ下る所まで行ってみた。
この頃になると下の方の雲も無くなり下界も綺麗に見えるし、下から見上げる
富士山や宝永山も雄大に見えるしで後輩を連れて来た甲斐があります。

・登り返して帰りの遊歩道を歩き出す。独特な森のいい匂いがします。

・途中大きな沢状の場所に出る。スラッシュ雪崩で崖上の木が倒れています。
Dscf0887 Dscf0890 Dscf0892








・13時57分、沢に突き出た溶岩の崖上で休憩します。
ストーブで沸かしたお湯でコーヒーを作ってやります。
愛鷹山を眺めながらまったりとコーヒー飲んで羊羹食べて・・・幸せです。
後輩に一言、言っておきます、上でゴロゴロ、石の転がる音がしたら横に逃げるよ(-_-)

・スラッシュ雪崩の爪痕

・丸い石はよく転がりそうです。こんなもん夏の登山時期に転がったらえらいこんです。

Dscf0894 Dscf0896 Dscf0900








・もの凄い破壊力

14時38分に五合目駐車場に戻る。
後輩は脳ミソが少し膨張した様です、頭が痛いと言っていました。

・帰り道、水ヶ塚へ寄って売店でソフトクリーム買い、歩いて来た富士山を見ながら
食べました。
ここでは天然クーラーが効いてます、下界では暑いだろうなぁ~(ー_ー)

Dscf0902 Dscf0905

| | コメント (1)

2009年6月17日 (水)

宝永山へ1

6月12日(金)
会社の後輩と富士山五合目から宝永山へ歩いてきました。

後輩は初めての山歩きなので無理をしない様に行けるとこまで行く感じです。

9時33分、この時期、平日の五合目の駐車場はガラガラでどこでも停められます。
空いている駐車場では女性カメラマンがウェディングドレスを着た人を撮っていました、
バックに宝永山の頂上を入れているのかな・・・
今日は天気が良いのでこれから歩こうとする
人がチラホラいる駐車場です。

・宝永山山頂をバックにウェディデングドレスを着たモデル。

・10時丁度、お決まりのポイントも空き空き、記念写真を撮ってから新六合目へ歩き出します。

・10時19分、新六合目雲海荘と宝永山荘の間にある頂上登山道の所へ着く、
後輩に「頂上へ行くにはここから行くんだよ。」と教える。
今日は宝永遊歩道を歩く積もりなのでそのまま通り過ぎて右側の遊歩道へ入って行く。
入り口に看板があり火口内から御殿場口へ歩く道が「通行禁止」になっています。
何時もはこんな表示はないけどなぁ~と思い、あまり気にしないで行く。

Dscf0806
Dscf0810 Dscf0813








・宝永山火口入り口までの道は水平移動で楽です。生憎雲が流れて来て下の景色が
見れません。

・宝永山第一火口入り口、五合目からここまで30分で来てしまいます。
ここで、急に猛獣がうなる様な風の音と雷の様な音がしました(゜o゜)

なんだ!なんだ!音のする方を見上げえると白い土煙の中から大石がガラン、ガラン、
落ちてきます、雷の様な音がします。大沢崩れで聞いた落石の音と同じです。
ここで小さな落石は見た事はあるがこんな大きいのは初めてです。
暫く上の方では強い風が吹いている音が聞こえていました。

後輩はいきなりの落石でビビッてしまい「こんな所へ下りて大丈夫ですか!」と
言い出した。「大丈夫、大丈夫、あの底にあるベンチまでは転がって来ないよ。」と言って
火口へ下りだす。

・下におりると年配の人が昼飯を食べていた、落石を下から見ていたと思うが
結構ビビったのではないでしょうか。

Dscf0814 Dscf0822 Dscf0826








・予定では火口内から戻るつもりでした。
でも後輩が頂上まで登ってみると言い出したので、ザラザラの道を登り始める。
11時37分、尾根に出ました、右に下りれば大砂走りで御殿場口へ行けます。

・尾根を南に歩き頂上へ行く。

・東側を見下ろすと御殿場口の駐車場が見える。
Dscf0830_3 Dscf0833_4

Dscf0835_4








・11時49分、方位盤が地面の上に置いてある頂上に着く。
正面に愛鷹山が見えます。
お腹が空いたので、ここでお昼にしたいのですが、少し風が強いので諦め
景色を楽しんだ後、御殿場側に少し下り残雪の影でおむすびを1個だけ食べ
空腹を押さえてから下りる。

・下りはスイスイおりて行く後輩です。
おーい、あんまり早く下ると砂が靴の中に入るぞー (;O;)/

・火口の残雪の上には落石した石が点々と転がっている、結構大きい石です。     つづく
Dscf0839_3 Dscf0861_2 Dscf0863

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

469 お花見サイクリング なまかとツー エクストレイル スーパーカブ110 スーパーカブで伊豆ジオパーク スーパーカブで温泉へ スーパーカブツーリング スーパーカブ林道走り センチュリオン購入 デジカメ 三ツ峠 三島、函南、韮山自転車 三方分山 上稲子から石神峠へ自転車 上高地 丸火自然公園 久能山・三保 乗鞍岳 伊豆・沼津山歩き 伊豆自転車 位牌岳 修善寺もみじまつり 入笠山 八ヶ岳高原自転車 勢子辻から越前岳 北海道旅行 十二ヶ岳 千畳敷カール 吉田うどん自転車 呼子岳 城山・葛城山 大山 大弛峠自転車 大晦日自転車 大菩薩峠 大谷嶺・八紘嶺 天城山 天子湖、上佐野へ自転車 安倍峠 宝永山 富士五湖一周 自転車 富士五湖周辺山歩き 富士五湖巡り 自転車 富士宮ポタ 富士山一周自転車 富士山五合目へ自転車 富士山大砂走り 富士山宝永山 富士山山歩き 富士山御殿庭 富士山須山口登山 富士山麓線自転車 富士市に雪 富士市散策コース 富士登山 富士登山お鉢巡り 寸又峡と長島ダム 尾瀬 山中湖自転車 山梨県、南部・身延自転車 山梨県自転車 山歩き 岩本山 幕山 御坂山塊 愛鷹 黒岳 愛鷹林道 新年 新東名 旅行・地域 日光 日記・コラム・つぶやき 昇仙峡 朝霧周辺山歩き 村山古道 松野、蒲原、自転車 林道富士愛鷹線 栂池自然園 毛無山 河口湖周辺歩き 河口湖自転車 河津桜まつり 沼津アルプス 浜石岳 湯河原梅林 焼津へツーリング 田貫湖・朝霧自転車 白馬八方尾根 福士川渓谷自転車 秋の京都へ 竜ヶ岳 竜爪山 第二東名 箱根→須山ツーリング 箱根 長尾峠→熱海峠ツー 箱根大涌谷から早雲山 箱根山歩き 箱根畑宿から関所跡 箱根神山 箱根自転車 精進湖パノラマ台 自転車 自転車オフ会 自転車事故 自転車整備 自転車部品小物 興津川自転車 芝川自転車 芦ノ湖一周自転車 薩た峠歩き 西沢渓谷 西湖、河口湖、紅葉巡り自転車 西湖周辺歩き 越前岳 越前岳 冬 越前岳 愛鷹つつじ 越前岳 雪 身延山 身延山自転車 釣り 静岡、清水ポタ自転車 須津川渓谷 須津川渓谷自転車 高尾山 鬼ヶ岳 黒部・立山